2016年11月08日

「上質なチチバン」への近道

こんばんは♪butchです(^ω^)






最近、「チチバン」についてのみの「ブログ」と化しております( ;´Д`)


ただ「ペガサスリボルバーのチチバン化」は、「1/1000」を目指す者にとって




避けては通れぬ、荊の道。





険しくとも、進まねばなりません。
















現在、上記の3丁に、ゴリゴリの「PRF化」を施しております。



最低限「BB弾とガスを注入した状態」でチチバンする様に「PRF化」致しております。

目指す「最上質なチチバン」は険しく長い道程なのですが、一旦「PRF」は完成と言う事に( ;´Д`)






「PRF化」の加工調整について、詳しくご説明する事は避けますが、自身への記録も兼ねて、
どの部分を加工調整したのか、と言う事を一覧にして見たいと思います。





◯ロッキングボルト
◯ロッキングボルトスプリング
◯シリンダーギャップパッキン
◯シリンダー
◯ガスチャンバー
◯ロッキングプランジャー
◯ロッキングプランジャースプリング
◯ヨーク
◯アウターフレーム
◯ボルト
◯シリンダーストップ
◯シリンダーストップスプリング
◯トリガー
◯ハンド
◯リバウンドスライド
◯リバウンドスライドスプリング




先ず最低限、上記部分の加工、パーツの交換、フィッティング、チューニングが必要なのです。
それ等を組み込み、個体差による寸法の調整、フリクションの低減化を施します。



この様に書き記すと、大変な様に感じるのですが、


一丁目は、かなりの時間がかかりました( ;´Д`)



現在は大まかに「数値化」出来ているので、以外と楽です(^ω^)





みなさんも挑戦して見て下さい(^ω^)

トライ&エラーです!


※カスタムは自己責任にて!  

Posted by butch at 21:26Comments(0)1of1000

2016年02月06日

ペガサスシステム、矛盾のセッティング。構想編。

こんにちは♪butchです(^ω^)














最近は外装ばかりカスタムしているのですが、構想中のチューニングがございます。







「ガス放出量を現状より絞り、初速を維持出来ないか?」






タナカ ペガサスリボルバー バレル長による上限初速。

2inch~71m/s

3inch~82m/s

4inch~94m/s

※上記の初速はカスタムパーツや、それなりにカリカリの調整を施し記録する数値。





ガス放出量を絞ると言う事は、初速安定度に少なからず好影響を与える筈。
実質固定ガスタンクのペガサスリボルバーにとっては良い事尽くめ。









「ガス放出量を現状より絞り、初速を維持する。」







これ多分、多分ですよ。



可能だと思うのです。






「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン」が有るから。








そして、あの膨大な負債を産み出した「ペガサス病対策パッキン」






ver1.1に進化します(する予定。あとは値段次第)。




(追記)

このチューニングは、Kフレームシリーズに限られております。
そして、恐らく成功する筈です。








1/1000に近づく筈。  

Posted by butch at 12:35Comments(0)1of1000

2015年11月24日

極一部の「人類の夢だからだ!」

こんばんは♪butchです( ;´Д`)

「歯が痛い...」

大好物である「長崎チャンポン」が食べれない程に...

「ダイエットしている、と自分に言い聞かせよう。」




閑話休題。









無機物が有機物に変化し、水中から地上に上がり、変温動物から恒温動物に変化し、
四足歩行から二足歩行に変化し、やがて地球の生物は地球から飛び出し、

「月」に迄も至ったのです。






人類は更なる高みを目指し、その高みに至る事でしょう。








そして、タナカペガサスリボルバーも新たなる高みに到達するのです。




1/1000への道。


新たなる進展がございました。


詳細は後日。




「刮目せよ。」



  

Posted by butch at 18:15Comments(0)1of1000

2015年10月23日

タナカ ペガサスリボルバー 内部カスタムのキモ。

こんばんは♪butchです♪( ´▽`)
最近、おふざけが過ぎますので、真面目な話を一つ。









タナカ ペガサスリボルバーのアクションや集弾性、初速の全てに関わる
最重要なパーツがございます。

タナカ ペガサスリボルバーは、そのパーツを使用する部分の調整しだいで
大きく性能が左右されます。


この部分の調整をキチンと行わない限り、何を行ったところで、
100%の力を発揮する事は出来ません。




そのパーツに、全てが集約されている。
と言っても、過言では無いと確信致しております。




なんだと思われますか?




ガスタンク?インナーバレル?ポップパッキン?


重要ですが、違います。
少し考えてみて下さい。





地味なパーツですが、本当に大事なパーツです。

私が内部カスタムを行うにあたって、最重要視し、唯一最後迄クリアしきれなかった調整に使用するパーツです。
タナカ ペガサスリボルバー最大の、負の要因だと思います。





基本的にカスタム内容等を公開しない当ブログではございますが、
この部分に関しては、後日公開予定でございます。


現在、業者さんにカスタムパーツのサンプルを制作していただいております。
何種類か制作後、試験運用し、一番適した物をロット生産していただく予定です。



完成後、ヤフーオークションにて販売するかもしれません。

...ロット生産なので、スゴくかかるんです。お金が( ;´Д`)




だって俺、ただのKフレニストサラリーマンだぜ?

個人でカスタムパーツ制作を依頼するなんて、狂気の沙汰だよ...

...一人じゃ、一生かかっても使いきれないよ(−_−;)



でも、1/1000を作りたい。その一点のみです。





ついでにJフレ、Kフレのペガサス病対策パーツも制作予定です。



サンプルが今年中、本格生産が来年初頭からになると思います。

続報を気長にお待ちくださ~い♪( ´▽`)


  

Posted by butch at 18:59Comments(2)1of1000

2015年10月21日

Kフレ6.1 グルーピング。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)

先日からお伝えしている、とあるパーツ。

やっとこさ届いたのです。


結論から申し上げますと、全く使えやせん。


それは商品に不備が有った訳では無く、私の認識不足によるもの...

無知は罪です...


あああああああああぁぁぁ(T_T)ぁぁぁあああああああああっっっつ...









ですので、現状のままのKフレ6.1でのテストです。





















結果のみをザックリ申し上げますと、5mの1リロード(6発)最小グルーピングは3cmです。

※東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a使用。



タナカ ペガサスリボルバー本来の集弾性から言いますと、十二分のグルーピング。
ゴリゴリにチューンされた、コクサイ スピードコンプ並みだと思います。


スピードコンプより、遥かに初速も高いですし、さらなる高みも目指せる筈。
(コクサイ スピードコンプはゴリゴリにチューンしても~40m/s位らしいです。)



ワンホールショットも何度か有りましたので、もっとタイトなグルーピングを目指せる銃です。



しかし



現状、10mで5cmの集弾性は不可能。


5mのグルーピングが、1.5cmからワンホールにまとまる位でないと...
体感的に無理だと感じました。


まだまだですよ( ;´Д`)...


銃本体もそうなのですが、やっぱり光学サイトが必要。

現状のレーザーポインターでは無理。
キチッとゼロインが出来ません( ;´Д`)
着弾が右にずれる...




どうするか...



つづく。
  

Posted by butch at 18:46Comments(0)1of1000

2015年10月20日

タナカ S&W Kフレーム 6.1 1/1000

こんばんは♪butchです♪( ´▽`)

先日完成致しました、





タナカ S&W M13DOB Blad Lewisカスタム。


この個体は、初速安定度が尋常ではありませんでした。
なので、現在製作中の













このKフレ 6.1で、初速安定度を再現出来ないか...と。


調整に調整を重ねた結果、


再現出来たホー\(^o^)/!!!




半端じゃないっすよ...コレ。

それではどうぞ!!!






東京マルイ製 0.2g ベアリングバイオ
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a
XCORTECK x3200を使用し、25.2~26度の室内にて計測。

※ガスを2秒弱注入後、室温にて3分放置。
※内部マガジンは使用出来ない為、6発ごとに装填。
※画像撮影や装填の為、次弾発射まで5~15秒のインターバル。






※画像の枚数が多い為か、記事をうまくアップ出来ません( ;´Д`)
エラーが出まくり...アップ出来ない( ;´Д`)せっかく撮影したのに...


今回は、数値のみでどうぞ!


89.8
87.3
89.14
88.72
87.9
88.69
87.43
86.57
87.9
87.13
87.63
87.63
86.67
87.23
87.16
85.82
86.7
86.69
86.31
86.83
87.33
88.34
85.63
87.8
87.3
87.7
87.67
88.58
88.82
88.69
87.03
88.72
88.41
87.23
87.26
87.26
87.8
87.73
86.96
87.36
86.96
85.25
83.47
59.91m/s


全44発。最終弾を除き、43発。

この「安定度」。

...これは文句無しに1/1000だわ( ;´Д`)
BLカスタムと迄はいきませんが、トリガープルも軽くスムーズ。


素晴らしい♪( ´▽`)


※ちなみに35~38度の恒温庫に10分放置後、26度の室内にて計測した場合。 ~94m/s










10mで5cmの集弾性。
少しですが、確実に一歩進んだ手応えが有ります。



(追記)


あとですね、完璧にチチバンしやす\(^o^)/
  

Posted by butch at 20:57Comments(0)1of1000

2015年10月20日

つ、ついに届くぞ...!

こんにちは♪butchです\(^o^)/


ドキがムネムネ!!!












待ちに待ったあのパーツが、遂に発送されたとの連絡がありました!!!




もう祭りですよ♪( ´▽`)




注文してから、はや数週間。
規格に無いだの、在庫が無いだの...

紆余曲折色々とございましたが、

どうでもよい。


やっとこさ1/1000制作が進行!



神様、仏様、森羅万象の生物達...

オラに元気をわけてくれ!!!








寸法さえきちっと合えば、絶対現状より素敵な タナカ S&W Kフレームが制作出来るはず...!!!




しかし、高かった( ;´Д`)

  

Posted by butch at 16:23Comments(0)1of1000

2015年09月20日

S&W Kフレーム 6.1inch 1/1000?

こんばんは♫butchです。
ひとつの夢であった、M13 DOB化が一段落し、もう一つの大きな目標である



1/1000制作へ!!!





Kフレーム フィクスドサイトフレームが好みのbutchですので、おのずと使用機種は限られます。







M13か、m10となる訳です。
(m10は手配中。こいつも面白い事になりますよ。ふふふふふ...)








1/1000のベース予定だった、Kフレーム 8inch 「ストローカスタム」(スロートではございません事よ♡)ですが、



こんな風に変わりました。














その名も、



「Kフレーム 6.1inch ちくわぶカスタム」


DOB基部も6.1inchに合わせ、全て一から作り直し...
ロングバレル仕様は調整が大変なんですよ...




※butchはごりごりの関西人なので、人生でちくわぶを一度しか見た事が有りません。
あれって、なに?



閑話休題。



これから、ちくわぶに見た目が近づく予定です。





読者様の声 「長ければ長い程、集弾性が良いのではなくて?」





おもちゃのガスガンなので、限界は有るとは思いますが、その通りだとは思います。


では、なぜ6.1inchに交換したのか?





それはですね、精度です。



8inchも6.1inchも、アウターバレルは全てDOB基部をベースにして制作されております。

そしてDOB基部は、チャンバーパーツ(フォーシングコーン)とフレームに合わせて加工調整致しております。
(ですので、DOB化されたアウターバレルは、加工調整に使用したチャンバーパーツとフレームにのみ適合します。まさにワンオフ。)



と言う事は、一番重要であるインナーバレルのセンター出しは


チャンバーパーツとフレームの制作精度に



100%、影響されます。





タナカさん次第です。





要するに、8inchカスタムに使用したチャンバーパーツは、センター出し等の加工精度が伴っていなかったのです。

3inchバレル等の比較的短いバレルは、チャンバーパーツ保持位置の調整でなんとでもなるのですが、
8inchのロングバレルとなると、調整のみでは不可能です。


8inchカスタムは、インナーバレルのセンター出しには成功したのですが、フレームに対してDOB基部が

垂直に装着出来ない。



左曲がりだったのです。制作者の私と同じく。
制作者の.357magnumを反映するのかも知れません。




...

...

...




「すいません。私、22口径です...」





とにかく実銃と同じく、


「良い物からしか、良い物は産まれない。」


と、言う事です。


この、金食い虫め...

好き♡







つづく。





















  

Posted by butch at 19:40Comments(0)1of1000