2016年12月09日

「black ink」完成(^ω^)

こんばんは♪butchです(^ω^)







まだまだ「伸びしろ」が有ると感じる「black ink」なのですが、
一身上の都合により、完成です(^ω^;)




さて「M19HW 4inch A90 ver.2 PRF black ink」なのです。




※A90...「天使の輪っかver.1 with ペガサス病対パッキン NBR90」を使用した、
カリカリのペガサス 「ガスチャンバーチューニング」。

※ver.2...「M327型ポップパッキン+インナーバレル」を加工調整の上、使用したペガサスチューニング。

※PRF...「ペガサスレーシングフレーム」の略。「ありとあらゆるパーツ」を加工調整、フィッティングを施し、
アクションとグルーピングの向上を目指したペガサスチューニング。

※black ink...何と無く、格好良いかな、って...( ;´Д`)

















外観上の変化と言えば、




インナーバレルの1cm延長。
もちろんライフリングのモールドはございます。

インナーバレルを延長している為、見えないだけなのです( ;´Д`)







そして、「グルーピング向上」を目指す上で絶対に欠かせない、




「二連ディティントボール」、そして「トリガーストップ」。






そしてフレーム側の「ディティントロック加工」。
この「ディティントボール」が有ると無いのでは、グルーピング精度が全く変化してしまうのです。

「ディティントボールロック」が無いと、発射の衝撃で、微妙に「ヨーク」が開くのです。

その「微妙なヨークの開き」は、如実に現れるのです。

「グルーピング」に。




とても簡単なのですが、確実に引き代を短縮する事が出来る「トリガーストップ」。



「レーシングペガサス」に、絶対必要な「二要素」なのです(^ω^)


だと、思います。










私はS&wフレームの「右側」が好きです。

この「スラッ」としたスタイルに、「ヨーロッパのかほり」を感じてしまうのです。



セクシーである、と。














そして恒例の「初速計測」です(^ω^)



◯東京マルイ製ベアリング研磨0.2g
◯東京マルイ製ガンパワーHFC134a(二秒弱注入)
◯~19.4度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測

※画像撮影の為、次弾発射迄に5~10秒のインターバルがございます。




ちなみに「ハンマースプリング」のテンションは




これ位なのです。
ストレインスクリューの「1.5mm短縮」も施しております。

二本しか持ち合わせが無い「リターンスプリング」を使用し、調整致しておりますので、
トリガープルは「過去最高の軽さ」なのです。

※この「リターンスプリング」を使用しているのは、この「black ink」と、「M10HW 7.8inch DOB A90 ver.2.1 PRF Hi-mod」のみ。
現在この「リターンスプリング」は生産販売されていない様で、入手不可なのです( ;´Д`)






















良い安定度(^ω^)♪







そして恒例の「最高初速計測」。


◯東京マルイ製ベアリング研磨0.2g
◯東京マルイ製ガンパワーHFC134a(二秒弱注入)
◯38~40度の恒温庫に15分間安置後、~23度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し計測

※画像撮影の為、次弾発射迄に5~10秒のインターバルがございます。



もちろん、




ハンマースプリングのテンションに変化はございません。
※これがMAXの締め込み具合なのです。
























良いですね(^ω^)♪









そして「5mグルーピング計測」なのです(^ω^)




◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が、最低5m以上と言う意味。
※今回は5m3cm。

◯G&G 0.33g バイオBB弾使用(無選別)。
◯東京マルイ製ガンパワーHFC134aを二秒弱注入。

※~25度の室内にて計測。
※タイマーにて計り、10秒毎に発射。

※6発1セットのグルーピング計測を5度行い、5セットの最大グルーピング平均を割り出します。



※「グルーピング計測」に使用した機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html




そして、以前に申し上げた「BB弾への小細工」についてなのですが、





無選別のBB弾を小袋に入れ、東京マルイ製の「シリコンスプレー」をほんの一瞬塗布した物なのです。
小袋を優しくシャカシャカする事により、BB弾に満遍なく「シリコンオイル」が塗布され、



抜弾抵抗が劇的に下がるのです!!!


ただ、「シリコンオイル」を少しでも多く塗布し過ぎると「グルーピング」は下がります。
以外と加減が難しい「小細工」なのです( ;´Д`)







それでは「第一セット」です(^ω^)

※今回、計測前の「狙点調整」をおこなっておりません( ;´Д`)
グルーピング計測を行いながら、セット毎に「狙点調整」を行っております。
第三セットにて「狙点調整」完了。













最大グルーピングは1.9cm。

かなり良い滑り出し♪











そして「第二セット」。














最大グルーピングは1.8cm。

良いです(^ω^)♪







そして今回の「グルーピング計測」、最高の「第三セット」。












最大グルーピングは1.6cm。

残念ながら、以前記録した「1.5cm」には届かず( ;´Д`)
しかしここ迄の三セットはとても順調なのです!






そして「第四セット」。














少し着弾点が散り始めます( ;´Д`)

最大グルーピングは「2.5cm」。1インチをほんの少し切る位。

1インチ弱です。






そして、ここにきて「失意の第5セット」。










「またやってもうた( ;´Д`)」


カーボンペーパーと三枚目のターゲットペーパー間にBB弾が挟まると、
カーボンペーパーが浮いてしまい、三枚目のターゲットペーパーに着弾痕が残らない...。



今後、何とかして改善せねば...。
















( ;´Д`)はぁー...






今回は三枚目のターゲットペーパーに破れが少ない為、
裏の着弾痕にて計測を続行する事に。
※何故か着弾痕が5点しか残りませんでした。恐らく一発が入り込んでしまったのではないか、と。






そして最大グルーピングは「2cm」。





今回の5セットでの「平均グルーピング」は、「1.96cm」。


ギリギリ「2cm」を切る位。






「M19HW 4inch A90 ver.2 PRF black ink」のカスタム内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。
◯「天使の輪っかver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90」に交換。
※あらゆるパッキン、スプリングを交換。
純正品を使用しているのは「ボルトスプリング」、「ハンマースプリング」のみ。
◯A90化。
◯PRF化。
◯スムーストリガー加工。
◯二連ディティントボール加工。
◯トリガーストップ加工。
◯シリンダーパッキンをゲボスケに交換。
※それに伴い「内部マガジン機能」をオミット。
◯ver.2化。
※「M327ホップパッキン&インナーバレル」を加工調整し、使用。

etc...



カリッカリの「レーシングペガサス」なのです。









と言う訳で、オークション出品なのです( ;´Д`)

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r171811257


まことに恐縮ではございますが、どうかよろしくお願い申し上げます。
「整流スリーブ用」の電動工具が欲しいのです(^ω^;)












こんな事で「M13 3inch」をベースにした「1/1000」は達成出来るのであろうか?






まだまだ先は長いのです( ;´Д`)。