2016年07月26日

「C90A0.5 ver.2」の肝。

こんばんは♪butchです(^ω^)






今日は午後から半休です。

事務処理等、山積みなのですが、







「明日でもできる事を、今日やってどうする。」




キリギリス的思考がモットーのおっさんです。










閑話休題。












さて、実は完成している「スピードコンプ 5inch DOB C90」、そして新たなる「ver.2」。









「M13 HW DOB C90A0.5 ver.2」。

この「M13 ver.2」のチューニングも終了し、残すは「グルーピング計測のみ!!!」




近日計測予定!!!なのですが、

この2丁を作り終えましたら、当場末のペガサスブログ「俺、Kフレニスト。ver.2」。



無期限お休みです(; ̄ェ ̄)








※嘘です(^ω^;)
仕事が落ち着き次第、ペガサスに邁進する所存でございます!
あぁ、M1917が欲しい...。











新しい刺激が必要なのです。
















嘘です。見栄をはりました。


仕事が追っつかない。



アリ的思考で働いても、追っつかないwww



取り敢えず、夏の間はお休みします(; ̄ェ ̄)
ガスガンの季節であるにも関わらず。





普通のおっさんに戻ります(^ω^)




(追記)

「ver.2」の肝をすっかり忘れておりましたwww






これです、これ。






「マルイVホップパッキン」との比較をしておりませんので、優劣は解りかねますが、
「タナカ純正ホップパッキン」の中で、間違いなく過去最高の「ホップパッキン」なのです。


この「ホップパッキン」、それに伴う「ホップチャンバー」を装備しているのは、

◯S&W M327 5inch、2inch
◯S&W M1917(全てかどうかは未確認)
◯パイソン R-model
※butchが確認したもの。



これ、本当に凄い「パッキン」なのです。

私の個人的な主観なのですが、グルーピング横軸の広がりが、
「マルイ製Vホップパッキン」よりも少ない様に感じます。
※縦軸よりも、横軸の広がりを抑える方が重要な様に感じます。

なんと言いますか、


グルーピングの広がりは、射手のせい。


と感じさせるパッキンなのです。





ただ、




問題が無い訳でも無いのです。


以前「パイソン R-model」を試射した際、

「...そこまでか?」

と、感じた事も事実なのです。




M327 5inchの特権なのだろうか?と。

唯一の可変ホップですし...
※パイソン R-modelとM1917は固定ホップ。





そして、




「M10 HWDOB C90A0.5」をチューニングした際、気付いたのです。





あれを足す事によって、M327パッキンは、




真価を発揮する、と。










つづく、かも。


  

2016年07月18日

M10×M327=凄いです(; ̄ェ ̄)...完成!!!

こんにちは♪butchです(^ω^)






暑いですね...(; ̄ェ ̄)






でも、










こいつも、かなりHOTデスよ( ´ ▽ ` )ノ





さて、M10 HWの皮を被った「M327」、完成致しました!!!




もちろん「固定ホップです。」



BB弾の重量にて、ホップのかかり具合を調整するタイプです(^ω^)
※0.25~0.3g推奨。










その名も、


「M10 HW DOB C90A0.5...




「ver.2!!!」です(^ω^)







もちろん「DOB」なので、アウターバレル分解可能です。

※DOB分解組立動画(動画ではM13を使用しておりますが、M10も全く同じ構造です)。

https://m.youtube.com/watch?v=o2cklIpG-1Q












「M10は、とてもDOB加工を施し易いのです(^ω^)。」














「いいね♪」

















さて、恒例の初速計測です。


条件は何時もと全く同じなのですが、ご説明を( ´ ▽ ` )ノ

※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g BB弾
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱注入。
~29°の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測。

※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。





ちなみに「カスタム内容」なのですが、

◯アウターバレルをDOB化。
◯各部のパッキンを「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン NBR90°」に交換。
◯ペガサス病対策加工調整。
◯各部スプリングを交換、調整。
◯アクション調整。
※アクションを最優先して調整致しておりますので、内部マガジンをキャンセル。
◯ストレインスクリューの短縮化。
※※ストレインスクリュー締め込みによる初速調整は行えません。
◯インナーバレルをタナカM327 5inch用(加工済み)に交換。
◯ホップパッキンをタナカ純正M327用パッキンに交換。
◯M327化にあたり、各部を加工、調整。
◯初速調整。etc...







※ストレインスクリューの締め込み具合はこれ位です。










※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g BB弾
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱注入。
~29°の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測。

※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。
























安定しております(^ω^)


続きまして、「修理が完了した恒温庫」を使用した「最高初速計測」です。





※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g BB弾
東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱注入。

36.5~38°の恒温庫に10分間安置後、~30°の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測。

※画像撮影の為、次弾発射迄に10~15秒のインターバルがございます。























良い感じです(^ω^)














さて「M10 HW DOB C90A0.5 ver.2」、ここ迄は「前菜」です。



今回、ここからがメインディッシュなのです(^ω^)







グルーピング(集弾性)けいそくです!!!




まずは使用した機材等のご説明を。



○東京マルイ製 ベアリングバイオ 0.25g
東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(2秒弱注入)


○自家製ターゲットシート

これです。








※内側、小さい円の直径が2.5cm(1inchをイメージ)。
外側、大きい円の直径が5cm。



そして「サイティング」なのですが、





フロント、リアサイトの最上辺、ターゲットシートの上辺の三点を
同一線上に重なる様なイメージでサイティング致しております。

ですので、必然的に銃口は少し下向きになり、ターゲットシート センターの下側に着弾致します。

サイトを調整出来ない、フィクスドサイトの宿命です^^;



室内微風レンジ(我が家です)5mでのグルーピング計測なのです。
※正確には、銃口からターゲットペーパー迄の距離が、約5m10cm程。
※20発程試射の後、一度ガスを抜き、新たに2秒弱注入。
※計測途中にガスの継ぎ足しは致しておりません。計測前の1チャージのみ。

注入後、3分間程安置した後、計測を致しました。

※シッティング、レストポジションでの発射。



1回のテストで3発を発射。それを6セット繰り返しております。


何故「3発」かって?



butchの集中力が持たないからです^^;


※暑過ぎて、寝不足なのです...
今年こそ、クーラーを買います。



それはさておき。

それでは「計測結果」をどうぞっ!!!








○第壱セット。




とても緊張。








○第弐セット。




いい感じでトリガーを引けました。
※赤丸で囲んでいる部分は、着弾が「ワンホール」近い状態。







○第参セット。




ぼちぼち。







○第四セット。




少し疲れがみえます。
ターゲットがぼやけ始め、雑にトリガーを引いてしまいます。




小休止。







○第伍セット。




これ、凄くないですか^^

会心のサイティング、そしてトリガーを素直に引けました。








○最終第六セット。




初弾で欲が出ました。二発、三発目でリカバリー。「ワンホールショット」。











少し解りにくい様に思いますので、解り易くする為に、






1mm角方眼紙に、直径3cmの穴を切出した物を、
ターゲットペーパーに重ねて検証していきます。







○第壱セット。




3~3.2mm位でしょうか。









○第弐セット。




3cm以下である事は間違いない。1inch程の好グルーピング。








○第参セット。




3cm以下である事は間違いない。1inch強(2.8cm程)だと思う訳で...








○第四セット。




これは3.2mm位だと思います。最も良く無いセットでした。










○そして「伝説の」、第伍セット。




余裕で「1inch(約2.54cm)」を切っております。2~2.2cm位です^^










○第六セット。




初弾さえ無ければ...1inch強程。


























さて、いかがでしょうか?butchによる、仮想「M10 ver.2」。

ほぼ「タナカ純正パーツ」のみで組み上げております。




まだまだイケると思います。















今回の計測を終えて、これだけは言える。



もう、Mイのガスリボルバーには負けない。















※butchは「Mイさん」のガスリボルバーに、触れた事すらございません^^;

すいません^^;







ただ、「仮想M10 ver.2」。

なかなか作れないんですよね...。






完。






(追記)

まことに恐縮ではございますが、





2016年07月07日

タナカ S&W Kフレームシリーズ、ver.2化。

こんにちは♪butchです(^ω^;)























あっつい。











※画像は以前所有していた「M10 4inch」。





ほぼ完成している「タナカ S&W M10 4inch ver.2」。







後日、検証してみたいと思います。





M327 ホップパッキン VS 東京マルイ製 Vホップパッキン!!!
  

2016年06月07日

10+327=∞

こんばんは♪butchです(^ω^)




「もう梅雨ですかっっつ((((;゚Д゚)))))))!!!」





早すぎませんか?


大阪は雨ばかり。
通勤が苦痛で仕方無いのです。


なぜなら、

「靴が濡れる(;´Д`A」

















私butchは、「ペガサス馬鹿」でありつつ、「革靴馬鹿」でもあるのです。


以前、世の男子憧れの





オールデン ジョーンズブーツ、さらに珍しい「オックスフォード コードバン」を履いて通勤した時の事。





( ^ω^ )♪


そりゃあ「ルンルン♪」ですよ。

何てったって「オールデンのジョーンズブーツ オックスフォード コードバン」ですよ(^ω^)

これ以上の革靴が有るのだろうか?って位の「革靴」ですよ。




職場で自慢しまくりましたね(^ω^)



「いやぁ~、大した事ないですよ~。所詮は靴ですよ。」何て言いながら、内心は




( ^ω^ )「これ以上の靴は無い。すごいだろ!」





驕り高ぶったせいでしょうか?

その日、午後から「近年稀に見る豪雨」。



もはや「豪雨」でも無かったです。




まるで滝の様な「激雨」。






















((((;゚Д゚)))))))「う、う、ウソやろ...!!?」







その日は「裸足」で帰りました。
もちろん、電車にも「裸足」で乗りました。

もちろん、靴下は履いておりました。

すでに30歳を超えておりました。







裸足で長距離歩いたせいか、翌日「ヘルニア」になりました。





「コードバン」は水に弱いのです。とても。







あまりにも気を使うので、3回程短時間使用し、結局売り払いました。

残ったのは「想ひで」と「ヘルニア」のみ。





後日、長々と語らせていただこうと考えておりますが、

「ラッセルモカシン」が最高です(^ω^)

ルックスも大好きなのですが、何が最高って、革靴でありながら、スニーカー並みのはき心地。







兎にも角にも「楽」









コードバンより「クロムエクセル」。

革靴にだけはお金を惜しまないbutchなのです。
良い靴は、やはり違うのです。










ラッセルモカシンは夢の革靴です。














閑話休題。





遂に挑戦する時が来たのです。
















+











=∞。








に、なるのでは無いか、と((((;゚Д゚)))))))。







続く。