2015年11月12日

タナカ M327&Kフレ5.8のグルーピング。の巻

こんばんは♫butchです^^

さて、前回よりスタート致しました






タナカ S&W M327 5inchのグルーピング(集弾性)を計測致しました☆

あと、ついでに





タナカ S&W スマイソン Kフレ5.8も計測!




まず計測環境なのですが、「我が家」です。


室内無風5mレンジ。仏間から茶の間迄。ご先祖様、ごめりんこ♡
※銃口からターゲットペーパー迄の距離が5m30cm程。


シッティング レストポジションでの計測。
※要するに座った状態で、ターゲットペーパーに高さを合わせたイスの上に手首を置き発射。
銃は固定致しておりません。中空の状態。



室温24度

東京マルイ製 ベアリングバイオ 0.25g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒程注入。注入後、3分間程安置。


※双方の初速を測り忘れました(テヘペロ

おそらくm327が66m/s程(少しだけ初速調整を行ないました)。
※ストレインスクリューは、動作不良が起こる一歩手前の緩め具合。
それでもトリガープルはかなり重い。
ホップは最も弱い状態。サイトは調整致しております。


kフレ5.8は75m/s程。カリカリに内部チューンされた個体です。












はい、そうです。

もとより、フェアな勝負ではありません。


なのですが、Kフレ5.8も新しいホップ調整を行なったばかりで、試射も初めて。

そう言った意味では、条件は同等です。


双方50発程の試射(&ゼロイン)を行なった後に計測。





先ずはm327。
※Kフレ5.8の装弾数に合わせ、6発での計測。






ざっくり言って5mの集弾性は5cm強程。
センターから外れておりますが、グルーピングを測るテストなので気にしません。



と言いますか、アクション調整していない状態の撃ちにくさで、このグルーピングは上々。

さすが、タナカペガサスリボルバー屈指の集弾性...







おつぎはKフレ5.8。






こちらもざっくり言って5mで3cm弱。










当たり前です。

作り出して、早1年。
時間もお金も掛かっております。





試射を行なっての感想ですが、


「俺、へたくそ。」


ガク引きマスターと呼んでいただいても、過言ではございません^^:


次回、試射を行なう際は、ランサムレストの様に銃を固定してグルーピングを測りたいと思います。

そうしないと、いつ迄経っても銃の真価を発揮出来ません...

そう、私はお役ごめんです(T T)








結論。


手(金)を掛けずに、集弾性の高いペガサスリボルバーが欲しければ、

「m327買っとけ。」

と、言う事です。







そんなm327にも、気になる部分が有ります。

アクションはもちろんそうなのですが、あともう一つ。

それは...









また後ほど☆





つづく。













  

2015年11月04日

タナカ スマイソン Kフレ5.8。本来、こうあるべきだった...

こんばんは♫butchです^^








さて、タナカさん家のスマイソン 6inch。
前回お伝え致しました様に、長所短所とございます。



まず最大の短所。

私、パイソンをいじった事が無かったので、
初めて知った時、M13のアウターバレル接着固定と
同じくらいの衝撃を受けた、






アウターバレルの固定方法。

まさにディープインパクト。



タナカ コルトパイソンを分解した事が有る方であれば、ご存知!


「インナーバレルに芋ネジを押し当ててアウターバレルを固定。」







フロントサイト部分に2本ある、固定用のピンを2本抜き、






フロントサイトを外しますと、






固定用芋ネジの雌ネジ穴があらわれます。

ここから芋ネジをねじ込み、インナーバレルにグッと芋ネジを強く押しあて、
アウターバレルを固定している訳です。









M19と全く同じ、アウターバレル固定基部が有るにも関わらず。






なんで...?




what the fuck?です。






しかしですね、このM19と同様のアウターバレル固定基部。


固定用の芋ネジ穴が、アウターバレル側とフレーム側で1mm程ずれているのです。



この1mmのずれの為に、悪しき

インナーバレルに芋ネジを強く押し当ててアウターバレルを固定方式

を採ったのでしょうか。




「フッ、馬鹿野郎が...。」






なので、M19仕様のアウターバレル固定法を採用。
新たに固定用芋ネジの雌ネジを新造。



これで最大の短所は解決!!!



第二の短所は「初速が高い。」

現行銃刀法施行前のロングバレルモデルなので、現行法に抵触するかギリギリの数値。
これは改善しなければなりません。


なのでデチューンしました☆
(初速計測に関しては、また後ほど。)



現行法対策処理を施されていないスマイソン6inchをお持ちの方は、タナカさんに送ってデチューンしてもらって下さい。

~50m/s程にデチューンされて帰って来ます。





現行法対策処理済みと、そうでない物を所持致しておりましたが、


「中間は無いのかよ...」

以外と極端。





さて、悪しき部分を長々と書き綴ってしまいましたが、
ここからはスマイソン6inchの長所。


これは機種に限らず感じる事なのですが、同じモデルのABSモデルとHWモデルが有れば、
私は迷う事無く、HWモデルを購入します。



なぜか?

パーティグラインの処理等が丁寧な部分もございますが、
ABSモデルとHWモデルを比べると、


HWモデルの方が、動作(アクション)が滑らか。


なぜかと言われますと、私にも説明出来ません.

M13やM19 2.5inchでは、より強く感じるんですよね...







閑話休題。




ここからが、タナカ スマイソン6inch 最大の長所のお話。




タナカ スマイソン6inchはABSモデルです。
(HWモデルは販売されていない筈。)

しかしですね、ABSモデルにも関わらず、


「タナカ ペガサスリボルバー屈指のアクションの滑らかさ。」

地味な部分ですがABSモデルでは未処理な事が多い(メッキモデルですら)、
パーティグラインも綺麗に処理されています。



箱出し状態でスマイソン 6inchを超えるペガサスリボルバーに出会った事がございません。
素が良いのでチチバン調整も非常に簡単。

ロングバレルモデルなので、初速を維持したまま(35度時に〜90m/s程)、
さらなるトリガープル軽減も可能。



と言う事は、




1/1000ベースに最適。




つづく。
























  

2015年11月03日

秋の夜長に...Kフレ5.8。

こんばんは♫butchです^^











本当に寒くなりました。人恋しくなる季節。


食欲の秋。読書の秋。運動の秋。

皆さん、衣替えはもう済ませましたか?

butchは完全に冬物を着ています。
歳を重ねるにつれ、冷え性がひどくなります。
もう既に、靴下二枚重ねです。


おっさんです。






閑話休題。




掲載するたびにアクセス数を下げる、私の代表作!!!






そう、Kフレ6.1!!!


こやつも秋なので(飽きたとも言う)、衣替えです!














そう、スマイソン6inchです^^


パイソンを期待された方、すいまそん。


だって私、Kフレニストですから。


トリガー、ハンマー、ヨーク以外はKフレ6.1からの移植!

5.8inchですが、インナーバレル長はKフレ6.1と同じ。
少し細工を施しました☆



このタナカ スマイソン6inch、すごく良い銃なのです。
難点が二つ程有ったのですが、もちろん解決済み☆



タナカ スマイソン6inchの長所と短所。

それはですね...






次回につづくのです♡