2017年03月08日

「蛇を喰う蛇」、完成!!!

こんばんは♪butchです(^ω^)✨











「蛇を喰う蛇」、「bcw スマイソンHW DOB 6inch A90 PRF ver.2A1 整流カスタム」。












遂に「チューニング」が完成!!!




外装カスタム、塗装、内部チューニングを施した「フルカスタム」なのです。
※塗装は足付け後、ミッチャクロンマルチ→キャロム ステンレスシルバーSHT→インディ ブラックパーカーを使用。
アウターバレル、フレーム、サイドプレートを塗装。
チューニングに影響を及ぼす「ヨーク、シリンダー、トリガー、ハンマー」には塗装を施しておりません。




もちろん「DOB(デタッチャブル アウターバレル)」なので、分解も可能!





フロントサイトピンを二本抜き、フロントサイトを外し、
フロントサイト下部に有る「イモネジ」を反時計回しに緩め、





アウターバレルを反時計回しに緩めると、アウターバレルの分解が可能なのです。



消耗品である「ホップパッキンの交換」等、比較的容易に行えるのです(^ω^)

ちなみに「アウターバレル」は、「現行パイソンHW Rモデル6inch用」を使用。
「colt刻印」なのです。※画像一枚目を参照下さい。






ヒートブルー加工の「エジェクターロッド」。











そして必要不可欠な「二連ディティントボール」。











握り過ぎて実際に「ブラックパーカー」がかすれ、下地銀が露出した「フロントストラップ」。




個人的に好きな「バックストラップ」。






私は個人的に「S&Wリボルバー」の、こちら側が好きです。
とても「サッパリ」しているのです(^ω^)✨







「エジェクターシュラウド」から「トリガーガード」にかけての「ふくよかな膨らみ」。

そう、「S&W山脈」。




そして「スマイソン」で一番好きな「ビューポイント」。




真上。








そしてカスタム内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。

◯「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」組込済み。

◯アドバンスド90化。
※ペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1」の組み込み方により名称が変わります。
比較的動作に余裕を持った組み込み方が「コンセプト90」。
JフレームやNフレーム、そして「パイソン」等のコルトリボルバーは、構造上「コンセプト90化」のみ。

「アドバンスド90」は、「コンセプト90」の遊びを極力無くした組み込み方なのです。
よりダイレクトに「ガス放出量」をコントロール出来るのです。

◯PRF化(ペガサスレーシングフレーム)。
※PRFは「チチバン」、「ガスルート三点のセンター出し」に特化した「加工調整」なのです。
(ガスルート三点...ガス放出口、シリンダーパッキン、インナーバレル)

◯より「タイトなアクションチューニング」を施す為、「ハンマーストップセーフティ機能」をキャンセル。
※ボルトを加工致しております。
※※シリンダーを装填しなくても、「常にトリガーが引け、ハンマーが落ちる状態」。

◯バレルハウジングを加工し、「インナーバレル」「ホップパッキン」を「ver.2A1化」。
※「インナーバレル」「ホップパッキン」は「パイソンRモデル用」を使用。
「M327」や「現行M29CB」等と同じ「ホップパッキン形状」。

◯「インナーバレル」のバリ取り加工。
※インナーバレルの「ホップ窓」や「前後端」には、わずかながら「バリ」が残っております。
この「わずかなバリ」を、徹底して除去。
※※インナーバレルに傷が付く恐れがございますので、「ヤスリの類」を使わず除去致しております。

◯「インナーバレルの4inch加工+2inchの延長整流スリーブ加工」。
※6inchインナーバレルを4inchに短縮し、新たに「2inchの整流スリーブ」を取り付けております。

これです(^ω^)

「4inchインナーバレル化」を施す事により、「現行銃刀法初速上限である0.98j規制」に触れる事無く、
より精密で、よりダイレクトな「ガス放出量調整」や「ペガサス病対策加工調整」等を施す事が可能になるのです。

◯アクション調整(主にトリガープル)。

◯シリンダーパッキンを「ゲボスケ」に交換。
※シリンダーマガジン機能をキャンセル致しておりますので、装弾数は6発。

◯マガジンカバーの研磨。
※「マガジンカバー」はシリンダー回転時、直接「BB弾」に擦れる部分なので、
「BB弾に悪い影響(スレ等の変形)」を与えない様、鏡面迄研磨致しております。

◯その他諸々。





これ位「チューニング」しないと、後に発表する「平均グルーピング」は叩き出せません。
「必要」なのです。







兎にも角にも、「おかしな位、いじり倒したペガサスリボルバー」なのです(; ̄ェ ̄)

パッキン類は全て「オリジナル+カスタムパーツ」に交換し、
スプリング類も、「ハンマースプリングのみ」が「タナカ純正」。
それ以外の全てを交換し、加工調整済み。










実生活において、全く「何の役にも立たないペガサスリボルバー」。

二年以上の歳月と、ある程度の金銭。
狂ったオッサンが産み出した「ペガサスリボルバー チューニング」の「答え」がコレなのです。




とても楽しかったのです(^ω^;)














と言うわけで、恒例の「初速計測」なのです。




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(二秒程注入)。
18.9~19.2度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。
◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。


ストレインスクリューの締め込み具合は



これ位なのです。
1.5mm程短縮加工いたしておりますので、現状で締め込み具合はMAXです。

「トリガープル」は「めちゃ軽&スムース」なのです(^ω^)✨
私のこだわりです。























上限から下限迄の初速差が「0.95m/s」。
初弾と最終弾の初速...



...過去最高ではなかろうか。




そして恒例の「最高初速計測」です。




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(二秒程注入)。
ガスを注入後、36~38度の恒温庫にて15分間安置後、
~20度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。






現状の最高初速はこれ位なのです。

夏場等の高気温時でも「~92m/s」を超える事は無いかと思います。
実質「4inchインナーバレルモデル」なのです。












そして恒例の「グルーピング計測」なのです\(^o^)/




今回も暖房をフル活用!!!
吐きそうになりながら、「早朝グルーピング計測」を行う事に!!!





※G&G 0.33gバイオ弾を使用(無選別にて使用)。
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒程注入。注入後、~30度の室内にて安置。
※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~30度の室内にて計測。
◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「5mジャスト」。

※1セット6発でのグルーピングを計測。合計5セット。
※5セットの合計から、「平均グルーピング」を算出。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。
※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。
※※今回は「6発の試射後」、本計測を行いました。
「ガスワンチャージ」で、実質「36発」発射致しております。




※「グルーピング計測」に使用している機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html



こう言った「批判めいた事」は、あまり申し上げたくは無いのですが、
今回の「スマイソン」と「黒ーンフィールド」に使用した「G&G 0.33gバイオ弾」。







この様に「表面に水玉模様」の整形荒れが有ったり、「パーティグライン」がハッキリと有ったり、
あまり状態が良い物だとは言えませんでした。

以前購入したものでは、そういった事は感じなかったのですが...
「ロット差」と言う物でしょうか?



それでも「未選別」で計測致しました(; ̄ェ ̄)


...朝の5時から、BB弾の選別は出来ません。
あと、「1g以下」を計測する「スケール」を持ち合わせておりません。





それではよろしくお願い申し上げます。






※BB弾には、いつもの「小細工」を施しております。
...BB弾を小袋に入れ、ほんの少し「東京マルイ製シリコンオイルスプレー」を吹きかける事により、
より「抜弾抵抗」を下げる事が出来るのです。

吹きすぎると本末転倒なのですが(; ̄ェ ̄)







第一セット。







最大グルーピングが「1.5cm」。

※ターゲットペーパーに関してなのですが、
一番中心の円が「直径1cm」。この「1cm以下」を目指しているのが「1/1000」。
二番目の円が「直径約1inch(2.6cm)」。※1inch=約2.54cm。
三番目の円が「直径5cm」。
一番大きな外径が「直径10cm」なのです。






第二セット。







最大グルーピングが「「1.6cm」。





第三セット。







最大グルーピングが「1.8cm」。





第四セット。







最大グルーピングが「1.5cm」。






第五セット。







発射音が変わりだし、「ガスが残り少なくなってきた状態」での最大グルーピングが「2.2cm」。





計五セットの「グルーピング合計」が8.6cm。
平均グルーピングが「1.72cm」。





現状での「ホップ突き出し量」は、「0.2gBB弾」に設定致しております。
※調整には「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」を使用。

少し手間なのですが、「0.25g以上の重量」に調整する事も可能です。



サバイバルゲームでの0.2gから、精密射撃での重量弾迄。




それが「Kフレームシリーズver.2A1」なのです。

※バージョン2 アドバンスド1です(^ω^)。


※※通常の「ホップ調整方」ではございません。かなり特殊な調整方なのです。
そして、その「特殊な内容」を把握しているのは「私のみ」。

実質「固定ほっぷ」なのです。


それが「手間取りホップ」(; ̄ェ ̄)。

















これが私の「ペガサスリボルバーチューニング」において導き出した、「一つの答え」なのです。














(追記)





あ、あの、「俺、Kフレニスト。ver.2」なんですけど...

まだまだ終わりませんので(; ̄ェ ̄)


未だ「1/1000」を達成致しておりませんし、まだまだペガサスリボルバーで「イチビリ足りません」。
※「イチビル」...大阪弁で言うところの「ふざける」。


ご依頼品もございますし(^ω^;)




「俺、Kフレニスト。ver.2」続く。




(追記)





「ゴリゴリのチューニングペガサス」、現在オークションに出品中でございます。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/236683192

諸般の都合により、「チューニングペガサスリボルバー」を今後出品する予定はございません(; ̄ェ ̄)
ご検討をよろしくお願い申し上げます。
  

2017年03月08日

「bcw オールラウンド汎用チューニング」、完成!!!

こんにちは♪butchです(^ω^)✨











遂に完成!!!













「Kフレームシリーズ ver.2A1」


「bcw スマイソンHW DOB 6inch A90 PRF ver2A1 整流カスタム」。









私自身が本当に納得出来る「チューニング」が完成した暁には、いつかこの「名前」をつけようと考えていました。



「bcw」...butch custom work










今回、新たに完成した「Kフレームシリーズ ver.2A1 チューニング」。



「オールラウンド汎用チューニング」でございますので、
「5mの距離で、1cm以下のグルーピング」である、「1/1000」を達成した訳ではございません。




「1/1000」は、この





「M10HW la pencil」にて、更なる追究を行って参ります。

















ただ、「Kフレームシリーズ ver.2A1」は、今回行った「グルーピング計測」において、
過去最高の数値を記録致しました。※グルーピング計測結果は後程。






最後の最後で、良い物が作れました\(^o^)/




続く。




  

2017年03月01日

「◯◯◯ホップ理論検証」、その1。「0.18mm」の可能性。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)








先日、長時間徒歩で移動していた為、数日遅れの筋肉痛に。



以前は40時間近く立ちっぱなしで仕事をしても、筋肉痛知らずだった私。


着実に老いております\(^o^)/わぁ








運動量でカバーする時間は終わった。
これからは「ノウハウ&タクティクス」の時間なのだ。

と、自らに言い訳をする私なのです( ;´Д`)





ただの運動不足やな、と。

自転車成分が足らないな、と...。




連休をとって、自転車での小旅行に憧れております。
京都や、淡路島に遠出してみたい。

「ランチバスケットを持って。」





春になったら...暖かくなったら...。





閑話休題。






「最後のロングバレルスマイソン」。

先日の「最小グルーピング1.8cm」から再調整し直し、「最小グルーピング1.6cm」を記録。
※ブログでは発表致しておりません。




最終調整に移りたいと思います。





最近思い付いた「◯◯◯ホップ理論」。

実証すべく「0.12mm」から、更なる「0.18mm」へ。




まだ「組込調整」すらおこなえておりませんが、
理論が正しければ「過去最高の最小グルーピング1.3cm以下」をも記録出切る筈。








早く帰りてぇなぁ。






続く。




  

2017年02月20日

「新機軸スマイソンHW 6inch」、完成!!!

こんばんは♪butchです(^ω^)









私、遂に掴みました。

1/1000達成の為の「最後の1ピース」を。




た、多分ですけど( ;´Д`)













閑話休題。
















遂に完成!!!




この



「新型 整流インナーバレルver.2」を新たに装着した










「スマイソンHW DOB 6inch A90 PRF ver.2.15 整流カスタム」!!!



※完成画像や初速計測結果は、また後程。











ここで「グルーピング計測結果」なのですが、
先ずは、「新型 整流インナーバレルver.2」装着以前の「グルーピング計測結果」をご覧下さい。






~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


◉2017年1月25日の記事より抜粋。


※銃口からゲットペーパー迄の距離が5m以上。
(今回は5mジャスト。)
※~18度の室内にて計測。
※ギャロップ 0.3gバイオ弾を使用(無線別)。
◯本来の適性BB弾重量は0.25~0.28g。グルーピング計測の為、重量弾を使用。
※東京マルイ製 ガンパワーHEC134aを二秒弱注入し、室温にて5分間安置。



※1セット6発でのグルーピングを計測。合計5セット。
※5セットの合計から、「平均グルーピング」を算出。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。
※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。



◉計測に使用している機材、ターゲットペーパーはこちらです。

http://butch.militaryblog.jp/e806616.html









第一セット。








最大グルーピングは「2.2cm」。

これからです(^ω^;)





第二セット。








最大グルーピングは「1.9cm」。

ここから伸びて欲しい...。






第三セット。








最大グルーピングは「2.2cm」。

( ;´Д`)フゥ。







第四セット。








最大グルーピングは「2.8cm」。


ここ迄か...。







第五セット。








最大グルーピングは「2.4cm」。








5セット合計の「平均グルーピング」は「2.3cm」。

「1インチを少し切る位。」



~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・・・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~












これが「整流インナーバレルver.2」装着以前の「グルーピング計測結果」なのです。











そして、ここからが「整流インナーバレルver.2」装着後の「グルーピング計測結果」です(^ω^)




※銃口からゲットペーパー迄の距離が5m以上。
(今回は5m3cm程。)
※~23度の室内にて計測。
※ギャロップ 0.3gバイオ弾を使用(無選別)。
◯本来の適性BB弾重量は0.25~0.3g。グルーピング計測の為、重量弾を使用。
※東京マルイ製 ガンパワーHEC134aを二秒弱注入し、室温にて5分間安置。



※1セット6発でのグルーピングを計測。合計5セット。
※5セットの合計から、「平均グルーピング」を算出。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。
※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。



◉計測に使用している機材、ターゲットペーパーはこちらです。

http://butch.militaryblog.jp/e806616.html


※前回の計測時と、使用機材は同様でございます。
前回よりも、5度高い室温にて計測致しております。





第1セット。







最大グルーピングは「2.4cm」。







第2セット。







最大グルーピングは「1.9cm」。






第3セット。







最大グルーピングは「1.8cm」。





第4セット。







最大グルーピングは「2.2cm」。





第5セット。







最大グルーピングは「2.2cm」。




今回、計5セットの平均グルーピングは「2.06cm」。
前回の「6inch インナーバレルモデル」平均グルーピングが「2.3cm」。


「0.24cm(2.4mm)」の短縮なのです(^ω^)✨








もう一つご覧いただきたい点がございます。

グルーピングを計測している「ノギスの角度」を。





第一回計測時(6inchインナーバレルモデル)、「ターゲットペーパー縦軸」に対するノギスの角度が、
第二回計測時(4inch整流インナーバレルモデル)に比べて「鈍角」で有ると言えます。

「鈍角」で有ると言う事は、「着弾」が「横方向」に散らばっている、という事であります。
それに比べ、第二回計測時は「鋭角」であります。

要するに、以前に比べ「横方向の散らばりが改善されている」と言う事なのです。



ペガサスリボルバーは「ガスガン」です。

ガスタンク内圧変化等の影響により、「初速」が逐一変化致します。
それにより、「縦方向の散らばり」を「100%抑える事」は不可能なのです。

ただ、「横方向の散らばり」は「ある部分」の改善により、ある程度抑える事が可能なのです。

今回の「スマイソンHW 6inch」により、その「横方向の散らばり改善」に成功したのです。





それが「1/1000達成」への、最後の1ピースになる筈なのです。






それが「0.06mm」の使い方、そして組み方。











閑話休題。





この「2.06cm」と言う「平均グルーピング」を超える「平均グルーピング」を計測したのは



「black ink」が記録した「1.96cm」のみなのです。
※唯一の「平均グルーピング2cm切り」。


この「black ink」も、「4inchインナーバレルモデル」なのです。



私個人の考えなので、全てに当てはまる事象で有るとは言い切れません。

ただ、私が製作する「チューニングペガサス」において、





もはや、4inch(1016cm)以上のインナーバレル長は必要が無い。



「4inchインナーバレル長」がベストである。

...初速調整が何よりも「楽」ですし(^ω^)✨






ただ、今回の「スマイソンHW 6inch 整流カスタム」と「M19HW 4inch black ink」。
決定的な違いが一つございます。

「整流スリーブ」の有無ではございません。
※「BB弾への小細工」でもございません。小細工は今回も行っております。











外的要因による「決定的な違い」が、唯一つだけ有るのです。



続く。

  

2017年02月14日

「4inchインナーバレル理論」。

こんばんは♪butchです(^ω^)







先日完成致しました




「スマイソン6inch用 カスタムインナーバレル」。





これは一体何なのかと申しますと


「ver.2 4inchインナーバレル」+「2inch整流スリーブ」
一体型に加工した物なのです。



以前製作した「M29 8inch CB」等、「Nフレームシリーズ」であれば、アウターバレル内径が大きい為、
「インナーバレル」と「整流スリーブ」を別個に製作し、組み合わせる事が可能なのですが、
「Kフレームシリーズ」の「アウターバレル内径」では別体にする事がかないませんでした。

そう言った訳で、今回は「インナーバレル」と「整流スリーブ」を一体型にしてみたのです。




何故かと申しますと、今更気付いてしまったのです。
「インナーバレル」と「整流スリーブ」を別体にする必要がない事に( ;´Д`)



キチンと精度さえ出せれば、全く問題無かったのです。
もちろん一体型でも「インナーバレル内径」のクリーニングは可能です。




それやったら、一体型でええやん。




そもそも、「整流スリーブ」自体は「おまけ」の様な物です。
「短く加工したインナーバレル」の性能を、少しでも補う為の物でしかないのです。














何故インナーバレルを短く加工するのか?
※インナーバレルの4inch化。













「そもそもスマイソン6inchなのだから、6inchインナーバレルのままでええやん。」








高いグルーピングを期待出来る「ロングインナーバレル(今回は6inch)」を、何故あえて「4inchに短縮する必要があるのか?」
















答えは簡単。






「6inchインナーバレル」を使用する事によるメリットよりも、
「4inchインナーバレル」を使用する事によるメリットの方が、





遥かに大きい為です。







私の「1/1000製作理論」。






インナーバレル長による「グルーピング精度の向上」は、
「1/1000」達成の為の、一つの要素でしかないのです。





「ロングインナーバレル」が持つグルーピング精度に頼るチューニングを施しては、
「1/1000」は永久に達成出来無いと考える訳です。







「1/1000」を達成する為に、

「1/1000」を達成する為の「インナーバレル以外の要素」を最大限に引き出す為に、
どうしても「インナーバレルの4inch化」が必要なのです。

そして「トレードオフした2inch」を補う為に「必要不可欠な要素」が「整流スリーブ」なのです。








現在、私が考える「1/1000を構成する必要不可欠な要素」。

◯インナーバレル

◯ホップパッキン

◯チャンバーパッキンの抜弾抵抗

◯PRF(ペガサス レーシングフレームの略)
※高精度なアクション(チチバン、ガス放出口&チャンバーパッキン&インナーバレルのセンター出し)
※スムースで軽いトリガープル

そして、一番重要なのが

◯ガスタンクのチューニング。
※ペガサス病対策加工調整、A90化も含む。




「ガスタンクのチューニング」。
とどの詰まりは、ここに集約されます。




何故なら、


ペガサスリボルバーはガスガンだからです。




車やバイクでも同じ事だと思いますが、「走っていて気持ちの良い回転数」があります。
私は専門家では無いので詳しくないのですが、「気持ちの良い回転数」で走っている場合、
「エンジンに与える負荷」も少ないのでは無いか?と考えているのです。


電動ガンのフルオートが、セミオートよりも「一発あたりの電力使用量」が少ない様に。





「ペガサスリボルバーのガスタンク」にも同じ事が言えると思うのです。

私の経験上、「ペガサスリボルバー ガスタンク」はガス放出量が多くなると、初速が安定し辛くなります。
「ガスタンク内圧変化」が大きくなる為です。これは、全ての「ガスガン」に同じ事が言えます。


ただ、「ペガサスリボルバー ガスタンク」の場合、「ガス放出量が少な過ぎても」安定し辛くなります。
これは「ガス放出量」のみならず、様々な要素が絡み合う為なのですが、

途轍も無く長大な説明になる為、割愛致します。




要するに「エンジンの適性回転数」等と同じ様に、「ペガサスリボルバーのガスタンク」にも、
適正なガス放出量が存在するのです。


適正なガス放出量で使用する事により、「ガスタンクへの負荷」つまり、

ガスタンク内圧変化を最小限にとどめる事が可能になるのです。




要するに、ガスタンクのええとこ使いたいんです。






それでは「6inchインナーバレル」で「ガスタンクのええとこ」使えばええやん?
と考えるのですが、それは「絶対に不可能」なのです。


現行銃刀法により定められている「0.98j」を超えてしまう為です。


確実に超えます。


それでは「5inch」では?


これも「微妙な数値」を叩き出してしまいます。
※~96m/s程。



そして「Kフレームモデル ガスタンク」における、様々な要素が安定する「適性初速」は

85~91m/s程と決まっているのです。





要するに「4inch以上のインナーバレル」を使用する場合、

必要以上にガス放出量を抑える必要があるのです。




この「85~91m/s」の初速を安定して発生させたい場合、一番都合の良い「インナーバレル長」が、

すなわち4inch(10.16cm)なのです。




一つ確実に言える事は、「ペガサスリボルバーベースでの1/1000製作」において、

ロングインナーバレルによる「高いグルーピング精度」よりも、

ガスタンク内圧を安定させる事の方が、よっぽど重要だという事です。









(追記)



そしてもう一つ。



何故「85~91m/s」の初速にこだわるのか?

この「85~91m/s」の初速、「ガスタンク内圧安定化」のみならず、もう一つの「要素」に
とても大きな影響を及ぼします。



この「85~91m/s」が与える影響を理解してさえいれば、

全てのペガサスリボルバーのグルーピングを安定させる事が可能になるのです。





エブリシングです。





「85~91m/sの核心」。

全ての要素が「点」では無く、「線」でつながります。

その「線」を繋ぎ合わせ、現れる形こそが「1/1000」なのだと、私は確信しているのです。























( ;´Д`)ふぅ。




まだ、「1/1000」達成しておりませんけど。







  

2017年02月13日

新機軸、完成!

こんばんは♪butchです(^ω^)














この「スマイソン」が、













こうなり、




そして「新たなる試み」へ。







新機軸。





















インナーバレル自体をカスタムする。





続く。







(追記)

とても素晴らしい「M27、M581」を、「人はパンのみに生きるにあらず」にて拝見致しました。
特に「M27のテーパーバレル」、加工法が全く思い浮かびません。
しかも製作難易度が断然高い「モデルガンベース」なのです。

本当に素晴らしい...。すごい。

「M27、M581」共に、憧れの「S&Wリボルバー」であります。
私の「ペガサスライフ」のきっかけとなった、「オラガバニスト M13PC」を初めて拝見した時以来の衝撃です。


世界は広い。
とんでもない「ガンスミス」が存在するのです。







「1/1000」へのモチベーションが、新たにふつふつと湧き上がってまいりました。



やるっきゃない!!!




  

2017年01月25日

最期の「スマイソン 6inch SHW」、完成!!!

こんばんは♪butchです( ;´Д`)




紆余曲折、本当に大変でした。










「R-model」なのです。























最期の「スマイソン DOB 6inch SHW(ステンレス ヘヴィウェイト) DOB C90 ver.2.15 PRF」なのです。











「コルトパイソン 6inch R-model HW」のアウターバレルをDOB化。
もちろん通常分解可能です。

※フロントサイト固定ピンを二本抜き、フロントサイト基部の芋ネジを抜いてから、
アウターバレルを反時計回しに回すと、分解完了。

参考迄に、
https://m.youtube.com/watch?v=o2cklIpG-1Q

「DOB動画」。




「エジェクターロッド」は「ヒートブルー加工」。
※実際に焼きました( ;´Д`)とても熱かったのです。

あえて「シルバーメッキ エジェクターロッド」は使用しておりません。
メッキされた「エジェクターロッド」を使用すると、どうしても「グルーピング精度」が出ないのです。

被膜が何ミクロンかは解りませんが、それでも「アクション」に影響してしまいます。














「二連ディティントボール加工」。とても重要。

この「ディティントボールロック」が無いと、ヨークが固定出来ず、
グルーピングの低下等、様々な悪影響を引き起こすのです。







「天使の輪っかセット」は「ver.2」仕様なのです。
「ver.2」は、このスマイソンに取り付けている物で最後なのです。

「ver.2」は、「シリンダーギャップパッキン」の材質を変更したタイプなのです。


とても「マニアック」な変更点なのです( ;´Д`)
























アウターバレル、フレーム、サイドプレートを「キャロム ステンレスシルバー SHT」にて塗装。

「銀」なのです(^ω^)♪
















それでは「初速計測結果」を。


※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを二秒弱注入。
※~14.6度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。
※※画像撮影の為、次弾発射迄に10秒程のインターバルがございます。







※ストレインスクリューの締め込み具合はこれ位なのです。























簡単では無いのです。この安定度を叩き出す為の「チューニング」は...( ;´Д`)

早く暖かくなって欲しいのです。





そして恒例の「最高初速計測」なのです。





※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを二秒弱注入。
※42度の恒温庫に15分間安置後、~15度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。
※ストレインスクリューの締め込み具合に変更はございません。







※初弾にて記録。
※ほぼ同じ計測条件で「3セット」測り、一番高い数値を記録した物が、上記の画像でございます。





ロングインナーバレルモデルの「初速調整」。

安定させる事が、本当に難しいのです( ;´Д`)



そして「5mグルーピング計測」なのです。


※銃口からゲットペーパー迄の距離が5m以上。
(今回は5mジャスト。)
※~18度の室内にて計測。
※ギャロップ 0.3gバイオ弾を使用(無線別)。
◯本来の適性BB弾重量は0.25~0.28g。グルーピング計測の為、重量弾を使用。
※東京マルイ製 ガンパワーHEC134aを二秒弱注入し、室温にて5分間安置。



※1セット6発でのグルーピングを計測。合計5セット。
※5セットの合計から、「平均グルーピング」を算出。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。
※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。



◉計測に使用している機材、ターゲットペーパーはこちらです。

http://butch.militaryblog.jp/e806616.html









第一セット。








最大グルーピングは「2.2cm」。

これからです(^ω^;)





第二セット。








最大グルーピングは「1.9cm」。

ここから伸びて欲しい...。






第三セット。








最大グルーピングは「2.2cm」。

( ;´Д`)フゥ。







第四セット。








最大グルーピングは「2.8cm」。


ここ迄か...。







第五セット。








最大グルーピングは「2.4cm」。








5セット合計の「平均グルーピング」は「2.3cm」。

「1インチを少し切る位。」







やっぱり寒過ぎた。











「早過ぎたんだ...。」






そして今回の「スマイソン 6inch SHW」カスタム内容名のですが、


(内部カスタム内容)

◯ペガサス病対策加工調整。

◯「天使の輪っかver.2 with ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.1.1」を組込。

◯コンセプト90化。

◯PRF化。

◯初速調整。

◯ストレインスクリューの短縮化。※現状の締め込み具合がMAX。

◯ver.2.15化(M327パッキン仕様)。

◯ホップ突き出し量調整。※適性BB弾重量は0.25~0.28g。

◯トリガープル調整(スムーストリガー)。

◯インナーバレル、チャンバーパッキン、ガス放出口のセンター出し。

※解りにくくてすみません( ;´Д`)

◯内部マガジン機能をキャンセル。

◯チャンバーパッキンを「ゲボスケ」に交換。

◯ハンマーストップセーフティ機能をキャンセル。
※シリンダーをセットせずとも、トリガーを常に弾ける状態。

◯その他諸々。



ゴリゴリの「フルカスタムペガサス」なのです(^ω^;)






今回の「スマイソン 6inch SHW」にて、「ロングバレルモデルのスマイソン」は最後なのです。

今後、ロングバレルモデルは「4inchインナーバレル&整流スリーブカスタム」のみを製作する予定なのですが、
「パイソン アウターバレル」には、スペースの都合上、

整流スリーブの「ベース基部」を組み込む事が出来ないのです。



実質、「スマイソン 6inch」は、これで終了なのです。




やっぱり「短いバレル」が好きなのです(^ω^)












(追記)


そして「ラストスマイソン」が、












「黒いスマイソン」に♪



以前の「ステンレスシルバー」に、「ブラックパーカー」を重ね吹き。

乾燥後、ほんの少し研磨。














グリップフレームは薄目に「ブラックパーカー」を吹き、少し経年感を表現。
やはりグリップ部分のブルーが、一番擦れて薄くなるであろう、との考えなのです。
























中身は以前と全く同じなのです(^ω^)







やっぱり、黒かなと。  

2016年12月14日

今年の総決算。

こんにちは♪butchです(^ω^)







慌ただしい師走の中、今年最後の「フルカスタム」。

やっとこさ「塗装&フィッティング」が完了!!!








そう、アレです(^ω^)








塗膜の厚みを考えずに「塗装」してしまった為、「再フィッティング&再塗装」を行うハメに( ;´Д`)





やり直した甲斐があり、キッチリ組む事が出来ました♪






「R-modelのアウターバレル」を使用!「colt刻印」なのです(^ω^)

とても「フロントヘビー」。










「スマイソン2.5inch HW」製作を取り止め、こちらの製作を優先致しました。








「外装&内部カスタム&塗装」の三重苦、「フルカスタム」なのです(^ω^;)




続く。