2018年01月09日

「拘る」のでは無く、「極めたい」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ ;)






さて、昨年末よりチューニング致しておりました、






「M40HW センチニアル bcw 吉兆」、







「M327 5inch HW ver.Q」、そして







「M36HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム bcw 量産型初号機」が無事に完成致しました!




「JフレームシリーズのDAトリガープル改善」はもちろんの事、これ等の三機種は先日申し上げました

「低出力化を具現化したペガサスリボルバー」

であります。




「インナーバレル長が短かく、ガスタンクが小型」のJフレームシリーズはもちろんの事、
「5inchバレルモデル」であるM327にいたっても例外ではございません。



後日、良き日に当ブログにて発表していきたいと考えておりますが、先ずは信頼と実績の









M327 5inch HW ver.Qからなのです( ^ω^ )


さて、「ver.Q」と略して申し上げてはおりますが、このM327、

ゴリッゴリのカスタムチューニングモデルなのです。




チューニング内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。
◯天使の輪っかセットwithペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1を組み込み済み。
◯ガスタンクを「A90化」☜new!
◯PRF化☜new!
◯DAスムーストリガーシステム☜new!

※M327の「DAスムーストリガーシステム」に関しては、「DAトリガープルの改善」の為では無く、
「トリガーストロークを少しでも短縮させる」と言う意味合いで搭載致しております。

「0.5mm位は短縮出来ていると思ふ...。( ;´Д`)」


※M327のDAは、未調整でも比較的スムースなのです。
※すっかり忘れていたのですが、後日トリガーストップ加工を施したいと思います。


そして今回施しました「M327カスタムチューニングの目玉!」








コレです( ^ω^ )✨








以前から申し上げております「インナーバレル長4inch至高理論」にのっとり、

インナーバレルを「4inch化」!!!
※4inch...10.16cm。「4inch インナーバレル化」に関する記事はこちら
http://butch.militaryblog.jp/e832693.html




そして「短縮化」されたインナーバレル長を補うべく、





「0.5inchの整流スリーブを追加」!!!




しかも今回の「整流スリーブ」、











脱着可能なのです!!!new!

※取り付けの際に「高粘土グリス」を塗布し、気密を保持。
かなりタイトにインナーバレルと整流スリーブの寸法合わせを致しておりますので、
あまり必要性は感じ無いのですが( ;´Д`)





現在、出先で画像を見ながら記事を書いておりますので、チューニング内容に抜けが有るとは思いますが、
主だった加工調整はこれ位でしょうか。





閑話休題。




さて「M327 ver.Q」。





現在、この程度の初速で「0.2gBB弾を~30m程、水平弾道にて」飛ばす事が可能です。
※「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」を使用、「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を一秒強注入し、試射。
※※飛距離は目視にて確認。私の主観なのです。
※※※もちろんポップは「0.2g BB弾」に合わせ、適正ポップ状態。













素晴らしいのです。












それはそうなのですが、一つ問題点が露呈。











0.2gBB弾、風の影響を非常に受け易い。



「M327 ver.Q」は可変ポップモデルです。
ポップ突き出し量を「0.25g」、もしくはそれ以上の重量弾に合わせ、調整すれば良いだけなのです。

それで全ては事足りるのです。





「M327 ver.Q」は。



















この「Jフレームシリーズ」、固定ポップ仕様なのです。

極力「低出力にて0.2gBB弾を、水平弾道で25~30m飛ばせる様に」カリッカリにチューニング致しております。

















( ゚д゚)












かんがえてなかった。















いくら「0.2gを使用し、25~30m飛ばしたところで...」

風の影響を受け、思った所に飛ばせなければ意味が無い。













と言う訳で、上記二機種の「Jフレームシリーズ」。













「0.25g仕様」にする為、一からチューニングし直します。  

2018年01月02日

it's a new find.

こんばんは♪butchです( ^ω^ )





細かなチューニング、フィッティングは残っているのですが、
一応、完成致しました!














タナカ ペガサスリボルバー 「M40(A1) センチニアルHW bcw 福音」なのです。

正式名称は「M40(A1)センチニアルHW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム」なのです。



「新たなるJフレームチューニングの根幹」である「DAスムーストリガーシステム」、
そしてJフレームシリーズガスタンクの構造上、完成させる事が困難であった
「A90化」も、意外とあっさり完成。

内部チューニングに関しては、私が過去に製作した「Jフレームシリーズ」最高の完成度であると断言できます。





今後、試射を重ねながらの調整が必要なのですが、おそらく目標である

初速~55m/s程での水平弾道距離25~30m

に関しては、あっさりと達成可能だと思うのです( ^ω^ )















全ての「Jフレニスト」への「福音」となる可能性が、
この「センチニアル」には詰まっているのです。



ただ、今回完成致しました「新たなるJフレームチューニング」、面倒なのです( ;´Д`)


とんでもなく。









続く。  

2017年10月27日

空間と時間をコントロールした、その先。

こんばんは♪butchです\(^o^)/






完全に躁状態のおっさんです。






さて、連日申し上げております、






「ペガサスリボルバー S&W Jフレームシリーズ改修」なのですが、
「DAトリガープル」、「アクション調整」に関しては解決致しました。





次のステージへ。





実は今回の「Jフレーム改修」、もう一つ「大きな目標」がございます。





それは何かと申しますと、「タナカ ペガサスリボルバー S&W Jフレームシリーズ」の



飛距離を劇的に伸ばしたい。
※目標は水平弾道にて25m以上。
東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用、ガンパワーHFC134aを一秒弱注入した状態で、使用した際の数値。














可能な限り、ギリギリの低初速で。


小さなガスタンクにかかる負荷を、少しでも抑えたいのです。







その「無謀な目標」を達成する為の加工にて、身体中に「真鍮の切削屑」が刺さり、
私は「真鍮ハリネズミ」になってしまったのです( ;´Д`)



まだまだ予断は許しませんが...。







続く。





  

2017年10月26日

空間と時間をコントロールする、概要。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)







さて、先日申し上げました「空間と時間をコントロールする。」







※この画像に全ての答えがございます。

記事を読み返して思ったのです。






抽象的過ぎて、訳わからんやろ。



という訳で、もう少しだけ掘り下げてみたいと思います。





結局、「S&W Jフレームシリーズ」独自の


「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃった」DAトリガープル。





原因は何かと申しますと、やはり「シア」です。

それは間違いございません。




ただし、




シアに手を付けてはなりません。





よく聞く「接点の磨き上げ」等、比較的軽いチューニングもございますが、



絶対に手を付けてはなりません。



ほんの少し、「曖昧な、あまり意味を感じない位のトリガープル向上の為」に、
「それ以外の全ての性能」を犠牲にする事となるのです。




「シア」と言うパーツは、箱出しの状態で、完全に完成しているのです。



何人たりとも、入り込む余地などございません。




もし「シア」に手を付けるのであれば、本当に

「ペガサスリボルバーを、一から設計し直す。」

それ位の覚悟が必要なのです。













「シア」は、不可侵の領域なのです。











それでは今回の「ペガサス Jフレームシリーズ DA改善」、どこに手を付けたかと申しますと、



トリガーシア&ハンマーシアです。






















ペガサスリボルバーの「空間と時間をコントロール」しているのは、「トリガーシア&ハンマーシア」です。


そして「シア自体」は、不可侵の領域です。










シア自体は。







そして「シア自体」は完全に独立して運動している訳ではございません。

一連の動作にある、「パーツの一つ」でしかございません。



要するに、「シア」が正常に動作し、機能させる為に必要な



空間と時間に、ほんの少しだけ「私の意思」を加えるのです。













原因は「DAシア自体」にあるのではなく、「DAシア」が機能する「その瞬間」。









シアの「掛かり方」に有るのです。





私に「0」から産み出すことは不可能です。

ただ、再構築する事は可能です。







「空間を再構築し、新しい時間の流れを産み出す。」






それが「空間と時間をコントロールする」という事なのです。





この考え方は「ペガサスリボルバー」に、とても小さな波紋を産み出すと思うのです。




















そして小さな波紋が大きく拡がる事は、必然です。  

2017年10月25日

空間と時間をコントロールする。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)







先日購入致しました



コレで、とある真鍮パーツを切削していた時の事。





うわぁ♪めっちゃ削れルゥ\(^o^)/




真鍮って、とても硬いんです。

少し削るだけでも手作業ではとても時間がかかり、非常に疲れるんです。


しかし電動工具を使用する事により、非常にサクサクと作業が進むのです。




「小型のリューターでもこの快適さなのだから、
卓上フライス盤なら、もっと様々な事が...。」」





もちろん知識や経験は必要なのだと思います。

作りたい物の為なら、努力は惜しみません。






閑話休題。







何か、腕と太ももがチクチク痛む。



何だろう?と思い、痛い部分をさすってみると、更に「チクチクする範囲」が広がる始末。




これは一体どうした事か?と、チクチクする部分をよく見てみますと、

体毛と一緒に、「キラキラしている短い毛の様な物」が。



更によく観察しますと、













コレは毛やない。

















真鍮や。












そうです。

愚かな私は「パンいち」、要するに「パンツ一丁」で真鍮の切削作業をしていた為に、
「針状の細かい切削屑」が身体に付着し、それが身体中に刺さってしまっている状態なのです。






真鍮ハリネズミ状態なのです。









「俺、金属探知機に反応するかも。」






閑話休題。




さて、先日「再起不能に陥った」とお伝え致しました




「タナカ ペガサスリボルバー S&W M36 アーリー」。





新たにパーツを購入し、


「またやってしまうかもしれない...。」


と思いつつ、再度「トリガーシア&ハンマーシア」の加工調整に挑戦。































そして成功。










Jフレームシリーズ独自の

「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃう」仕様トリガープルの原因。








それはやはり、「シア」が原因なのです。





そして「空間と時間をコントロールする」事が可能になった事により、
「引き始めがググッと重く、そのままの勢いで引き切っちゃった」仕様のトリガープルを改善する事に成功。

引き始めから引き終わり迄、同じテンションのトリガープルが完成致しました。
※判断基準は私の感覚のみですが\(^o^)/




「空間と時間をコントロールする。」



そして、その加工調整は「Jフレームシリーズ」のみに止まりません。

今回行った「トリガー&ハンマーシアの加工調整」は、Jフレームシリーズのみならず、
全ての「タナカ ペガサスリボルバー S&Wモデル」にも対応する加工調整なのです。







それでは「Jフレームシリーズ以外のS&Wリボルバー」には、どの様な福音をもたらすのか?

































空間と時間をコントロールする=









「機械的なトリガーストローク短縮」を可能にするのです。

※トリガーストップ...物理的なトリガーストローク短縮。  

2017年10月11日

不可侵の領域。

こんばんは♪butchです。・゜・(ノД`)・゜・。






今回はペガサスリボルバーチューニングにおいて、

絶対に手をつけてはならない部分

についてのお話です。





これについては





S&Wも、





COLTも、





SRも関係ありません。





唯一触れてはならない、不可侵の領域なのです。







未加工純正の状態こそが至高であり、秘められた黄金律によって成り立つものなのです。









私は現在製作中の







「S&WM36 アーリーチューニング」において、その不文律を犯してしまいました。




そしてその結果、一部パーツが再起不能に...。
















解ってはいたのです。

結果どうなるのかと、理解していたのです。





それでも私は諦められなかったのです。


S&W Jフレームにおける、至高のアクションを。







ほんの少し、 少し磨けば、更にアクションがスムースになるのではないか?


ほんの0.1mm形状を修正すれば、「Kフレームシリーズ」の様なアクションを再現できるのではないか?










やはり甘かった。









純正の状態が、至高であり究極。

絶対不可侵の黄金律。








私のチューニングを、唯一受け付けないパーツ。





それが、











トリガー&ハンマーのシアなのです。

















甘い考えは、一切通用しません。


「少しだけなら...」





100%、アクション精度が下がってしまいます。

それどころか、0.1mmでも形状や寸法が狂ってしまうと、




正常に動作しなくなってしまうのです。






恐ろしく「シビアな部分」なのです。















「シアこそが、アクションの全て」なのです。













  

2017年10月09日

私の為の「ペガサス Jフレ チューニングまとめ」。

こんばんは、butchです。・゜・(ノД`)・゜・。


















S&Wであって、S&Wから逸脱している「Jフレームシリーズ」。

微妙に「COLTを感じるアクション&トリガープル」。





これは一体何なのか?






またもや一丁のペガサスリボルバーを再起不能にし、ようやく気が付きました。





この違和感は、DAシアから感じるのだ。




当分休みますが、続く。
  

2017年10月09日

あなたのチーフと比べてみて下さい、その2。

こんばんは♪butchです( ^ω^ ;)






何故か「夏の陽射し」が戻っている、魔都大阪。

皆様いかがお過ごしでしょうか?














さて、先日よりスタート致しました「M36 アーリーチューニング」。




タナカ ペガサス Jフレームシリーズの「PRF化」が50%程、完成致しましたので、

早速動画にしてみました♪






何故かフレームサイズが小さくなってしまいましたが、伝えたい事は伝わるかな、と( ;´Д`)


もちろんですが、ハンマーやトリガーをゆっくり引いても「確実にチチバンするのです」。





もう少しチューニングを詰めていきたいと思います。




(追記)


トリガー DAシア
  

2017年10月08日

あなたのチーフと比べてみて下さい。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)












さて、先日よりスタート致しました「S&W M36 アーリー」のアクションチューニング。

帰宅が深夜の為、電動工具を必要としない部分から、チューニングを始めております。







先ずは、アクション(トリガープル)に多大な影響を与える「シリンダーアッセンブリ」。



「ペガサス Jフレームシリーズのシリンダー」は、「その他フレームサイズのシリンダー」よりも、
スムースに回転し難いのです。


二点の程、シリンダーの回転を妨げる要素がございますが、今回その「シリンダーの回転を妨げる要素二点」を
排除する事に成功致しました。












動画のシリンダーアッセンブリには「ペガサス病対策加工調整」や「PRF加工」を施していない状態でございます。




それでも回っているでしょ?





更に「上記二点のチューニング」を施せば、


もっとスムースに回転する様になります。















自慢です( ^ω^ )
  

2017年10月06日

「M36 2inch HW アーリーモデル」、一部のみ改修。...二度とやらねぇ。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)




















さて、先日お伝え致しました「M36 アーリーモデル」のアクション改修。
手元に届いておりましたので、ガスを注入する事も無く、先ずは
















分解です♪





外装カスタムや、塗装は行いません。

それより何より、「トリガープルがスムースで気持ち良く、撃って楽しいペガサスJフレーム」を作りたいのです。





100%アクション重視なのです。


アクション精度を突き詰めれば、自ずとその他はついてくる筈なのです。








外装に手は加えませんが、やはり「これだけは再現したい」。










ハンマーノーズブッシングなのです。




ただの「モールド」なのですが、有るのと無いのでは、高揚感が全く異なるのです。






俺はやった。

と言う「満足感」が、非常にございます( ^ω^ )

※もちろん貫通致しておりません。モールド中心で、白く光っている部分が違法改造防止の為の「金属板」。

























( ^ω^ ;)ただですね...
















ハンマーノーズブッシングの画像を注視していただくと、お解りになると思いますが、
違法改造防止の為、ペガサスリボルバーのリコイルプレートには、「非常に硬い金属板」が埋め込まれているのです。
(※白く光っている部分。ちょうどハンマーノーズブッシングモールド付近の内側部分)




このインサートされている「金属板」。



非常に硬いんです。











大切な事なので、もう一度言います。









このインサートされている「金属板」。









非常に硬いんです。










何を申し上げたいかと申しますと、モールドを切る為の「切削刃物」の刃先が、
この「非常に硬い金属板」と接触する事により、





たった一回の加工で潰れてしまうのです。





この「ハンマーノーズブッシングモールドを再現する為の刃物」。

ベースは市販品なのですが、そこから数時間かけて精密ヤスリで刃先の形状を整え、
やっと使用出来る物なのです。



ベースとなる刃物も、安くはございません。







作り置きしておいた「刃物」は、全て使い物にならなくなってしまいました。
































。・゜・(ノД`)・゜・。














そう言った意味でも「最後のJフレーム」なのです。















※非常に効果の高い「違法改造防止策」であり、それを否定するものではございません。
「ハンマーノーズブッシングモールド」を切らなければ良いだけの事なのです。