2016年08月08日

「俺のスピードコンプ」、完成(^ω^)

こんばんは♪butchです(;´Д`A









早く冬にならないかな。



この暑さに耐え得る「頑強な身体」が欲しい。


「ほんまにしんどい(°_°;)」







「お盆休みは、ラピュタ探索に出かけよう。」


「天空の城は、さぞかし涼しおすやろなぁ(^ω^)はんなり。」


































「お盆休みなんか、あらへんがな。」









あらへんがな。







あらへんがな。あらへんがな。あらへんがな。





無いのです。全く。1mmたりとも。




まぁ、しょうがないですよね(^ω^;)

いろいろございましたし。











(^ω^|||)くらっ...









「なにか、フワッとする...」






































閑話休題。





さて、作り始めて「早半年位」。

やっとこさ完成致しました、「俺のスピードコンプ」!!!






完成と言っても、「試射」は致しておりません。




無理でした。




午前6時前に家を出て、帰って来たら、午前一時過ぎなのだもの。

集合住宅なのだもの。








精一杯です( ;´Д`)







しかし、この状態が、いつ迄続くのか?

冬に強く、夏にめっぽう弱い。



だって、冬生まれなのだもの(;´Д`A





今年こそ、「クーラー」を買います。

そして、「俺のクーラー2016」と言う、記事を書きます。





クーラーを買う為に、今、俺は頑張っている。


そう、それこそが「モチベーション」。

室外機から「温風」を吐き出しまくって、「現代人」らしい快適な生活のみを追求するのだ。







人類の夢だからだ。















閑話休題。



















(^ω^)ふふふ♪










最大の懸案事項だった「マウント固定」。
※「コクサイ スピードコンプ」より移植致しました(^ω^)。





M3六角ボルト、M2.6芋ネジ、M3六角ボルトの三点固定。
※傷予防の為「マウント裏面」にマスキングテープを貼り、養生。







前のM3六角ボルト、M2.6芋ネジで真鍮プレートを固定。
※フレーム、真鍮プレートにM3、M2.6タップを切り、固定。


後ろのM3六角ボルトは、フレームにM3タップを切り、直接固定。








そして、アウターバレルはもちろん「DOB」。
「コクサイ スピードコンプ 5inch」より移植致しました(^ω^)







分解可能です(^ω^)

インナーバレルは「8inch用」を加工した、「ノンホップTNバレル」!!!



こんなの売ってません。








ぽっかり「穴(マグナホール)」が空き、インナーバレルが丸見えだった「コンプ部分」は、
アルミパイプから削り出したインサートを。







そして「何にも無しのズンベラボン」だった「マズルフェイス」には、
タナカペガサス「M10 4inch」より削り出した「マズルフェイス」を移植。








お解りだとは思いますが、この「スピードコンプDOB 5inch C90(コンセプト90)」、










タナカペガサスリボルバーです(^ω^)


※ちりとり型サムピース、デホーンドハンマー、トリガーストップも✨








毎度お馴染み「ディティントボール加工、それに伴ったフレーム加工」も!











エジェクターロッドを「ヒートブルー風味」に染めてみました(^ω^)






「なんか、カスタムガンぽいかなって...」






外装カスタムはこれ位です(^ω^)


内部カスタムも、だいたいいつもと一緒なのですが、一応ご説明を(^ω^)




◯ペガサス病対策加工調整。
◯「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」組込み。
◯コンセプト90加。
◯ノンホップ 5inchTNバレル。
◯アクション調整。
※アクション重視の為、内部マガジンをキャンセル。
◯初速調整。






さて、恒例の「初速計測」ナノです。



今回は「あっさり」です(^ω^)




※東京マルイ製 ベアリング研磨 0.2g、東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱注入
※30.9~32度の室内にて計測。


※ちなみにストレインスクリューの締め込み具合は




これ位。マックスです(^ω^)






~83.57m/s





そして恒例の「最高初速計測」です(^ω^)

※東京マルイ製 ベアリング研磨 0.2g、東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱注入。
36~38度の恒温庫にて10分間安置後、30.9~32度の室内にて計測。






~89.45m/s
多少の余裕をもって調整致しております(;´Д`A



ペガサス ロングバレルモデルの初速調整、本当に大変なんです。
それが「一番難しい調整」だと言っても、過言ではない。

本当に難しいのです。














そして、どちらの御宅にも、一つは転がっている「マウント」を取り付けてみました。























(^ω^;)フゥ。







電車通勤、やめたいな。






(完)






(追記)


大変恐縮ではございますが、




http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w147408576


オークション出品中でございます(;´Д`A
どうかよろしくお願い申し上げます。




  

Posted by butch at 00:42Comments(2)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年08月03日

すっごく悩んでいる「ペガサス」がございまして...

こんばんは♪butchです(^ω^)







今、とても悩んでおります。





今回は仕事の愚痴ではございません。
問題のペガサス。




それは...













「スピードコンプDOB C90」!!!





実は完成致しております(^ω^)
※試射やグルーピング計測はまだなのです。








何と申しますか...












飽きた。







アクの強いデザインなので、夢中で作っていた頃は良かったのですが、






「やはり、好みでは無いのでは?」





気付いてしまったのです。







この「スピードコンプDOB」をパーツ取りにして、新たに製作したい「ペガサス」がございます。







以前の私は、Kフレームでありながら、余り興味が無かったのですが、



今は作りたくて仕方が無いのです(;´Д`)ハァハァ...



M19 4inch、もしくは6inchを...

もしくはスマイソンDOB R-model SQ 4inch、もしくは6inch...




とにかく、Kフレーム「アジャスタブルサイトモデル」が作りたいのです(;´Д`)フゥ。








幸せな悩みなのです(^ω^)






(追記)

諸般の都合により、「アレ」を作りたいと思います。
そして、ソレが「1/1000」に限りなく近い「ペガサス Kフレーム」になる筈。

...なって欲しいのです(;´Д`)





  

Posted by butch at 20:39Comments(6)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年05月13日

俺のスピードコンプ、マウント固定ボルトの穴あけ&タップ切り(M3)、ひとまず成功(^o^)/...しかし

こんばんは♪再びbutchです(^ω^)







何故かエジェクターロッドが「ヒートブルー風味」に...(^ω^)

これについてはまた後日...




さて、先日より苦戦致しておりました



スピードコンプDOB 5inch C90 マウント固定ボルト(1.5mm×6mm×23mm)の穴あけ&タップ切り。



chowさんにアドバイスをいただいた事もございまして...





無事に下穴&タップ切り(M3)に成功致しました!!!











もはや、「DIO様」の心持ちです(^ω^)















「コクサイ スピードコンプ」のボルトを締め込み、





見事にマウント固定が可能になりました!!!














「この勇姿...この一体感...この素晴らしさはどうだっ!!!」



















「butchのぉぉおぉぉえぇえええおぉお!!!スピードコンプはぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!」







「せかっ...!!?」











!!?















まだ一本目のボルトを固定出来ただけなのです(^ω^;)



まだ一本目...





(^ω^;)





実は二本目が、一番難儀なのです...


様々な理由がございまして(^ω^;)




続く。
















  

Posted by butch at 18:46Comments(4)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年05月11日

俺のスピードコンプ。1.5×6mm×23mmマウント固定ボルト製作、難航(´Д` )

こんばんは♪butchです(^ω^)










さて先日、革命を起こすかも知れないとお伝え致しました





1.5mm×6mm×23mmマウント固定ボルト。





現在真鍮板を使用し、製作致しております。








無理かもしれない(´Д` ;









位置決めした後、2.5mmの下穴を開け、M3(ピッチ0.5)のタップを切るのですが、




垂直に穴を開けられない...



粘りのある素材なのか、ドリルに絡み付いて



まともに2.5mmの下穴が開けられない(´Д` ;















(´Д` ;だって、俺、素人サラリーマンだもの...






何本失敗した事か...













と言うわけで、終了(^o^)/


















と言う訳にはまいりません(´Д` ;














ハンズで新しいドリルビットも買った。
時間も有る。やるしか無い。




素材も、あと90cm以上有る。







やるか...






(´Д` ;)フゥ。





続く。






(追記)

検索キーワードにて「タナカ ペガサス 塗装剥離」がございました。
「ステンレスHW」等の塗装剥離を目的として検索されたのだと思います。


これ、結論から申し上げますと、

結構大変です。



「ステンレスHW」の塗装は、なかなかに強力なのです。
過去に私も何度か挑戦した事がございますが、


「強力です。」



私の経験則から申し上げますと、IPA(イソプロピルアルコール)では剥離できませんでした。


薄め液(シンナー)での剥離は可能です。
しかし、「ペロンッ」とは剥がれません。

※※もちろんHWモデルのみです。シンナー等の溶剤にABSを漬けると、溶けて無くなってしまいます。


そう、魔法の様に...







薄め液に漬け、何日か放置し、歯ブラシ等でこすります。

そしてある程度剥離出来たところで、新しい薄め液に漬けて、何日か放置します。

そして歯ブラシ等でこすり、また新しい薄め液に漬けて、何日か放置し...



これを繰り返します。
かと言って、100%綺麗に剥離できる訳ではございません。
HW地肌もブラックモデルの様な「濃いグレーがかった黒」にはなりません。
薄いグレーになってしまいます。

薄め液代もバカになりません。数千円かかってしまいます。






正直に申し上げまして、塗装剥離する位なら


多少高くても、ブラックモデルを買うべき。




しかし、M66 4inchは手に入っても、M19 4inchはなかなか手に入らないんですよね...
お気持ちは痛いほど解ります(´Д` )




タナカさんはKフレームを忘れてしまったのでしょうか...(´Д` ;)





  

Posted by butch at 18:44Comments(2)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年05月10日

俺のスピードコンプ、番外編。

こんばんは♪butchです(^ω^)


さて、GW進行も終わりを迎え、平穏な日常を取り戻したbutchなのです。





喫茶店って、良いですね(^ω^)



wifiが飛んでいたら、さらに最高。
仕事終り、コーヒーを飲みながらブログを更新。



ちょっとしたセレブ感を味わえるのです。





サラリーマン。







閑話休題。






さて、前回お伝え致しました









スピードコンプのマウント固定方法。




まだ実践致しておりませんが、もしかしたらタナカ ペガサスリボルバーを使用したレースガン製作に


革命を起こすかも知れません。







皆様、レースガンの定義って何なのでしょうか?



グルーピング?トリガープル?速射性?




butchは、











「マウントが付いてる事だと思います。」




「コンペンセーター」ですか。「マグナホール」ですか。そうですか。






リコイルが無い「ペガサスリボルバー」には、「コンプ」や「マグナホール」は必要無いのです。



ロマンでしかないのです。





「偉い人には、そ」












...スピードコンプは元々有るからよいのです。
そんな事はどうでもよろしい。






レースガンの定義、それは「フレームトップにマウントが付いてる事。」

言い切っても良いと思うのです。思うのです。
※butchの個人的な主観でございます。






しかしですね、マウントの取り付け。難しいのです(´Д` )




「フレームトップに20mmレールを接着固定。」

butch的に、再度完全分解出来ないカスタムは論外です。





「フレームトップにタップを切り、ネジでの固定。」

フレームABS、ネジ金属。
メスネジが、すぐにバカになることでしょう。
強固な固定とは言えないのではないでしょうか?




苦節数週間。やっと思いつきました。






それはこれ。




1.5mm×6mm×23mmの金属片。


これが「スピードコンプ 5inch DOB C90」マウント固定のキモ。


になるはず。なって欲しい。なって下さい(´Д` )









タナカペガサスリボルバーには「バレルハウジング」を取り外す為の溝が必ずございます。
※画像ではバレルハウジング後部にアルミ片をはめ込んでおります。
※※無いモデルも有るかも知れませんが、今回は無視して下さい。



この部分、「リアル派」の方々には我慢致しかねる部分だと思います。
butchもあまり好きではございませんが、今回の「マウント固定」には


絶対必要なのです!!!





(追記)

すみません...Jフレームに溝はございませんでした(´Д` )





今回のマウント固定方法。

コンセプトは共締めなのです!!!







「マウント(金属)とぉぉおぉぉぇぉぇぉおおぉ!!!」




「1.5mm×6mm×23mmの金属片でででぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!













「共締めぇぇぇえええするのだぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあああぃぃぃ!!!!!」



















「うりぃぃぃぃぃ!!!。」















読者さま 「そんなにマウントが必要なら、」



「M327で良いのでは?」










(^ω^;)









俺、Kフレニストだから...






続く。




















  

Posted by butch at 19:19Comments(2)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年05月09日

俺のスピードコンプ。遂にマウント固定方法を思いついた!

こんばんは♪butchです(^ω^)






ペガサスの神様が、遂に降りてきた。









「これで固定出来る筈。」














こんな高度な加工、素人の私に可能なのだろうか?
  

Posted by butch at 20:20Comments(0)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年04月21日

俺のスピードコンプ、その7。「やっぱ、デホーンドっしょ。」

こんばんは♪butchです(^ω^)


さて、先日


「もう飽きてきちゃった(´Д` )」

と申し上げた「スピードコンプ5inch(実は4.92inch)DOB C90」。







「やっぱり、面白いわ(^ω^)」



と言うわけで、









デホーンドに*\(^o^)/*











何故だろう...
デホーンドハンマーにするだけで、こんなにも好きになってしまう。




例えば...

普段眼鏡をかけていた女子が夏休み明け、コンタクトに変えていた時の様なときめき。


「あいつ、あんなにポテンシャルが高かったんだ(´Д` )」




「イモムシが蝶になったよ。」




何か、そう言った甘酸っぱい想ひで。







まあだいたいですね、女子にそう言った変化が有った場合、

何かしら身体的な変化が有った訳ですよ(´Д` )



不順異性交遊ですよ*\(^o^)/*


髪の毛の色も茶髪になっていくわけですよ。
ピアスの穴もどんどん増えていくわけですよ。
軟骨部分にもピアスしちゃうわけですよ。
スカートも短かくなるわけですよ。








ちょっと最近の女子高生、スカート短過ぎませんか!?




「おい!短過ぎるだろ!!?」


あれって、どう言う事なのですか?
内にショートパンツ等を履いているんです...よね?



もはや、スカートとしての意味を成さ無い短さですよ!!?
カバーする面積が少な過ぎる。覆い隠せ無いでしょ?





まだまだ肌寒い「春」なのです。
butchは未だに「ヒートテック」着用です。



高血圧、冷え性のおっさんです(^ω^)

























後、ディティントボールも。






続く。














  

Posted by butch at 01:54Comments(0)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年04月18日

俺のスピードコンプ、その6。

こんにちは♪butchです(^ω^)






さて、「俺のスピードコンプDOB」ですが














どうだっ!!!











コクサイ製金属マウントを、タナカ M10フレームトップのラインにフィットする様に



「削りましたよ(^ω^)」


「ヤスリも作りましたよ(^ω^)」













ナイスフィッティング(^ω^)




「3日間、3日間削り倒したのです。」




もう、二度とやらねぇ。









一応、ちり取りサムピースも。





マウントは両面テープで固定しているだけなのです。




さて、ここからが本題。





いかにマウントを固定するか?




これが一番の難題なのです(´Д` )




続く。



  

Posted by butch at 12:56Comments(2)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年04月12日

俺のスピードコンプ、その5

こんにちは♪butchです(^ω^)




いやぁ、花冷えですね。
職場の事務所にて仮眠をとったところ、



風邪をひく。



何故、おっさんになると風邪をひきやすくなってしまうのか...
嫌ですねぇ(´Д` )


しかしながら、「おっさん」とは楽しい生き物なのです(^ω^)










閑話休題。














さて、先日から大騒ぎ致しております「スピードコンプDOB」。

無事に「DOB化」が完成!!!

※DOBとは?「デタッチャブル アウターバレル」の略。
タナカ S&W M13の様にアウターバレルがフレームに接着固定され、完全分解が行えないペガサスリボルバーを
分解可能な様に加工調整する事。








新型DOB基部の取り付けも無事に完了(^ω^)




そりゃあ、もう、感無量ですよ*\(^o^)/*





完成はしたものの、どうしても納得出来ない部分が...
華麗にスルーしようと考えていたのですが...


「やっぱり無理だわ。ここはスルーできないわ(´Д` )」





それはこの部分。









この「コンプ部分」の内側。











マズルフェイスなのです。


ご覧いただければお解りの様に、ただの「穴」なのです(´Д` )
ライフリングも何もございません。




(´Д` )









これは萎えるわ...




続く。




  

Posted by butch at 13:11Comments(0)タナカ M10 SCDOB 5inch

2016年04月09日

俺のスピードコンプ、再起動。

こんにちは♪butchです(^ω^)











空を覆っていた厚い雲も、やがて風と共に去り、

空のキャンバスも、やがて朝日に染まるのです。

















コクサイ スピードコンプアウターバレル。

DOB化最大難易度だと言い切っても良いと思います。




一度は本当に諦めました。


「これは俺には無理だ」、と。










しかし、しかしです。






一滴の水が、岩を穿つ事さえ可能な世界なのです。















やるんなら、とことん失敗してやろう。
ABSの粉になる迄、失敗し続けてやろう。























そして、































一つの山を越えました。




続く。

  

Posted by butch at 14:43Comments(4)タナカ M10 SCDOB 5inch