2017年12月31日

2017年、最期の「butchのクリエイション、爆発」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ )




書き記したい事柄は沢山ございますが、
2017年、最期に産まれた「私の発想」。
















私は「タナカワークス社」の逆を行く。














閑話休題。















「新型M327 ver.2」、「M627」にて明らかとなった「ペガサスリボルバー、今後の方向性」。



「安全性を高めた上」で、
実用するエアガンとして魅力を感じる初速(~82m/s)
を記録する為の「高出力化」。




上記二機種は、タナカワークス社が発売したペガサスリボルバーにおいて、

過去に類を見ない程の完成度なのです。




おそらく「メーカーが販売しているリボルバー型ガスガン」として、
「M327ver.2」、「M627」を超える商品は、当分現れないと思います。

細かな説明は控えますが、「銃刀法厳守」と言う安全面において、
上記二機種によって「ペガサスリボルバーは完成した」と言っても過言ではございません。






本当に素晴らしい。






「M327ver2」、「M627」はリボルバー型ガスガンのマスターピースになると断言出来ます。





※ここからは私の私見なので、あまり気になさらないで下さい。







しかしながら、



「M327ver.2」、「M627」をベースにチューニングしたとしても、
現状では「1/1000」を目指せない。



※「1/1000」...銃口からターゲットペーパー迄の距離が5m~での計測において、
6発を発射し、「1cm以下のグルーピング」を達成する事。




「高出力化による弊害」により、「M327ver.2」、「M627」をベースとした、
「異常な迄の集弾性」を目指す事は難しくなってしまった。



今後発売されるであろう、上記二機種の機構をベースとした「新型ペガサスリボルバー」では、
「極端な迄の集弾性を目指すチューニング」を施す事は難しくなると思うのです。





閑話休題。






私の発想。










「一定以上の初速(85~90m/s)」を、
安定して、安全に維持させる。」







低出力化する事により。









  

2017年11月21日

火曜日、早朝の「ペガサスHW至高理論」。

おはようございます♪butchです( ;´Д`)


厳寒期、布団から出たくないカオスな火曜日。
皆様いかがお過ごしでしょうか?





閑話休題。






何故、HWモデルを選択するのか?




それは硬いから。











これはあくまでも私の主観で有り、個人的に辿り着いた結論なのですが、
「ABSモデル」には総じて「アクションに雑味」を感じるのです。


「ABSモデル」をカリカリにチューニングしたとしても、同様のチューニングを施した
「HWモデル」の滑らかさには遠く及ばない、と申しますか...。




もちろん様々な要因が有るとは思うのですが、私が考える「ABSモデル特有のアクションの雑味」が起こる「最大の要因」。













アクションの際、

ABSフレームは、その高い弾性故に
歪んでいるのではないか?






ここが本当に重要なのです。


続くかも。

  

2017年10月26日

空間と時間をコントロールする、概要。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)







さて、先日申し上げました「空間と時間をコントロールする。」







※この画像に全ての答えがございます。

記事を読み返して思ったのです。






抽象的過ぎて、訳わからんやろ。



という訳で、もう少しだけ掘り下げてみたいと思います。





結局、「S&W Jフレームシリーズ」独自の


「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃった」DAトリガープル。





原因は何かと申しますと、やはり「シア」です。

それは間違いございません。




ただし、




シアに手を付けてはなりません。





よく聞く「接点の磨き上げ」等、比較的軽いチューニングもございますが、



絶対に手を付けてはなりません。



ほんの少し、「曖昧な、あまり意味を感じない位のトリガープル向上の為」に、
「それ以外の全ての性能」を犠牲にする事となるのです。




「シア」と言うパーツは、箱出しの状態で、完全に完成しているのです。



何人たりとも、入り込む余地などございません。




もし「シア」に手を付けるのであれば、本当に

「ペガサスリボルバーを、一から設計し直す。」

それ位の覚悟が必要なのです。













「シア」は、不可侵の領域なのです。











それでは今回の「ペガサス Jフレームシリーズ DA改善」、どこに手を付けたかと申しますと、



トリガーシア&ハンマーシアです。






















ペガサスリボルバーの「空間と時間をコントロール」しているのは、「トリガーシア&ハンマーシア」です。


そして「シア自体」は、不可侵の領域です。










シア自体は。







そして「シア自体」は完全に独立して運動している訳ではございません。

一連の動作にある、「パーツの一つ」でしかございません。



要するに、「シア」が正常に動作し、機能させる為に必要な



空間と時間に、ほんの少しだけ「私の意思」を加えるのです。













原因は「DAシア自体」にあるのではなく、「DAシア」が機能する「その瞬間」。









シアの「掛かり方」に有るのです。





私に「0」から産み出すことは不可能です。

ただ、再構築する事は可能です。







「空間を再構築し、新しい時間の流れを産み出す。」






それが「空間と時間をコントロールする」という事なのです。





この考え方は「ペガサスリボルバー」に、とても小さな波紋を産み出すと思うのです。




















そして小さな波紋が大きく拡がる事は、必然です。  

2017年10月25日

空間と時間をコントロールする。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)







先日購入致しました



コレで、とある真鍮パーツを切削していた時の事。





うわぁ♪めっちゃ削れルゥ\(^o^)/




真鍮って、とても硬いんです。

少し削るだけでも手作業ではとても時間がかかり、非常に疲れるんです。


しかし電動工具を使用する事により、非常にサクサクと作業が進むのです。




「小型のリューターでもこの快適さなのだから、
卓上フライス盤なら、もっと様々な事が...。」」





もちろん知識や経験は必要なのだと思います。

作りたい物の為なら、努力は惜しみません。






閑話休題。







何か、腕と太ももがチクチク痛む。



何だろう?と思い、痛い部分をさすってみると、更に「チクチクする範囲」が広がる始末。




これは一体どうした事か?と、チクチクする部分をよく見てみますと、

体毛と一緒に、「キラキラしている短い毛の様な物」が。



更によく観察しますと、













コレは毛やない。

















真鍮や。












そうです。

愚かな私は「パンいち」、要するに「パンツ一丁」で真鍮の切削作業をしていた為に、
「針状の細かい切削屑」が身体に付着し、それが身体中に刺さってしまっている状態なのです。






真鍮ハリネズミ状態なのです。









「俺、金属探知機に反応するかも。」






閑話休題。




さて、先日「再起不能に陥った」とお伝え致しました




「タナカ ペガサスリボルバー S&W M36 アーリー」。





新たにパーツを購入し、


「またやってしまうかもしれない...。」


と思いつつ、再度「トリガーシア&ハンマーシア」の加工調整に挑戦。































そして成功。










Jフレームシリーズ独自の

「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃう」仕様トリガープルの原因。








それはやはり、「シア」が原因なのです。





そして「空間と時間をコントロールする」事が可能になった事により、
「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃった」仕様のトリガープルを改善する事に成功。

引き始めから引き終わり迄、同じテンションのトリガープルが完成致しました。
※判断基準は私の感覚のみですが\(^o^)/




「空間と時間をコントロールする。」



そして、その加工調整は「Jフレームシリーズ」のみに止まりません。

今回行った「トリガー&ハンマーシアの加工調整」は、Jフレームシリーズのみならず、
全ての「タナカ ペガサスリボルバー S&Wモデル」にも対応する加工調整なのです。







それでは「Jフレームシリーズ以外のS&Wリボルバー」には、どの様な福音をもたらすのか?

































空間と時間をコントロールする=









「機械的なトリガーストローク短縮」を可能にするのです。

※トリガーストップ...物理的なトリガーストローク短縮。  

2017年10月05日

S&W vs「R」

こんにちは♪butchです( ;´Д`)


















コレが、「俺K」の最高傑作!



になる予定です( ;´Д`)
















































































  

2017年10月01日

アクションの「極北」を目指す者。

こんばんは♪butchです\(^o^)/













本日は「snatch」を観ながら(聴きながら)、









新たなる「アクションチューニング」を模索致しております。





現在の「アクションチューニング メニュー」でも、十分上質であるとは思いますが、



更なる高みを目指したい。







トリガープルを限りなく「0」に近づける為には、








新たなる発想が必要なのです。





そして「新たなる発想」の第一弾が、

ノーズレスハンマーなのです。









  

2017年03月11日

ペガサスリボルバーチューニング「最重要点」、その2。

こんばんは♪butchです(^ω^)✨





さて、先日の記事にて申し上げました

「アクションチューニングのキモ」。







その部分のアクションを「極限」迄高める事により、



この「スマイソン」は、先日のグルーピングを叩き出したと言っても過言ではございません。
http://butch.militaryblog.jp/e837567.html(こちらです。)



















それはですね、



























そう、




シリンダーです。




シリンダーのアクション、すなわち「回転」を出切る限りスムースにする事により、
「PRF(ペガサスレーシングフレーム)」は、その「真価」を発揮するのです。









シリンダーがスムースに、軽く回転する。

スムースで軽い「トリガープル」になる。

スムースにハンマーが起き、そして落ちる。

スムースに放出バルブを叩く。

スムースにガスが適量放出され、BB弾が発射される。











この「一連の過程」が、私の「ペガサスチューニング」の全てです。

「ありとあらゆる部分の動作をスムースにする事。」

これ以上でも、これ以下でもございません。














「シリンダーが回転する。」

それは「全ての過程の始まり」なのです。






「シリンダーがスムースに回転する。」




それだけで、「全ての精度が向上する」と言っても過言ではございません。




インナーバレルを交換する。ホップを交換する。初速を調整する。

高い精度を目指すのであれば、必要不可欠な「チューニング」です。




ただ、それらの「チューニング」は




「アクションチューニングの重要性を超える物では無い。」








一に「アクション」、二に「見た目」、三四が「グルーピング」、五に「初速」。

「ペガサスチューニング」を始めた頃からの、私の「カスタム持論」でございます。








そして、この様に「断言する」事も可能です。

















シリンダーがスムースに回転しない「ペガサスリボルー」は、






















どうしたところで、その「真価」を発揮する事は無い。









私が得た「ペガサスチューニングの確信」なのです。








次回の「butchのクリエイション、爆発」。


「ペガサスリボルバー、極小さな革命」に続く。  

2017年03月09日

ペガサスリボルバーチューニングの真実(最重要点)、その1。

こんにちは♪butchです(^ω^)











今回からは「ペガサスリボルバーチューニング」の核心に触れます。















私の「ペガサスリボルバーチューニング」には、現在数本の「重要な幹」がございます。



「ペガサス病対策加工調整」、「ver.2A1」、そして「PRF(ペガサスレーシングフレーム」。

それ以外の「チューニング」も重要ではございますが、上記3点に付随する「枝葉」でございます。




今回からは、私の「アクションチューニング最終到達点」である「PRF」のお話です。












ペガサスリボルバーにおける「最重要アクション」。




何だと思われますか?





その部分の「アクション」を突き詰めれば、「高精度ペガサスリボルバー」の製作は

「そう難しく無い」

と言っても過言ではございません。







「その真実」は、私にとって「DOB(デタッチャブル アウターバレル)」の完成に匹敵する、「ペガサスの革命」でした。









「ペガサスリボルバー最大の矛盾」が、今完全に解決するのです。


解る方には解る、「ペガサスチューニングの革命」。
おそらく「タナカワークスさん」は、この件をご存知なのだと思います。
最近の製品を拝見し、そう確信致しております。
※「M327」、「M29CB」、「M1917」等。





続く。











  

2017年03月06日

「Kフレームシリーズver.2」、レボリューション。

こんばんは♪butchです(^ω^;)







拝啓「至高のガンマン様」。



数ヶ月前にお問い合わせいただきました「強ホップ改善」。





やっと試作品が完成致しました。




これから




この「スマイソン」に組込後、後日「グルーピング計測」を行い、
再調整の後、結果を報告させていただきます。




今後は「0.2~0.25g弾」を使用し、20m先のターゲットを狙撃しつつ、
「0.25g以上」の重量弾を使用し、精密射撃に勤しむ事も可能になるかと思います。



「0.2g弾」から「0.33g弾」迄、任意に「ホップ突き出し量」を変更出来る様になると思います。







「Kフレームシリーズ手間取り可変ホップver.2(仮称)」、完成間近なのです。



続く。

  

2017年02月14日

「4inchインナーバレル理論」。

こんばんは♪butchです(^ω^)







先日完成致しました




「スマイソン6inch用 カスタムインナーバレル」。





これは一体何なのかと申しますと


「ver.2 4inchインナーバレル」+「2inch整流スリーブ」
一体型に加工した物なのです。



以前製作した「M29 8inch CB」等、「Nフレームシリーズ」であれば、アウターバレル内径が大きい為、
「インナーバレル」と「整流スリーブ」を別個に製作し、組み合わせる事が可能なのですが、
「Kフレームシリーズ」の「アウターバレル内径」では別体にする事がかないませんでした。

そう言った訳で、今回は「インナーバレル」と「整流スリーブ」を一体型にしてみたのです。




何故かと申しますと、今更気付いてしまったのです。
「インナーバレル」と「整流スリーブ」を別体にする必要がない事に( ;´Д`)



キチンと精度さえ出せれば、全く問題無かったのです。
もちろん一体型でも「インナーバレル内径」のクリーニングは可能です。




それやったら、一体型でええやん。




そもそも、「整流スリーブ」自体は「おまけ」の様な物です。
「短く加工したインナーバレル」の性能を、少しでも補う為の物でしかないのです。














何故インナーバレルを短く加工するのか?
※インナーバレルの4inch化。













「そもそもスマイソン6inchなのだから、6inchインナーバレルのままでええやん。」








高いグルーピングを期待出来る「ロングインナーバレル(今回は6inch)」を、何故あえて「4inchに短縮する必要があるのか?」
















答えは簡単。






「6inchインナーバレル」を使用する事によるメリットよりも、
「4inchインナーバレル」を使用する事によるメリットの方が、





遥かに大きい為です。







私の「1/1000製作理論」。






インナーバレル長による「グルーピング精度の向上」は、
「1/1000」達成の為の、一つの要素でしかないのです。





「ロングインナーバレル」が持つグルーピング精度に頼るチューニングを施しては、
「1/1000」は永久に達成出来無いと考える訳です。







「1/1000」を達成する為に、

「1/1000」を達成する為の「インナーバレル以外の要素」を最大限に引き出す為に、
どうしても「インナーバレルの4inch化」が必要なのです。

そして「トレードオフした2inch」を補う為に「必要不可欠な要素」が「整流スリーブ」なのです。








現在、私が考える「1/1000を構成する必要不可欠な要素」。

◯インナーバレル

◯ホップパッキン

◯チャンバーパッキンの抜弾抵抗

◯PRF(ペガサス レーシングフレームの略)
※高精度なアクション(チチバン、ガス放出口&チャンバーパッキン&インナーバレルのセンター出し)
※スムースで軽いトリガープル

そして、一番重要なのが

◯ガスタンクのチューニング。
※ペガサス病対策加工調整、A90化も含む。




「ガスタンクのチューニング」。
とどの詰まりは、ここに集約されます。




何故なら、


ペガサスリボルバーはガスガンだからです。




車やバイクでも同じ事だと思いますが、「走っていて気持ちの良い回転数」があります。
私は専門家では無いので詳しくないのですが、「気持ちの良い回転数」で走っている場合、
「エンジンに与える負荷」も少ないのでは無いか?と考えているのです。


電動ガンのフルオートが、セミオートよりも「一発あたりの電力使用量」が少ない様に。





「ペガサスリボルバーのガスタンク」にも同じ事が言えると思うのです。

私の経験上、「ペガサスリボルバー ガスタンク」はガス放出量が多くなると、初速が安定し辛くなります。
「ガスタンク内圧変化」が大きくなる為です。これは、全ての「ガスガン」に同じ事が言えます。


ただ、「ペガサスリボルバー ガスタンク」の場合、「ガス放出量が少な過ぎても」安定し辛くなります。
これは「ガス放出量」のみならず、様々な要素が絡み合う為なのですが、

途轍も無く長大な説明になる為、割愛致します。




要するに「エンジンの適性回転数」等と同じ様に、「ペガサスリボルバーのガスタンク」にも、
適正なガス放出量が存在するのです。


適正なガス放出量で使用する事により、「ガスタンクへの負荷」つまり、

ガスタンク内圧変化を最小限にとどめる事が可能になるのです。




要するに、ガスタンクのええとこ使いたいんです。






それでは「6inchインナーバレル」で「ガスタンクのええとこ」使えばええやん?
と考えるのですが、それは「絶対に不可能」なのです。


現行銃刀法により定められている「0.98j」を超えてしまう為です。


確実に超えます。


それでは「5inch」では?


これも「微妙な数値」を叩き出してしまいます。
※~96m/s程。



そして「Kフレームモデル ガスタンク」における、様々な要素が安定する「適性初速」は

85~91m/s程と決まっているのです。





要するに「4inch以上のインナーバレル」を使用する場合、

必要以上にガス放出量を抑える必要があるのです。




この「85~91m/s」の初速を安定して発生させたい場合、一番都合の良い「インナーバレル長」が、

すなわち4inch(10.16cm)なのです。




一つ確実に言える事は、「ペガサスリボルバーベースでの1/1000製作」において、

ロングインナーバレルによる「高いグルーピング精度」よりも、

ガスタンク内圧を安定させる事の方が、よっぽど重要だという事です。









(追記)



そしてもう一つ。



何故「85~91m/s」の初速にこだわるのか?

この「85~91m/s」の初速、「ガスタンク内圧安定化」のみならず、もう一つの「要素」に
とても大きな影響を及ぼします。



この「85~91m/s」が与える影響を理解してさえいれば、

全てのペガサスリボルバーのグルーピングを安定させる事が可能になるのです。





エブリシングです。





「85~91m/sの核心」。

全ての要素が「点」では無く、「線」でつながります。

その「線」を繋ぎ合わせ、現れる形こそが「1/1000」なのだと、私は確信しているのです。























( ;´Д`)ふぅ。




まだ、「1/1000」達成しておりませんけど。