2018年09月22日

ガンホー!ガンホー!


















「ボーリング フォー コロンバイン」より。


大好きです。







  

Posted by butch at 03:13真夜中のレコード屋

2018年09月19日

リボルバーに、ショットガン。おっさんの憧れ。



こんばんは♪butchです(*´ω`*)



今月の福音でございますが、






「トレンチガン」が''version2化''して発売される様です。

非常に''脆い''トレンチガンシリーズ。強化改善されているのでしょうか?




いつか「M870シリーズ」も、モデルガン化して発売されるのではないか?

淡い期待を抱いております。




もうBB弾なんて発射出来なくても良いから、ポンプアクションが楽しめるだけで良いから...。





  

Posted by butch at 23:05閑話休題

2018年09月19日

9月19日の記事

こんばんは♪butchです(*´ω`*)




今後、製作予定の






「S&W Model 25-2」。



乗り越えなくてはならない課題が山盛りのカスタムでございますので、

「あっ、これは無理。」


と判断した時点で、すぐさま「M29 CB」へと軌道修正する所存でございます_(:3」z)_




ただし、現在計測待ちである






「S&W M29 6.5inch CB フリーフローティング(仮称)」と同様のカスタムには致しません。

※内部チューニング内容に関しては、全く同じ。


「M29 6.5inch CB フリーフローティング(仮称)」では、

「4inch インナーバレル化」からの脱却

と言う''テーマ''がございました。



決して「4inch インナーバレル化」が劣っているわけでは無く、

あくまでも私の「ペガサスチューニング」における''新たなる挑戦''と言う位置付けです。

事実、''初速調整の高難易度化''以外にも「ロングインナーバレル化による弊害」は発生致します。

※現在は克服済み。




実は今後の「Nフレームシリーズ(主にM29 CBシリーズ)」のカスタムチューニングにあたり、

もう一つ乗り越えなければならない、


とても大きな難題が有るのです。







その「とても大きな難題」。

現状、私の「ペガサスチューニング」では



クリア出来ない。



この「とても大きな難題」を超える為には、私が''非常に苦手''な



外装カスタムが必須なのです。



この「とても大きな難題」を「外装カスタム」でクリアしない限り、





''35m先の一斗缶''を捉える事は不可能。







続く。





そして「M25-2カスタム」は、






「4inchバレル」とコンバージョン可能なカスタムにしたいと考えているのです(*´ω`*)





この「フレームのスカスカ感」に「4inch バレル」は、絶対似合う。

間違い無い。



そして、もう一つ要素を追加し、''3way コンバーチブルNフレームカスタム''にしたいのです(*´ω`*)ぷぷ♪





  

Posted by butch at 18:47チラ裏

2018年09月16日

9月16日の記事

こんにちは♪butchです(*´ω`*)






現在製作中の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」なのですが、









※「真の悪魔エンド」、「皆殺しルート」のエンディング。


余暇の時間は「真女神転生3 ノクターンマニアクス」に没頭してしまい、

製作や計測が滞る事態に_(:3」z)_




しかし先日、無事「閣下」を攻略した事により、一周目を終了。


「悪魔全書完全制覇」を目指し、二週目を始めたいところですが、

流石に立て続けには、しんどい。「アサクサのパズル 」がしんどい。




と言う訳で、本格的に「ペガサスチューニング」に復帰しようと思うのです。




毎年の事なのですが、''ガスガン運用に最適な夏季''には、大体何も完成しない「俺、K」なのです(*´ω`*)











とは申しましても、「M29 6.5inch フリーフローティング」のチューニング自体はほぼ完成致しておりますので、

残すところは「初速計測、5m計測、長距離計測」、それに伴う微調整のみ。


都合が良い日に、諸計測や動画撮影を行いたいと思います。







閑話休題。







「M29 6.5inch フリーフローティング」の完成が遅れている、もう一つの理由。













これを少しづつ、作り始めております。










「タナカ ペガサスリボルバー」をベースに製作出来そうな「Nフレームシリーズ」において、


一番好き。





私が敬愛する「オラガバニスト」にて、一目惚れしたのです。





何が素敵かって、









丸で囲んだ部分の「スカスカ感」。そして「バートリッジサイト」。





素敵Nフレーム。




ただ私の場合、残念ながら「A神様」の様な超絶技巧は持ち合わせておらず、

何より、根気や執念を持ち合わせておりません。



外装の再現に関しては、お茶を濁した程度のカスタムになると思いますが、

ただ「チューニング」に関しては、とことん突き詰めたい。


''カリッカリの、ピキピキピーキー''に仕上げたいのです。




何故なら、この「M25-2 6.5inch」に関しては販売を考えておらず、

手元に置き続けようと考えているのです。



30m、出来る事ならば「35m先の一斗缶」に、高い確率で着弾させる事が可能な、




「Hi-mod ''汎用カスタム''」を完成させたいのです。





続く。




  

Posted by butch at 15:36チラ裏

2018年09月09日

「蝿の王さま」。

















メギドラオンが、強過ぎて。






こんばんは♪butchです(*´ω`*)






最近、大阪は天気が不安定で、ペガサスの計測どころではございません。


晴れていたとしても、風が強い。30m計測は不可能。




まぁいっか。
















※「混沌王 人修羅さん」。



俺には「ノクターン マニアクス」が有るではないか!!!






最近、新しい「PS2」と「真女神転生3 ノクターン マニアクス 」を購入致しました。




































クッソ面白い。













※永遠のスタメン、「妖精ティターニア」です。
通常戦闘では「メギドラオン要員」。ボス戦では「回復、テトラカーン(マカラカーン)要員」。
全スキルが重過ぎて、「吸血」ありきのスキル構成。

※※ちなみに「テトラカーン(マカラカーン)要員」は、他にも二体おります(夜魔ニュクス、魔人ブラックライダー)。
もちろん二体共に「吸血」持ちなのです。とても苦労致しました。
「チャクラ金剛丹」が無くても大丈夫!!!...人修羅以外は_(:3」z)_







現在、「第四カルパ」で奮闘中なのです(*´ω`*)




















  

Posted by butch at 20:10チラ裏

2018年09月06日

私の人生において最大。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)






先日の台風を、何とか無事に乗り切る事が出来ました。



途轍もない強風でベランダの窓ガラスにヒビが入り、危険な状態だった為、

ガムテープでガチガチにガラスを補強し、ずっと窓枠を抑えていたのですが、

「これ、なんか窓に飛んできたら終わりやな。」

今回の台風では本当に、命の危険を感じました。



被害に遭われた方に対し、謹んでお見舞い申し上げます。






  

Posted by butch at 20:27閑話休題

2018年09月02日

現代の福音の一つ。


こんばんは♪butchです(*´ω`*)







この時を、ずっと待っていた。









Joanna Law - First Time Ever ''Acapella''



とにかくこの曲は、アカペラバージョンが至高。

「YouTube」の存在により、fullで聴く事が出来ました。

「coldcut - journey(1995)」以来ですから、23年目にしてやっと。



あぁ、素晴らしい夜だ。




  

Posted by butch at 23:23真夜中のレコード屋

2018年08月21日

天賦の才能の自己発展(1)。





こんにちは♪butchです_(:3」z)_





夏、終わってませんでした。





閑話休題。











さて、遅いお盆休みを満喫中の私なのですが、重い腰を上げまして、

















調整中の此奴です。





シリコンオイルが付着し、そこはかとなく''やさぐれた感じ''の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」なのですが、

今回は、この「M29 6.5inch CB フリーフローティング」が、何故に革新的なのかを画像にてご紹介致します。

※文章と画像のみでは、説明が非常に長大となってしまいますので、詳細はまた後日...。






先ず、マズルフェイスから覗いた状態です。






※以前の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」。






そして現在の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」。













そして現在の「アウターバレル マズルフェイスの状態」。



















そして現在の「整流スリーブ」の形状。























この様に変化致しております。







現状の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」において断言出来る事は、





過去最高の首回り強度。

※首回り強度...アウターバレル取付固定強度。




''完全なインナーバレルフリーフローティング化''。








そして「M296.5inch CB フリーフローティング」による、''ペガサスチューニングの革新''。









ロングバレルモデルにおける、














''4inchインナーバレル化''からの脱却。










(おことわり)

先ず何より「現行銃刀法に抵触しない、する可能性が限りなく少ない」という事が、何よりも重要な「エアガンチューニング」。

'' 4inchインナーバレル化''は、私が発見した「ペガサスチューニング」において、最も重要な革新でございます。



今回、「M29 6.5inch CB フリーフローティング」における'' 4inchインナーバレル化からの脱却''は、

現状''テンプレート化''している「ペガサスチューニング」に対する挑戦であり、過去への挑戦でございます。



もちろん現在製作中の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」に関しましても、「現行銃刀法」に抵触する物ではございません。

そして悪戯に「高初速化」を目指す様な加工調整ではございません。後日、改めて「初速計測、最高初速計測」を公開致します。

もうしばらくお待ち願います。




















  

2018年08月20日

パーツ取りに使用した「M29 6.5inch CB」がほぼ一丁分、まるまるパーツが余っているので。




おはようございます♪butchです(*´ω`*)






夏が終わった٩( ᐛ )و



日中はまだまだ暑いのですが、日が落ちると酷暑から解放されつつある、魔都大阪。

私の部屋も、深夜の気温が30度を下回り、やっと布団を引いて眠る事が出来る様になりました。

※今年、私の部屋で深夜(午前2~4時頃)に記録した最高気温は「35度」。

30度以上の熱帯夜では、暑過ぎて布団を敷く事が出来ず、床にバスタオルを敷いて眠る事に。

おかげさまでヘルニア気味なのです。




やっと人並みの睡眠をとる事が出来る...。

※一度、量販店に購入しに行ったのですが、取り付け工事迄にニ~三週間かかるとの事。

「夏、終わってまうがな。」

という訳で、購入に至らず。








結局、今年もエアコンを買わずじまいなのです。







閑話休題。






現在製作中(休止中)の






「タナカ S&W M29 6.5inch CB フリーフローティング(仮称)」なのですが、

やっと製作を再開する事が出来そうなのです。



ガスガンに最も適した季節に完成させたかったのですが、やはり無理でした_(:3」z)_

残すは微調整、計測、動画撮影のみなので、今年中には完成するのではないかと。



冬迄には完成させたい。










閑話休題。

















今回、「M29 6.5inch CB フリーフローティング」製作が滞っている理由。




仕事が立て込んでいたり、主な製作時間帯である深夜が暑過ぎたり。

様々な要因がございますが、本当の理由。



そこまでM29に興味が無い。






私、Kフレニストなので(*´ω`*)



なんと申しますか、モチベーションを維持する事が大変なのです。








さして興味の対象では無い「M29シリーズ」なのですが、












私が敬愛致しております「オラガバニスト」にて一目惚れ。










今後、 これだけは作りたい。












  

2018年08月14日

(予告)天賦の才能の自己発展。



おはようございます♪butchです(*´ω`*)


本日は出張。早朝より移動なのです。






さて、先日お伝え致しました、







「タナカ S&W M29 6.5inch CB」の''完全フリーフローティング化''。




その後、私のペガサスチューニングに''ターニングポイント''がございまして、

やっとの事で大きな加工が終了し、残すところは微調整のみとなりました。





今後、調整と計測を繰り返し、更に変化する可能性もございますが、








現在は、この様な形で以前にも増した''完全フリーフローティング化''を施しております。



上記画像から、私の''ペガサスチューニングにおけるターニングポイント''を察する方もおられるかも知れません。








これは絶対に、完成させたい。







続く。