2015年12月07日

タナカ スマイソン6inch HW DOB スクエアバット(完成)。

こんにちは♫butchです^^

堂々公開!!!


...もうスマイソンは作りません。

以外と大変なのです。




それではどうぞ!!!









どうですか!!?この勇姿!







このアングルが、とても好ましい...












ハンマーはケースハードン(風)。
最近は、使い込まれて落ち着いた風がブームです。



やっぱ、この純正グリップ、格好良いわ...









スイングアウト。








エジェクターロックがございませんので、ヨークにディティントボールを仕込んでおります。
...まあ、雰囲気です^^(フレームも加工済み)。











程よいガチャガチャ具合☆
これでこそ「スマイソン」ですよ^^





アウターバレルの固定も問題なく完了!
もちろんDOBです。











フロントサイト外し〜の、






芋ネジゆるめ〜の、






アウターバレルを反時計回しに回しーの、






分解完了!







もちろん、スクエアバットです^^

少しくたびれ感を出す為に、インディ ブラックパーカーを塗装後、
コンパウンドで磨いております。
磨けば磨く程、下地銀露出仕様。




ちなみに、




グリップ、ガス、BB弾無しの状態で651g。
以外とずっしりです。




そして初速ですが、

東京マルイ製 0.2g ベアリング研磨
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(2秒程注入)
XCORTECH X3200を使用し計測。

※夏場の高気温時を想定し、36~38度の恒温庫に20分間安置。
20度の室内にて計測。





※ストレインスクリューを一番奥迄締め込んだ状態。
もちろんストレインスクリューを加工致しておりますので、トリガープルはそこまで重く無い状態。
未加工の物で例えると、ストレインスクリューのヘッドが、フレームから少し出ている位のトリガープルです。







もうスマイソンは、お腹いっぱいです^^;



最後に私好みの画像を!













次はあいつだ!!!






























  

2015年12月04日

タナカ スマイソン 6inch スクエアバット HW

さらにこんばんは♪butchです♪( ´▽`)




「チョット見てみなはれ。」
























カッコ良くないですか!!?



いいえ、誰が何と言おうと「格好良い。間違い無い。」


















リアサイトはM19 2.5inch用を使用。
...カッケぇ。









「i氏、あんたバカだよ...」  

2015年11月25日

スマイソン スクエアバットの最難関加工。

こんばんは♪butchです(^ω^)






スマイソン スクエアバットの最難関加工部分が終了!











そう、「エジェクターシュラウドの拡大」!!!



これやらないと、S&Wのエジェクターロッドが収まりませんから♪( ´▽`)




この加工、以外と大変なんですよ。







この加工の為だけに、


「ヤスリ、作りましたから。」





ここさえ抑えてしまえば、後は比較的楽な作業のみです♪( ´▽`)




と言うわけで、スマイソンは一旦置いといて、




次回からは「M327 2inch ver.狼」と






「M13 DOB」がスタート!!!




キャホホーイ\(^o^)/  

2015年11月21日

俺とアイツの、スマイソン。

こんにちは♪butchです(^ω^)


さて、先日制作予定とお伝え致しました「タナカ スマイソンHW スクエアバット」。









(これは実銃。実銃バレル接合部の「ガチャガチャ感を再現」したいのです。)





その後、諸々ございまして、二丁制作する事に( ;´Д`)





今回の6inchスクエアバットは「ついでにワイのも作ってくれや。」とのご依頼です。




「簡単に言いやがって...」







そう、実は結構面倒なカスタムなのではないか?








(これはタナカさんのスマイソン6inch ラウンドバット。)





実はですね、パイソンのバレルとスマイソンのバレル。
同じ6inchでも、各部寸法が

全く違うのです( ;´Д`)


※バレル自体の太さ、長さ、接合部の寸法等、各種もろもろ。





「想定外...甘かった。」





かと言って、今更後には引けません。


「工賃、貰っちゃったんだもの。」

※「天使の輪っか」で負った負債を、少しでも軽減せねばならぬのです。





サラリーマン。





工期は無制限なので、気長に進める事に♪( ´▽`)













「うん♪ガチャガチャしてます!」








「...ガチャガチャ、し過ぎてないかい?」





ガチャガチャ感を少し抑えつつ、調整しよう。そうしよう。






そして、一番の問題点。








アウターバレルは、DOBシステムを使用して固定する予定だったのですが、


「DOB基部を固定する部分の寸法の違いが、想定範囲を超えた。」

無理か...( ;´Д`)






もう「無理でした。てへへ♪( ´▽`)」では済みません。


考えた末、「アウターバレルを固定する為のDOB基部」を


「固定する為の基部」を作る事に!





「あっ、もう出来てます。」









アウターバレル根元に写っている銀色のパーツ。



それが、


「アウターバレルを固定する為のDOB基部を、更に固定する為の基部パーツ。」



その名も、





「DOB基部キブ!」





そんな事はどうでもよろしい。







と言う訳で、アウターバレル固定の目処も立ち、何とか進める事ができる状態になりました☆











「もう、どんなアウターバレルでもKフレームに固定出来るわ♪( ´▽`)」




目指すは、


「コクサイ スピードコンプ 5inch」のペガサス化!!!