2018年01月16日

より信頼性が高い「ペガサス M36 2inch HW ver.2」の見分け方。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)





一部の「Jフレニスト」お待ちかね!!!







「M360sc」以降に製造販売された、





「より完成度が高いM36 2inch HW ver.2」の見分け方をご紹介致します。







1.シリンダーをスイングアウトし、バレルハウジング側からインナーバレル内部を照らして下さい。
そう致しますと「ホップパッキンの形状」がはっきりと確認出来る筈です。




この様に「ホップ突き出し部分」が真っ直ぐ直線の物、これが「M360sc」以前の旧型パッキン。

ちなみに「東京マルイ製 Vホップパッキン」が取り付け可能な「M36インナーバレル」には、全てをこの「クソ...、
もとい「旧型ホップパッキン」が使用されております。





そして、






この様に「ホップ突き出し部分」が弧を描き窪んでいる物、それが「M360sc」以降、
新たに「M36 2inch HW ver.2」に搭載された、「327型ホップパッキン」なのです。

※新旧M327、M1917、M29CBシリーズも同様。






「M360sc」以前、そしてそれ以降で大きく仕様が変更された部分は「ホップパッキン」なのです。



そして私が以前に製作した、そして現在製作している「bcw」、その全てに「M327型ホップパッキン」を使用致しております。
もちろん形状変更等の加工は施しておりません。



タナカ ペガサスリボルバーにとって、ベストなホップパッキン。

それはM327型ホップパッキンなのです。



それ以外に存在致しません。



「オンリーワン」なのです。







タナカワークス社は商品の改良改善に、非常に積極的に取り組まれております。

「M360sc以降のホップパッキン変更」にて実射性能は大きく改善されましたが、それ以前のモデルからも 、
非常に細やかな改良を重ねられております。

最初期に発売された「M36 2inch ABS」と、現在の「M36 2inch HW ver.2」では、
別物と言っても過言ではございません。





一見するだけでは、「刻印の変更」しか伝わらないかも知れません。

トリガーを引いて実射し、サイドプレートを開いてみて下さい。
タナカワークス社の企業努力が伝わる筈です。

研鑽を欠かさぬ者が評価される。
そんな世界であってほしいのです。





完。







※「M360sc」以降に製造販売された「M36 2inch HW ver.2」の「インナーバレル、ホップパッキン、バレルハウジング」が、
「M360sc」と共通すると言う説論はあくまでも私個人の私見であり、タナカワークス社に確認している訳ではございません。

ご了承をよろしくお願い申し上げます。

  

Posted by butch at 16:07Comments(2)チラ裏

2018年01月14日

購入すべき「ペガサス Jフレームリボルバー」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)







先日からお伝え致しております、






購入すべき「Jフレームリボルバー」。







「M360sc」発売以降に製造された「M36 2inch HW ver.2」と申し上げました。

何故「M360sc」以降に製造販売された「M36 2inch HW ver.2」かと申し上げますと、
「M360sc」以前とそれ以降では、あるパーツの変更に伴い、その他二点のパーツが変更されているのです。





それが、





◯ホップパッキン(※当ブログで言うところの「M327型ホップパッキン」。)
◯インナーバレル(※画像のインナーバレルは、私が加工調整した物。)


そして、




◯バレルハウジングなのであります。








申し訳ございませんが、所用がございますので、続きは後程...。


「M36 2inch HW ver.2」を通して、私が過去に製作してまいりました






「bcwチューニングの核心」に少しだけ触れたいと思います。




続く。

  

Posted by butch at 17:22Comments(0)チラ裏

2018年01月13日

「買うべきでは無い物」を伝えるよりも、購入すべき「Jフレームリボルバー」を。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)











さて、先日お伝え致しました、購入を控えるべき「タナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」。


購入すべきでは無い理由を逐一記事にてご紹介しようかとも考えたのですが、



途轍もなく、記事製作が大変になってしまう。

比較画像を撮影したり、撮影の為に分解したり、組み直したり。




無理だ。大変過ぎる。



と言う訳で、もし「比較的、実射性能が優れているタナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」を購入したい場合、

コレを購入して下さい!












「M360sc」発売以降に製造販売された、








M36 2inch HW ver.2。




理由があるのです。



続く。
  

Posted by butch at 14:09Comments(2)チラ裏

2018年01月11日

極私的な意見なのですが、買ってはいけない「Jフレームシリーズ」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)





極々私的な意見なので、まるまる鵜呑みにされても困るのですが、
今後「タナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」の購入を検討されている方の参考になればと思います。















最近、「ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」を5丁も購入してしまった私は愚か者です。

ただ偶然にもその内の4丁が販売時期、そしてバージョンの異なるモデルだったのです。
正確ではないかも知れませんが、販売された順に並べますと


◯極初期に販売されていた「ABSモデル」。

◯M36 2inch アーリー HW
※「&」が旧式ビローン刻印の物。

◯M40 センチニアルHW、センチニアル AWHW。

◯そして画像一枚目のM36 2inch HW ver.2。



極初期に販売されていた「ABSモデル」を除き、その他の4丁は現行「青色S&Wパッケージ」のモデルです。
もちろん刻印も正確に再現されております。

おそらく発売時期も、2年と離れていないのではないでしょうか。





ではその「青色パッケージ以降」の4丁、アクションや実射性能に関して、差は無いのでしょうか?
















全く異なります。












もし「比較的、実射に優れたペガサス Jフレームリボルバー」が欲しいのであれば、間違い無く


現行品を購入するべきです。









かなり長い説明になりますので、詳細は次回以降の記事にて!!!







ただ一つ言える事。それは、







旧パッケージの物は、極力購入を避ける。






続く。  

Posted by butch at 19:45Comments(0)チラ裏

2018年01月07日

ウォッチリスト代わりに入札を...2018年、最初の愚行。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)












「俺、K」史上、エポックメイキングになるであろう「2丁」。

特に「センチニアル」に関しては、「タナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」において、
何らかの波紋を起こすのではないか?と。










ただです。

私の内で、納得出来ていない部分が「一つだけ」ございます。










センチニアルHWって、
もともとDAの精度※が比較的高いのです。

※トリガープルのスムースさ。未調整の物は、やはり重く感じます。

アクションもスムース。






そして、私はこう考える訳です。






どうせなら、「DA精度が低い」と解りきっていた、














M36をチューニングするべきではなかったのか?と( ;´Д`)






という訳で、









連休中に完成させまーす( ;´Д`)










閑話休題。









ここ最近だけでも、

◯M36 ABS最初期モデル
◯M36 HWアーリー(現在、残念ながら部品取りに...)
◯M36 HW ver.2
◯センチニアルHW
◯センチニアルHW エアウェイト

を購入してしまった私は、今年40歳です。

※これからは「よんじゅう」では無く、「しじゅう」と言おうかと思います。
もちろん「D」は、「でー」と発音したいと思います。






閑話休題。






そんな不惑のおっさんがです。

またしても「ウォッチリスト代わりの安価入札」にて、
「新たなペガサス」を購入。







「おっ、出てるな。」

程度の軽い気持ちで、最初は入札していたのです。





そのうちです。

「何かギリギリまで攻めてみようかい?」

と言った心持ちになってしまったのです。




これは「仕事のストレス」から生じた「心の迷い、衝動」ではございません。

ひとえに、「私が愚かしいから」であります。

















ペガサスにデート資金をつぎ込んでしまった私は、本当に愚か者です。

こんなことで、旋盤なんて買えるわけがない。



続く。  

Posted by butch at 01:59Comments(4)チラ裏

2018年01月03日

欲しくてたまらねぇ...。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)












現在、勝手に改修中の「タナカ ペガサスJフレームシリーズ」。
現在2丁を加工中、そして後2丁を加工せねばなりません。






もう、しんどい。






手作業で、真鍮なんて削っていられない!!!






少し削る位なら我慢出来ます。





真鍮製インナーバレルを、
中国製ハンドドリルにチャックし、
手ヤスリで削り出すなんて、もう辛すぎる。





2丁分の加工で心が折れました( ;´Д`)








閑話休題。







私はただの板前です。
切削機械の事など、全く存じ上げておりません。

全くの素人です。







ただしかし、もっと楽に真鍮製インナーバレルを加工したい。






そこで親愛なる諸兄方に質問です。








私、コレを買えば、幸せになれるのでしょうか?  

Posted by butch at 01:18Comments(2)チラ裏

2017年12月28日

東京から届いてました。

おはようございます♪butchです( ;´Д`)






やっと休める。



私、おっさんとって「かなりの厳しさを伴った年末進行」もほぼ終了し、
あと2日で仕事納めなのです!







やっと人並みに眠れる。








閑話休題。









さて、年末年始のお楽しみ!「Jフレームチューニング」♪





注文していたパーツが、






総本山より届きました!









俺のプライベート。

それは「ペガサスチューニング」。
  

Posted by butch at 05:58Comments(2)チラ裏

2017年12月18日

近況報告。

おはようございます♪環状線よりbutchです( ;´Д`)





いろいろ「ペガサス」買いました。

年末年始のお休みは、「Jフレーム祭り」なのです!








先ずは「おセンチ HW」。

ほんの数分、カチャカチャした程度なのですが、


コレは良い。


アクションの完成度が箱出しの状態で、非常に高いのです。

レモンスクィーザーッ!!!






そして




「おセンチ エアーウエイト」。

こちらはまだ手元に届いておりませんが、期待大なのです。




続く。  

Posted by butch at 05:59Comments(6)チラ裏

2017年12月09日

今年はもう無理です。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)






本年度中は厳しい。

全てが厳しい。





という訳で、






メリークリスマス、ハッピーニューイヤー、良いお年を ;´Д`)ノ






今年中にもう一丁「マチルダカスタム コンセプト」のベース機種、
切削加工用の機材を購入したいと考えておりますが、置く場所と時間が...。

  

Posted by butch at 10:20Comments(4)チラ裏

2017年11月24日

地獄の業火に焼かれようとも、それでも私は天国に憧れる。



あじゃさんは、やはり神様でした。





おはようございます♪大阪環状線よりbutchです( ;´Д`)














皆様、「オラガバニスト H&K LEM 新型ハンマーシステム再現」の記事をご覧になられましたでしょうか?



大変失礼な物言いではございますが、


同じ人間の所業とは思えません。


見た目だけならまだしも、機能性まで完全に再現されております。














もう、本当に美しい。




スチールパーツを手加工です。
そしてその「複雑至極なアクション」迄、完全に再現されておられるのです。


















本当に美しい。











あじゃさんは個人の極み。




「メッシ氏」や「ロナウド氏」と同じく、私は「あじゃさん」と同じ時代を生きられる事を、
本当に嬉しく、光栄に思うのです。






閑話休題。





神の威光は、愚かな豚を導くのです。

たとえその先が断崖絶壁であろうとも、愚かな豚は何をも恐れず、省みず、突き進むのです。

たとえ墜落し、岩礁で激突死しようとも、宙に浮くその刹那、その意思に微塵でも近づけるかもしれません。



私は近づきたいのです。  

Posted by butch at 06:04Comments(4)チラ裏