2016年06月21日

タナカ S&W M13HW DOB C90A0.5

こんばんは♪butchです(^ω^)











「ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」を組込んだ「コンセプト90」。












タイトフィッティングである「コンセプト90」を、更にタイトに組込み上げ、
「タナカ ペガサスリボルバー Kフレーム3inchモデル」の初速上限を、~90m/s迄に到達させた「アドバンスド90」。





しかし、









「ピーキー過ぎた。」



「~90m/s」は無理があった。


初速変化が大きく、安定度が下がった上に、外的要因にて、逐一初速が変化してしまう(下降)。









「コンセプト90」、「アドバンスド90」での経験を踏まえ、新たなるチューニングが



完成。







それが「コンセプト90 アドバンスド0.5」。










「コンセプト90」より、「半歩進んだチューニング」と言う位置ずけなのです(^ω^)







そして完成した、










「タナカ ペガサスリボルバー S&W M13 3inch HW DOB C90A0.5」。




半歩下がりました(^ω^)




















「デタッチャブル アウターバレル」。

アウターバレル根元に有る「芋ネジ」を外し、アウターバレルを反時計回りに回す事により、
タナカ フィクスドKフレームでは不可能だった「完全分解」が可能。




DOB動画。呪いのビデオではございません。

https://m.youtube.com/watch?v=o2cklIpG-1Q










そして、形状変更をおこなった「タナカ純正 コンバットグリップ」。









butchは意外と器用だったのです。







そして、恒例の初速計測。



東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g BB弾
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a使用(2秒弱注入)。

~29度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測。
※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。



ちなみに「C90」での計測結果なのですが、こちらをご覧下さい。

http://butch.militaryblog.jp/e775469.html



さて、今回新たに再調整致しました「コンセプト90 アドバンスド0.5」の結果でございます(^ω^)























少しのびました(^ω^)



ちなみに「ハンマースプリング」の締め込み具合はこれ位です。




解る方には解る「このユルさ」。
ストレインスクリューは短縮化致しております。





そして「最高初速計測」。




東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g BB弾
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a使用(2秒弱注入)。

※~38°の恒温庫に10分間安置後、~29度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測。
※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。






















ストレインスクリューの締め込み具合は、もちろん上記の物と同じでございます。







タナカ M13 3inchでは、これが限界のチューニングなのではないか?






シリンダーのチューニングはこれにて完成だと思います(^ω^)

これ以上の初速や、タイトさは必要無い。と感じます。






「カスタム内容」


◯元来接着固定されている「アウターバレル」をDOB化。再度分解可能な様に、加工調整。
※アウターバレル根元に有る「芋ネジ」を外し、アウターバレルを反時計回りに回すと分解可能。

◯ペガサス病対策加工調整。

◯各部パッキンを「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」に交換。

◯コンセプト90アドバンスド0.5(C90A0.5)化。

◯初速調整。

◯ストレインスクリュー短縮化。

◯アクション調整。

◯インナーバレルをM36 3inch用 TNバレルに交換。

◯ホップパッキンを東京マルイ製 Vホップパッキンに交換。

◯ホップ突き出し量調整。

◯タナカ純正 木製コンバットグリップを加工。

◯その他諸々。











やっとたどり着いた。





あとは、





「スピードコンプ 5inchDOB C90A0.5」や、







「M10 4inch HW DOB C90A0.5+M327」を完成させ、







グルーピングを計測するのみ!!!









完成の時は近し。













そして現在、

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c559028805

オークション出品中なのです(;´Д`A

大変恐縮ではございますが、どうかよろしくお願い申し上げます(>人<;)






  

2016年06月17日

「アドバンスド90」、完成したのですが...。あっ、M13 HW DOB C90完成です。

こんばんは♪butchです(^ω^)



首、腰椎共に上々のコンディションであります(^o^)/



「文明の利器、湿布。」








閑話休題。





さて、先日から大騒ぎしている「アドバンスド90(A90)」。


そもそも、「コンセプト90」と言う名前には、2つの「意味合い」がございます。





まず、「ペガサス病対策パッキンNBR90°ver1.1」を組込み、
より「ペガサス病」が発生しにくい状態にする事。
※「ペガサス病」については、各々ググってみて下さい。



そして、今迄明かしてこなかった、もう一つの意味合い。




それは、






タナカ ペガサスリボルバー S&W M13 3inchの初速上限を


~90m/s迄上げる、と言う事。




そして、「コンセプト90」で成し得なかった「~90m/s」を成し得たチューニングが

「アドバンスド90」だったのです。






だったのです(; ̄ェ ̄)

もはや「過去形」なのです。





何故かと申しますと、




「アドバンスド90」には、致命的な欠点が有るのです(; ̄ェ ̄)







まずは、こちらの画像をご覧下さい。








※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a使用(2秒弱注入)。

~37°の恒温庫に10分間安置後、~28°の室内にて計測。




これが初弾です。










二発目。


「おおっ!!!すごい安定度(^o^)/」




なんて思いましたが、









「ガクッと下がる。」





いくら試しても、同様の結果に。
(ガンパワーHFC134aを半分程消費。オゾン層、すまない(;´Д`A)





「アドバンスド90」は、タイトチューニングである「コンセプト90」を、
ギリッギリのカリッカリ迄、さらにタイトに組込んでいるのですが、



「タイト過ぎた。」




要するに「タイト過ぎて」安定しないのです(;´Д`A



どれ位タイトかと申しますと、もちろん「シングルアクション」と「ダブルアクション」では初速が変化しますし、
スパッとトリガーを引くか、ゆっくりトリガーを引くかの違いだけでも初速が変化してしまうのです。












「ピーキー過ぎた。」






先日「アドバンスド90化」致しました






「スマイソン風味」や






「M327 ver.ひつじ」ではコントロール出来る部分なのですが、


Kフレームシリーズでは無理。












「ガスタンクが小さ過ぎた。」







要するに、そう言う事なのです。

ガスタンクの大きな「パイソンシリーズ」や、Nフレームである「M327シリーズ」は
Kフレームに比べ、「ガスタンク容量が大きい」為、ガス放出による「ガスタンク内圧変化」の許容範囲が大きいのです。






要するに、

「Kフレーム3inchシリーズでの~90m/sは」









「不可能では無いが、無理がある。」













安定していなければ意味がない。










と言う訳なのです。








閑話休題。









と言う事で、























タナカ S&W M13 HW DOB コンセプト90、完成です(^ω^)















DOBです。

デタッチャブルアウターバレルです。


分解可能なのです。






※久々のDOB動画。

https://m.youtube.com/watch?v=o2cklIpG-1Q


呪いのビデオではございません(^ω^)





今回は、「木グリ」の形状変更をおこなってみました。








アンビサムピースです(^ω^)





以外な器用さを発揮。

仕上げはニスの4度塗り、ポリッシュ。














さて、恒例の「初速計測」。



東京マルイ製0.2g ベアリング研磨
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを二秒弱注入後、
~28度の室内にてXCORTECK X3200を使用し計測。


※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。






※ストレインスクリューの締め込み具合はこれ位。
かなり緩いのです(^ω^)























うん、安定。




そして恒例の「最高初速計測」。



東京マルイ製0.2g ベアリング研磨
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを二秒弱注入。

~37°の恒温庫にて10分間安置後、~28度の室内にてXCORTECK X3200を使用し計測。


※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。

























安定させるとなると、「Kフレーム3inch」の初速上限は、この位の数値になるのかな、っと。








「Kフレームチューニング」において、得るところの大きかった、

「アドバンスド90」なのでした(^ω^)







「カスタム内容」


◯元来接着固定されている「アウターバレル」をDOB化。再度分解可能な様に、加工調整。
※アウターバレル根元に有る「芋ネジ」を外し、アウターバレルを反時計回りに回すと分解可能。

◯ペガサス病対策加工調整。

◯各部パッキンを「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」に交換。

◯コンセプト90化。

◯初速調整。

◯ストレインスクリュー短縮化。

◯アクション調整。

◯インナーバレルをM36 3inch用 TNバレルに交換。

◯ホップパッキンを東京マルイ製 Vホップパッキンに交換。

◯ホップ突き出し量調整。

◯タナカ純正 木製コンバットグリップを加工。

◯その他諸々。







フゥ(;´Д`A。










































  

2016年05月27日

俺のKフレーム。

おはようございます(; ̄ェ ̄)butchです。






「朝ぼらけ」で画像撮影。

この時間に撮影すると、なんとも言え無い「雰囲気」の有る画像が撮影出来るのです。



そんな気がするのです。








久々に製作しております「タナカ M13HW DOB C90」。

外装の加工が完了し、カスタム致しました「タナカ純正 コンバットグリップ」を装着。




乾いた空気感が、「拳銃」という被写体を、より冷たく映し出す様な気がするのです(^ω^)

「殺気」と言いますか...好きなのです。



まぁ、HW樹脂ですけど。







ずっと作りたかった、「スマイソン 4inch HW スクエアバット DOB C90」。

やっと、願いが通じる事に( ^ω^ )









素敵です。自身で言うのも何なんですけど。





ここからさらに、チューニング。

今回は4inchモデルなので、慎重に。





一番楽しい時間が始まるのです( ^ω^ )



続く。