2018年04月21日

近日公開!めちゃめちゃ''ピーキー''な「M327 ver.Q」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)




































もう、これ以上は無理( ;´Д`)





加工なんて一瞬です。


チューニングに数ヶ月かかってしまいました。





「M327」のチューニングは、本当に難しいのです。

その他のペガサスリボルバーとは、全くの別物です。



「M327以外のペガサスリボルバー」は、全て''点''でチューニング出来るのですが、

「M327 5inch 可変ホップモデル」の場合、


点ではなく、''面''のチューニングなのです。



一見、''面''よりも''点のチューニング''の方が難しい様に感じますが、そうではないのです。




点は''一点''しか存在しません。




''アクションチューニングの点''、''ガスタンクチューニングの点''、''ホップ調整の点''...。


全ての機能の''最高点''を見つけ出し、後はそれを''重ねてゆくだけ''なのです。



''点''さえ見つけてしまえば、''見つけ出す''事さえ出来れば、時間はかかってもいずれかは到達する事が可能なのです。






M327は''面''なのです。





ものっ凄い「ぼんやり」しているのです( ;´Д`)



広大な面の中から、「何処に精度の頂点があるのか?」。


まず、それを探さなければならないのです。





しかも「可変ホップモデル」。

常に一定では無い。




もう、本当に''ピーキー''です( ;´Д`)














''汎用カスタム''で''Hi-mod''。

しかも、




''DA特化型''。



もちろん、''SA''も可能ですε-(´∀`; )






続く。  

Posted by butch at 23:06Comments(2)チラ裏

2018年04月21日

思い切って、造形。

こんばんは♪butchです。









数年前からでしょうか。


考えに考え抜いたのですが、どうしても納得のいかないカスタムがございます。



もちろん玩具なので、実銃の機能と照らし合わす事自体ナンセンスなのですが、

たとえ玩具と言えども



理にかなっていない。



その様な事で先延ばしになっていたのです。











部屋の掃除をしていると、何かのアウターバレルであったであろう

「HW製のパイプらしき物」を発見致しました。



少しテーパーがついた形状だったので、何となく均一な太さに整え、

何となく「穴」を開けたりして遊んでいたのです。


























コンペンセーターっぽいな。









∑(゚Д゚)









閃いた。









「アレ」にレースガンが有ったって、良いじゃない。








続く。  

Posted by butch at 00:28チラ裏

2018年03月28日

私事で、大変恐縮ではございますが...

こんばんは、butchです。










私は自らの仕事を、生きていく上での「武器」だと考えております。









知識、技術、経験、そして思考。

それ等が、私の持ち得る「唯一最大の武器」なのです。







私は近日完成予定の「Hi-modシリーズ」を武器に、世に問うてみようと思うのです。















数年来に渡る、「俺、Kフレニスト。」の価値、存在意義を。









  

Posted by butch at 02:02チラ裏

2018年03月21日

唯一、製作していないスマイソン。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)





最近、記事がコッテリ気味なので、今回はあっさり。















最近、ご質問をいただいたのです。


「スマイソン2.5inchは作らないのか?」





いつかは作りたいな、と考えているのですが、私の内で「スマイソン2.5inch」、



ちょっと微妙なモデルなのです。




スモールフレームである「Jフレームシリーズ」の場合、2inchモデルであっても、

やったろかい!


とモチベーションが湧くのです。

小さく、短いリボルバーの実射性能を、どれだけ高める事が出来るのか?と。




ただ、3inch以下の「Kフレームシリーズ」となると、


もう少し長ければ、高みを目指せるのに...


といった考えが、真っ先に浮かんでしまうのです。




それならば実射性能はある程度割り切って、「見た目重視」のスマイソン2.5inchを作りたいのです。




となりますと、私の場合。








スマイソン2.5inchは、スクエアバットじゃないと嫌。


スマイソンの魅力は「いびつさ」だと、勝手に思い込んでいるおっさんです。


「M19 4inch」がベースとなるわけです。

しかも「HWじゃないと嫌」。





現在、M19 4inch HWはかなりレア。




手に入れるとなると、オークションで中古を購入する以外の選択肢が、現状ございません。


しかも、競争率がかなり高い。落札価格も高騰。




ベース機種を手に入れる事自体が難しいのです。






という訳で、




再販をお願いします。




もう、「ver.2」じゃなくて、ただの再販でいいじゃないですか!!!



タナカたん...( ;´Д`)  

Posted by butch at 00:44チラ裏

2018年03月13日

時々、思い出してしまう。

















「M10」、欲しいなぁ...。

手元に残しておくべきだった。

後悔、先に立たず。  

Posted by butch at 23:16チラ裏

2018年03月10日

いつ迄、我慢出来るのか?



























とにかく、16inchアウターバレルのBARを作ってみたい。













あぁ、欲しひ...(;´Д`)



比較的「低性能」と揶揄される「カートリッジ式 ガスBAR」なのですが、

私は「高める事が可能」だと思うのです。



カート式と言えども、BB弾固定位置(即ちチャンバー)は、ほぼ同位置の筈。

固定位置が毎回変化する(可能性が高い)、「回転式弾倉式(リボルバータイプ)」に比べれば、よほど優位性は高い筈。



ガスルートの気密、ガス放出量、インナーバレル長の適正化等を施せば...。








あぁ、楽しそう...( ;´Д`)  

Posted by butch at 19:01チラ裏

2018年03月06日

最も厳しい「障壁」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)







もう少しなのです。

















あともう少し、あと「3mm」縮める事が出来れば...















「過去の私自身」に追いつく事が出来るのです。








私が超えるべきは、私自身なのです。  

Posted by butch at 18:17チラ裏

2018年02月25日

後悔はしていない、完結編。

こんばんは、butchです。







さて、先日完成致しました









「天使の輪っかセットver.2」、そして「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.2」。
※左側が「NBR90 ver.2」。中央、そして右側のパッキンが「天使の輪っかセットver.2」。





この三種類のパッキンが「全てのペガサスリボルバーに福音をもたらす」と申しました。






そしてその後、数種類のペガサスリボルバーにて確認を致しました。





結果、





全てのペガサスリボルバーに、福音をもたらす事はかないませんでした。









「天使の輪っかセット ver.2」に関しては、考えていた通りの機能性を発揮致しております。

私が行っている「現状のペガサスチューニング」に、非常にマッチ致しております。





問題は「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.2」にございます。




と申しますか、発注する前から「一つの懸念」がございました。












外径が「0.13mm」程、大きいんやないかな...。




そうなのです。


私は以前から使用致しております「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.1.1」の外径を、


0.1mmだけ、大きくしたかった。





ただ、現状の「NBR90 ver.1.1」の外径を「0.1mm」だけ大きくしようとすると、








マジで、支払い金額が「2桁」大きくなってしまうのです。


「倍」ではございません。「2桁」なのです。


しかも製造ロットによっては、それ以上になってしまうのです。



冗談抜きで、「ドエライ価格」になってしまうのです。

※「ドエライ」...「とんでもない、とてつもない」の意。






それでは今回、新たに制作致しました「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.2」は、
全くの無駄になってしまったのか、と申しますと


そうではございません。










今回、資金を投入し、新たに制作致しました「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.2」は「新たなるペガサス病対策加工調整」の礎となったのです。









そうです。









「ペガサス病対策加工調整ver.2」が完成したのです。








この「ペガサス病対策加工調整ver.2」が完成した事により、「ペガサス病対策加工調整」を施す事自体が不可能であった、










「SAA」のペガサス病対策、

そして「アクション調整」が可能となったのです!!!











これでやっと、






「MaddogTwohand」に、完成の目処が立ちました。














そもそも「ペガサス病対策加工調整」はその名の如く「ペガサス病の症状を解消、もしくは緩和」させる為の「加工調整」なのですが、

それ以上に、私が思い描く「理想のアクションを可能にする為の加工調整」でもあるのです。



そもそも「ペガサス病対策加工調整」が施せないペガサスリボルバーに、私は「アクション調整」を施す事が「不可能」なのです。







続く。  

Posted by butch at 23:25チラ裏

2018年02月25日

後悔はしていない、その2。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)
















ペガサスリボルバーに「おそらく」ですが、最期の福音をもたらすであろう、













「天使の輪っかセットver.2」



そして、



「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.2」









堂々完成!!!









詳細は後日!

待たれよ、待たれよ。夜明けは近い!!!  

Posted by butch at 02:50チラ裏

2018年02月24日

「後悔はしていない」、その1。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)







遂に発売されました!






※画像は実銃です。

「M45A1」!!!


こう、何か良いですよね...。

Gun Professinals 2014年3月号の特集にて、一目惚れ致しました。


マズルの煤っぽさがたまりません...( ;´Д`)










...KSCさん、待ってます。












閑話休題。











という訳で、











「Wilson Combat」の「アーマータフ」なのです。








「唯一、高級感を感じるオリーブドラブ」と申しますか、









「三つ子の魂、百迄」と申しますか、上記「Wilson Combat AR15」のカラーリングに衝撃を受けた私と致しましては、













「オリーブドラブ」しか、選択肢が無かったのです。
























「スマイソン HW 4inch DOB」なのです。








アーマータフです。





















アーマータフなのです。



















※と言う、「おっさんの脳内設定」なのです。

「アーマータフ」でも「セラコート」でもなく、「インディ オリーブドラブ」です。











続く。  

Posted by butch at 02:01チラ裏