2016年04月01日

俺のM36。

こんにちは♪butchです(^ω^)

今日は早起きして、調整致しておりました!






そして、遂に完成。








「butchの、butchによる、butchの為のM36。」











「タナカ S&W M36HW 3inch、


「コンセプト90!!!」












格好良い。(・_・;
M10 4inchみたい...




そう、目指した所はまさにそれ。






あの「M10 4inch」のスカスカした感じを、M36で再現したかったのです(^ω^)
こう、何と言いますか、光が透ける感じと言いますか、リジット感と言いますか。



「コンバットスマイソン」の様にみっちり詰まった感じも好みなのですが、
やっぱり、オールドなリボルバーにしか無い「スカスカ感」...


とてもとても好ましいのです。



好きなのです。






さて、今回のカスタムの目玉でもある




「デホーンドハンマー。」









大好きなのです(^ω^)








ただ、M36のハンマーを使用し加工をおこないますと、ハンマーノーズが収まるくぼみ部分が意外と深く、
確実に穴が空きます。



ボブドハンマーと言うのでしょうか?
少しハンマースパー基部を残した形になってしまいます。









「でも、それじゃあ嫌なんですよ。」






つるんとしてなきゃ、嫌なんですよ。



そう言った理由により、M38のハンマーを加工致しました。

よって、







「ハンマーノーズはございません(^ω^)」


微々たる事なのです。


あの「つるん」とした美しさに比べれば...。







そして、今回のカスタムの目玉でもある、





「S&W純正 Jフレームオーバーサイズ スクエアグリップ」!







レアでしょ?

左右のパネルが違いますけど...



「そんな事、問題ではない。」


微々たる事なのです。







この纏まりの有る「バックストラップ周り」。




素敵だ(・_・;






本当に作りたかった形で、M36を完成させる事が出来ました(^ω^)
もう、Jフレームは十二分に満足なのです。





※デホーンドした事により懸念された「初速低下」。






発生致しませんでした♪


「ホッ(^ω^)」













  

2016年03月23日

ぼくのちーふすぺしある。

こんにちは。ぶっちです。



ぼくはすみすあんどうえつそんのけーふれーむりぼるばーがすきです。
かっこいいとおもうからです。














ぼくはでほーんどはんまーがすきです。
かっこいいとおもうからです。



でもちーふすぺしあるのはんまーをてほーんどするとおおきなあながあきます。








あながあくのはいやなことだとおもいました。
ぼでいがーどのはんまーをつかいました。

あなはあきませんでした。
とてもうれしいことだとおもいました。











ぼくはでほーんどはんまーがすきです。
かっこいいとおもうからです。





  

2016年03月23日

こんな「M36」が作りたかったのです。

こんばんは♪butchです(^ω^)








皆さん、それぞれ好きな「S&W M36」があると思うのです。
2inchが好きだったり、3inchが好きだったり、ラウンドバットが好きだったり、スクエアバットが好きだったり。








先日から制作いたしております、「M36 3inch HW コンセプト90」。
内部カスタムが完了(NBR90°パッキン、ガス漏れなし!)し、外装カスタムに着手致しております。





こんな「M36」が作りたかったんや。









タナカ S&W M36 3inch HW コンセプト90、制作快調!

  

2016年03月22日

「ペガサス病対策加工調整」と「ペガサス病対策パッキンNBR90°ver.1.1」の初速計測結果。

こんばんは♪butchです(^ω^)












先日より制作致しておりました「コンバットスマイソンHW DOB」&「M36 3inch HW コンセプト90」の
初速計測結果でございます(^ω^)





その前に☆




そろそろ皆さん、飽きてきていませんか?




現状の「俺、Kフレニスト。」に。



NBR90°やら、ペガサス病対策加工調整やら...



「訳わからんわ。」



そうだと思います。








やってる本人は面白い。 butch談。



と言うわけで、このまま続きますのです。




閑話休題。




さて、先ずは「コンバットスマイソンHW DOB」の初速計測結果でございます。





施している内部カスタム内容なのですが、

○ペガサス病対策加工調整
○天使の輪っかセットver.1を使用
○アクション調整
○ストレインスクリューの短縮化
○タナカ純正コンバットパイソン用インナーバレルを加工して使用(純正バレルよりも5mm短縮)。
○ホップパッキンを東京マルイ製Vホップパッキンに交換。








内部チューンを行う方にはお解りになると思いますが、
ハンマースプリングのテンションは、思いっきり下げております。


どれ位かと申しますと、ギリギリでハンマーが「パチン」と落ちる位です。
これ以上軽くしますと、ハンマーが「フワッ」と落ちて、非常に気持ち悪いのです。

本当にギリギリのセッティングなのです。





それでは結果の前に、使用した機材や、環境のご説明を。
(いつもと同じですが。)


東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(2秒弱注入)
~37°の恒温庫に20分間安置後、17°の室内にて計測。

計測にはXCORTECK X3200を使用。




※画像撮影の為、発射後、次弾発射迄に5~10秒程のインターバルがございます。
























まだまだ改良の余地はございます。
だって、ほとんどいじって無いんだもの。


現状には「大満足」です。
微妙にKフレーム3inchモデルの「初速上限」である「82m/s」を超えておりますし。


「更なるアクション調整」を施すだけの余裕がございます。




※※大事な事なので申し上げておきます。

「純正未加工のストレインスクリュー」を使用して強く締め込めば、初速が上がり過ぎて危険なのでは無いか?
そう考える読者様もおられると思いますので、ご説明をさせていただきます。


ストレインスクリュー締め込みによる、現状以上の初速上昇はございません。

と言いますか、出来ません。

「現状以上にハンマースプリングのテンションが上がると、

ガス一発噴き出し銃化致します。」






butchのチューニングは基本的に全て、
ハンマースプリングのテンションに合わせてセッティング致しております。

そういった訳でございますので、「ストレインスクリュー締め込みによる、初速調整、アクション調整」は行えません。
一から十迄、全てのパーツを調整し直しておりますので、パーツを簡単に交換する事も出来ません。













全てはトリガープル軽減の為。















それがチューニングってもんです。




※butchはただのサラリーマンです(ー ー;)




















それが、チューニングってもんです。











































つづ








おっととっと、忘れてませんか?




本日の本題!!!






M36 3inch HW コンセプト90の事!!!







こんな感じのセッティングなのです。



内部チューン内容ですが、


○ペガサス病対策加工調整
○天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90°ver1.1
○STシステム
○デュアルハンマースプリング
○M36 3inch用 TNバレル
○東京マルイ製Vホップパッキン
○その他諸々





これは自慢なのですが、

「こいつのトリガープルは、想像以上に軽いですよ...(^ω^)」

butch、余裕の微笑みです。

コンバットスマイソン同様、ハンマーがギリギリで「パチン」と落ちる位。
これ以上は無理。って、言う位なのです。


後、もう一つ自慢なのですが、


M36 3inch HWって、なかなか手に入らないんだからwww










ゴホン。心の叫びでした。







それでは結果の前に、使用した機材や、環境のご説明を。
(前回と同じですが。)


東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(2秒注入)
~37°の恒温庫に25分間安置後、17°の室内にて計測。

計測にはXCORTECK X3200を使用。




※画像撮影の為、発射後、次弾発射迄に5~10秒程のインターバルがございます。


※※タナカ Jフレームシリーズのガス適性注入量は1秒弱なのですが、
今回はあえて「ペガサス病」が発生し易い様に、倍の2秒間注入致しました。
恒温個への安置時間も、同様の理由で、Kフレームシリーズよりも5分間長く致しました。





それではどうぞっ!!!























これが「NBR90°パッキン」の効果です。


上限が上がる。













まぁ、TNバレルも使用してますけど(ー ー;)


Jフレーム 2inchや3inchモデルには有効です。NBR90°パッキンは。












だがしかし、




「今のままのコンセプト90なら、私は要らない。」








ここからが「本題」なのです。













外装カスタムするのです!!!



初速は多少犠牲になるかもしれない。


そんな事、問題では無い。







butch、チューニングの信条。

「一にアクション、二に見た目、三四が集弾性、五に初速。」



問題では無い。






続く。
  

2016年03月21日

3月21日の記事

再びbutchです(^ω^)


まだ内部チューンの微調整や、外装カスタムが残っているのですが、
とりあえずの完成!!!















フルカスタムなのです。