2016年01月21日

タナカ S&W 超M36 3inch、ベースが完成。

こんばんは♪butchです。





最近仕事が立て込んでおり、なかなか「ペガサスいじり」を行えません。



「ストレスが溜まっております。」



やらなければならない事は沢山ございますが、取り敢えずブログの更新です。










さて、先日からお伝え致しております、「スムーストリガー」。

前持って申し上げておきますが、



「これだけでは、劇的には変化しません。」



クリーニング、オイルアップ等、基本的なメンテナンスをしっかり行った上で、効力を発揮致します。
※もちろんアクション向上の為の「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン」フル装備でございます。


あと、ハンマースプリングのテンションを下げておりますので、もちろん初速は下がります。


今回のカスタムは「一つの例」としてお考え下さい。



「カスタムしてみよう。」と思われた方。予備のスプリングを用意してから行われた方が賢明です。

高確率で失敗します。

※もちろんですが、カスタムは自己責任にてお願い申し上げます。









本題にまいります。

「STシステム」として、今回新たに追加したカスタム部分は、この2点。







デュアルハンマースプリング+スプリング捻れ軽減ベアリング。
トリガーリバウンドスプリングの加工+スプリング捻れ軽減ベアリング。



これだけです(^ω^)



電動ガンの内部カスタムでは、かなりメジャーなカスタムだと思います。
圧縮によるスプリングの捻れや歪みを軽減し、スムースにピストンを動作させる為のカスタムなのです。

電動ガンのトリガーはスイッチでしかございませんので、ピストンスプリングの歪みはトリガープルには影響し無いのですが、
タナカ ペガサスリボルバーの場合、実銃に近い内部構成なので、スプリングの捻れや歪みがトリガープルに直接影響致します。


様な気がします。



私の場合、過剰にアクションこだわっているだけなのですが(;´Д`A






現状のカスタム内容は

○天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン。
○ペガサス病対策加工調整。
○STシステム。
○東京マルイ製Vホップパッキン。
○アクション調整。




それくらいです。




そして、初速を計測してみました。


東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g、東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを約2秒程注入。
32度の恒温庫に20分間安置後、18度の室内にてXCORTECH X3200を使用し計測。

※ペガサス病対策パッキン使用により、ガス注入時間を1秒延長可能になりました。
Kフレームのガス適正注入量と同じ位です。





















初速を維持しつつ、更なるアクション調整が可能になりました。





ただ、このM36 3inch、近々2inchになりますけど(^ω^)

  

2016年01月19日

「STシステム」とは、なんぞや?

こんばんは♫butchです。






寒すぎるでしょ。





butchは大阪在住なのですが、「大阪って、こんなに寒かったっけ?」




漬け物用の大根を干そう...。













さて、先日より一人で大騒ぎしている「STトリガーシステム」。



まず、それに至る迄の過程のお話を少々。










タナカ S&W Jフレームが面白い。




これはですね、何故かと申しますと、


「調整幅が狭い。面倒くさい。」



ここです。

調整幅が狭いから、面倒くさいから。

この「面倒くさい」が、非常に面白い訳でございます。






タナカ S&Wリボルバーシリーズ(ペガサスに関して)の内で、Jフレームシリーズは異色の存在なのです。




なぜか?



理由は一つ。



「ハンマースプリングのテンションが唯一固定。」






読者さま 「ハンマースプリング、カットすればよいだけじゃん。」






その通り。
間違いなく正解です。




ただ、「初速」は大きく犠牲になってしまいます。
失敗した場合のリカバリーも不可能です。
※今回は話の流れ上、言い切ってしまいますが、不可能ではございません。





それではハンマースプリングをカットしたと致しましょう。


「それだけでは大して軽くはなりません。」




ハンマースプリングよりも、トリガープルに悪影響を与える要素が、あと二箇所ございます。


以前申し上げた「シリンダーの回転不良」。




そして「トリガーリターンスプリング、異様な程の高テンション。」




では、シリンダー内部マガジンもオミットし、トリガーリターンスプリングも適度にカットしたと致しましょう。





確かに「トリガープル」は軽減されます。軽くはなります。





ただ、KフレームやNフレームには無い、Jフレーム独特の



「トリガープルの雑味」は解消されません。




この「トリガープルの雑味」。Jフレーム独自のものです。
構成上、仕方の無い「雑味」なのです。



何故なら、S&Wリボルバーシリーズの内で「ハンマースプリング」が唯一「押しバネ」だからなのです。
K、N、Xフレーム、全てハンマースプリングは板バネでございます。







ここ迄言えば、お察しの事でしょう。




Jフレームシリーズ、トリガーチューンの肝は




「スプリング圧縮時に起こる、歪みをどう抑えるか。」



なのです。




調整部は他にも多々ございますが、かなり難しいので、今回は割愛致します。
※当シリーズ以上の調整は、個体差に合わせた調整が必要です。











「STトリガー」公開迄、あと数日!!!


タナカ ペガサスJフレーム トリガーチューンの夜明けは近いぜよ。



















  

2016年01月16日

超タナカ S&W M36 3inch 完成!

おはようございます♫butchです。











さて、先日からお送り致しております「タナカ ペガサスリボルバー S&W M36 3inch」でございますが、





遂に完成。




以外とあっさり完成しました。


今回の主なチューンメニューは、


「アクションのスムース化(トリガープルの軽減)」


「天使の輪っかセットver.1withペガサス病対策パッキン」の真価を計る」事だったのですが、



























どちらも、ヤバいですよ。




「天使の輪っかセットver.1withペガサス病対策パッキン」は素晴らしい真価を発揮致しておりますし、
アクション調整も、新たなシステムを盛り込みました。



その名も、



「ST(スムーストリガー)システム」!!!





これがですね、凄いんですよ^^



私個人的には、「超満足」なのです!!!



今後製作予定の






スマイソン 4inch ラウンドバットHWや、






ペガサスシステム スピードコンプ 5inch DOB 1/1000(予定)にも組み込み予定!!!







超、たのしみです^^





「STシステム」については、ipadの復旧する(予定の)、1月20日以降に公開予定!!!

もうしばらく、お待ち下され!!!











あとはですね、SMOLT 2inch、製作致します。



個人的には、このSMOLT 2inchが一番楽しみなのです。



「素晴らしく、くだらないのです。」


















前もって、予防線を張っておきます。




















「真面目な方、怒らないで下さい。」








(追記)

スマイソン 4inch HWを2丁、スマイソン 2.5inch HWを1丁、smolt 2inchを1丁製作予定。


みるみる内に膨れ上がってまいりました^^;


どうしよう...






  

2016年01月12日

タナカ S&W M36 3inch(ペ対策+more) その三。

おはようございます♫流浪のサラリーマン、butchです。


体調悪いわ、年始からハードだわ、

まさに馬車馬です^^;



憩いのひととき、ブログ更新のお時間でございます。










さて、先日からお送り致しております「タナカ S&W M36 3inch(ペ対策+more)。




今回から実践編!

Jフレームアクション調整、最大の難関。


トリガープルの軽減化!!!



アクション(トリガープル)が重い原因は主に



1.ハンマースプリングのテンション調整が出来ない(固定)。

2.リバウンドスライドスプリングのテンションが強烈。

3.シリンダーの回転が重い。と言うか、固い。



この三点が原因なのですが、今回一番重要な調整を公開致します!!!








3.シリンダーの回転が重い。と言うか、固い。


改善したいと思います。





Jフレームのアクション調整、この部分の改善が全てと申し上げても過言ではございません。

フレームサイズに関わらず、タナカペガサスリボルバーのトリガーチューンにおいて、
この部分の改善ほど、重要な部分はございません。








簡単に申し上げますと、


内部マガジン機能をオミットして下さい。



これです。




しかし、内部マガジンのオミットだけで全てが改善する訳ではございません。
前回申し上げました様に、多数カ所を少しづつ調整し、目指すアクションに近づける。




そう、それが


butchのスタイル。











...少し便意を催して来ましたので、次回に続きます。





 (追記)

フレームサイズに関わらず、「内部マガジンのオミット」は、ある不具合を引き起こします。
その「不具合への対策」がキモなのです。


あと、カスタムは自己責任でおこなって下さい。

これ、大事です。



  

2016年01月11日

タナカ S&W M36 3inch(ペ対策+more) そのニ。

こんばんは♫butchです。














今回から当分、新しい画像はございません。

画像を撮り貯めていた、愛用のipadが言う事を聴かなくなってしまいました。



諸行無常。






自己鍛錬も兼ねて、文章のみの更新でも良いかなあ、なんて考えておりますが。








閑話休題。











「タナカペガサスリボルバー butch的Jフレーム改修」でございますが、


進展がございました。



タナカペガサス Jフレームシリーズに関して、私が最も不満に感じていた部分。



『アクション全般が重い、固い、小気味よさが無い。』

※あくまでもペガサスに取り憑かれている、butchの主観です。本当の意味でのペガサス病です。




原因は主に三点。


1.ハンマースプリングのテンション調整が出来ない(固定)。

2.リバウンドスライドスプリングのテンションが強烈。

3.シリンダーの回転が重い。と言うか、固い。





この「三箇所」の問題点。私が最も重要視している「トリガープル」に、多大な悪影響を及ぼします。
※実銃のトリガープル(アクション)がどうかなんて事は、butchは知りません。
あくまでも「ペガサスリボルバー」に関するお話です。




主に前述の三点が問題なのですが、1、2番に関してはそこ迄深刻な問題ではございません。

深刻と言えば深刻なのですが、いざとなれば「スプリングをカットすれば良い」のです。







...とは言ったものの、「スプリング調整」に関しても、そこまで簡単ではございません。



なぜかと申しますと、Jフレームシリーズは、


「非常に調整幅が狭い」のです。





特に「リバウンドスライドスプリング」。
四分の一巻きカットし過ぎただけで、トリガーが戻らなくなってしまったりします。

こうなってしまったら、もうお手上げです。

全てのチューンに言える事ですが、一箇所の調整で問題の全てを解決出来る事は、



まずございません。



複合的に絡まった要素を分解し、再構築しなければ問題は解決致しません。



これは私のイメージなのですが、目標迄の一番の近道は、
全ての部分を1つづつ調整し、最終的に10の調整を行なう方法です。

1つづつは簡単な調整でも、それが10箇所重なれば、多大な効果を発揮致します。




昔の人は、良い言葉を残しています。




「急がば廻れ。」



まさにこれです。





さて、次回からは「実践編」。


乞うご期待!!!(やっぱり、画像が無いのは辛いのです^^;)


























  

2016年01月06日

タナカ S&W M36 3inch(ペ対策+more)

こんばんは♫butchです^^


さて、今回からお送り致します「短期集中連載」。






その名も、「ぺ対策+more」。

※タナカ S&W M36 3inch(Jフレームシリーズ共通)ペガサス病対策と、その他諸々。の略。




今回のカスタム対象はこちら。






タナカ S&W M36 3inch。ABSモデルです。





butchはペガサスリボルバーを、サバイバルゲームや、シューティング等のアクティブシーンには使用しておりません。

「こうすれば、もっと素晴らしいリボルバータイプのエアガンになるのにな...」

と言う観点で、カスタムやチューンを施しております。
(おこなうとすれば、5mや10mのグルーピング計測くらいでしょうか。)


ただ、一つ願う事は、「気持ちよく撃ちたい。」


それだけです。
(もちろんですが、現行銃刀法に定められた範囲内。まずそれが大前提です。)



先ず「アクション」の改良。私にとって、一番重要なチューン部分。
主にトリガーチューンになるのですが、やはり、

「軽く、滑らかにトリガーを引きたい。」




タナカ S&Wペガサスリボルバーにおいて、トリガープルは良くも悪くも、全てに影響します。

簡略に説明致しますと、タナカ S&Wペガサスリボルバーにおいて、トリガープルを軽く調整すると、
初速が下がります。



トリガープルを軽くする=ハンマースプリングのテンションを下げる=バルブノッカー打撃力が下がる=ガス放出量が低くなる。
ガス放出量が下がれば、もちろん初速が下がります。

それはそれで良いのです。
ガス放出量は、上げれば良いと言うものではございません。
ガス放出量が下がれば下がる程、燃費や初速安定度は高くなります。

ガスタンク内の圧力変化が少なくなるからです。
ガスタンク内の圧力変化が少なくなると言う事は、ガスガンの弱点である、冷えにも強くなります。
※気温が低い季節等はどうにもなりませんが...



しかし、弊害も起こります。
極端な例ですが、



「ペガサス病」です。


トリガープルを軽くする=ハンマースプリングのテンションを下げる=バルブノッカー打撃力が下がる=ガス放出量が低くなる。


この、「バルブノッカー打撃力が下がる」と言う部分が重要なのです。
ペガサス病対策加工において、一番重要な部分です。



現在は「ペガサス病対策パッキン」がございますが、

これは、「ペガサス病対策において、現実的な対応策では無い。」のです。




※画像にある、左端の黒いパッキン。




この「ペガサス病対策パッキン」、非常に効きます。
おそらくですが、「ペガサス病対策」において、決定打になると思います。


では、なぜ「現実的な対策」ではないのか?




















この1.5mm×1.5mmのニトリルゴム製NBR90パッキン。
一つ、1500円します。



大切な事なので、もう一度言います。







この左端の黒い1.5mm×1.5mmのニトリルゴム製NBR90パッキン。


一つで1500 円します。




1.5mm×1.5mmのニトリルゴム製パッキンが


一つ1500円もするんです。


冗談ではございません。事実です。


この1.5mm×1.5mmのサイズは規格サイズらしいのですが、NBR90と言う硬度が特注扱いになるのです。

※数値が高ければ高い程、硬度の高いパッキンになります。要するに固いのです。
ペガサス病の原因の一つに、ガスタンク内壁へのパッキン張り付きがございますが、
NBR90パッキンは固い為に、ガスタンク内壁への張り付きが起こりにくくなるのです(純正パッキンはニトリルゴム製NBR70)。



特注品なので、市販はされておりません(多分...)。
欲しければ、作るしかございません。

機械加工出来る方であれば、もしかすると製作も可能かも知れませんが、
元来、ペガサスリボルバーで一番ガス漏れし易い部分のシールパッキン。
完璧な精度を求められます。

手作りは不可能。

となれば、専門の業者に依頼するしか無いのですが、
プロに製作依頼となると「製造最低ロット」が発生致します。



考えてみて下さい。


最低ロットが「10」だとしても、最低「15000円」掛かります。
...10個でプロの業者が引き受けてくれますか?
作業効率等を考えると、当たり前の事です。
※納期も長く最低一月〜一月半。


その他の部分のパッキンも特注なので、もちろん高いです。

が、


「天使の輪っか負債」、最大の元凶はこれです。


領収書を見た時、本当に吐き気を催しましたね...






この、







「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン」、売るとしたら、


6000円位ですかねwww




笑えません。






売れる訳が無い。
私なら買わない。買う訳が無い。

しかも、分解、組み込み、調整、組み立てのスキルが最低限必要。



そこ迄行なえる方であれば、すでに対策している事でしょう。







閑話休題。






話が逸れましたが、そう言う事です。
「ペガサス病対策パッキン」を使わず、ペガサス病対策を行なうしかございません。

では、どうすれば良いのか?

公表は致しません。


以前から申し上げている様に、「ペガサス病対策加工」は初速に影響致します。
銃刀法に抵触する可能性がある、「初速に影響を及ぼす加工」でございますので、安易に公表する事は出来ません。

しかも加工自体は簡単なのですが、かなりシビアな加工です。
ほんの少し数値が狂えば、ガスがダダ漏れになります。


一旦そうなってしまうと、修復は不可能です。






一つ、「ペガサス病対策加工」のヒントです。

考え方を変えて下さい。

バルブノッカーをどう強く叩くのかでは無く、どうスムーズに叩くのかを考えてみて下さい。
おのずと答えは見えてくる筈です。




さて、前置きが長くなりましたが、次回から「実践編」。


全てを公表する事は致しませんが、



公表出来る部分は公表致しますよ〜




乞うご期待!!!