2018年02月04日

狂気の結晶。

こんにちは♪butchです(( ;´Д`)































遂に完成です。

















































私はこの数年、「ペガサスチューニング」に没頭して参りました。

今回の「M36 2inch HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム」をもって、
「私のペガサスチューニング」は一つの区切りを迎えたのではないか、と考えているのです。



この「M36」に施した「ペガサスチューニング」が、私のそれにおける

「一つの完成形」なのです。


やり残した事は、何一つとしてございません。











今後も新たな「ペガサス チューニング法」を発想するかも知れません。
しかし、それはあくまでも枝葉であり、「根幹の全て」は今ここに存在するのです。





この「M36 2inch HW ver.2」は、私の狂気の結晶です。

















閑話休題。





さて「M36 2inch HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム bcw 量産型初号機」 のカスタム、
チューニング内容なのですが、






○「ペガサス病対策加工調整」。

○「バルブパッキン」を「ペガサス病対策パッキンNBR90ver1.1」に交換。それに伴う加工調整。

○パッキン類を「天使の輪っかセット」に交換。
※今回「シリンダーギャップパッキン」には使用せず。

○「A90化」。
※「ペガサス病対策加工調整」、「ペガサス病対策パッキンNBR90」、「天使の輪っかセット」の三点を、
可能な限りタイトに組み合わせる事により、細やかな初速調整を可能にする加工調整。
うまく説明する事が難しいのです( ;´Д`)

「Jフレームシリーズ」では初めて「A90化」に成功。

○シリンダーパッキンを「ゲボスケ」に交換。
※内部マガジンは使用出来ません。最大装弾数は5発なのです。

○PRFver1.1化。
シリンダーの運動量、範囲等を調整。
それに伴い「BB弾」、「チャンバーパッキン」、「ガス放出口」のセンター出し。
「グルーピング向上」を目指すには、必須の加工調整。

○ver.2A2化。
ホップ突き出し量調整+バレルハウジング&インナーバレルの固定調整。
※固定ホップ仕様。現在は「東京マルイ製 スペリオール0.28gBB弾」に合わせて調整。
※「Jフレームシリーズ 現行最新型」の「インナーバレル、M327パッキン、バレルハウジング仕様」なのです。

○あらゆる「パッキン」や「スプリング」の交換、加工調整等。

○初速調整。

○アクション調整etc...。





そして「タナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」独自の

「DAの引き始めがググッと重く、そのまま引き切っちゃった」
仕様トリガープルを改善する為の


◯DAスムーストリガーシステム加工!!!





「時間と空間をコントロールする。」





この「DAスムーストリガーシステム」が完成していなければ、ここ迄「Jフレームの深み」に陥る事も無かった事でしょう。

そして、「0.28g弾を使用し、水平弾道距離にて25mを目指す」事も無かったと思います。







そして、その「DAトリガープル」なのですが、





最大装弾数である「五発」を装填した状態にて、「digtal luggage scale」を使用し計測。
※危険な為、ガスは注入していない状態にて計測。


約~1.5kg程。


手前味噌なのですが、スムースで心地良い「DAトリガープル」なのですε-(´∀`; )





私のチューニングは「先ず、アクションありき」。

スムースなアクションが完成しなければ、そこから先に進む事は叶いません。




「アクションチューニング」こそがペガサスチューニングの第一歩であり、全てなのです。


















それでは「初速計測」なのです!




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(1秒弱程注入)。
※~11.4度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。
※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。
◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。
○本体、ガスタンク、ガスボンベは一切温めておりません。冷えた状態での計測なのです。



















寒いながらも、なかなかの安定感。

そして過去に製作した「チューニングペガサス」に比べ、段違いに低い初速。

しかしながら「ガスタンクの小さなJフレームシリーズ」は、それで良いのです。


もとい、それが良いのです。










そして恒例の「最高初速計測」なのです!



※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(1秒弱程注入)。
※※「~40度」の恒温庫にて「15分間安置後」、~12度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。
※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。
◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。








同様の計測を三度行い、上記の画像の数値が、計三度での最高初速なのです。


もちろんですが、初弾なのですε-(´∀`; )

「JフレームのA90化」が可能になったことにより、より確実な「ペガサス病対策加工調整」が施せる様になりました。











そして、極一部のマニア様、お待ちかね!!!


「5mグルーピング計測」なのです!!!





※東京マルイ製 スペリオールバオ 0.28g BB弾を使用(無選別にて使用)。
(抜弾抵抗を下げる為、いつもの小細工を施しております。)
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを1秒弱程注入後、室温にて5分間安置後、計測。
※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~25度の室内にて計測。
※ホップは「0.28g適正状態」での計測。
◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「~5mジャスト」。

※5発でのグルーピングを計測。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。
※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。




※「グルーピング計測」に使用している機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html


この計測では、最大装弾数「5発1セット」でのグルーピングを計測致しております。

※今回は「5発1セット」を計3回、合計3セットを計測。











それでは「第一セット」。














最大グルーピングは「約5.6cm」。









そして「第二セット」。














最大グルーピングは、「約5.9cm」。









そして「第三セット」。


※数ヶ月ぶりの計測を行いましたので、「第一、第二セット」では雑にトリガーを引いてしまった様に思います( ;´Д`)
第三セットでは、極力慎重にトリガーを引きました。





















最大グルーピングは「約4.5cm」。

やはり重要なのは「トリガーを引く人間の技量」の様です( ;´Д`)











そして今回、新たなる要素である「遠射精度」を動画にて撮影致しましたε-(´∀`; )




前もって申し上げておきますが、
今回の計測では「~25M計測」は行いませんでした。


とてもではございませんが、水平弾道ではターゲット迄、届きません。




完全に言い訳なのですが、


気温~3.5度では真価を発揮出来ません。



今回計測に使用した「M36のシリンダーアッセンブリ(ガスタンク)」を上着のポケットに入れ、
試射の直前迄温めていたのですが、あまりに寒く、ガスタンクを温めるというよりも

「キンキンに冷える事を防ぐ。」

が主な目的となってしまいました。

春、もしくは夏場のもう少し条件が良い時節に、再度チャレンジしたいと思います。





今、ふと思ったのですが、

何故、「ほっカイロ」を持っていかなかったのか?



※ちなみに「M36本体」は全く保温していない状態からの試射でございますので、
低気温により「ホップパッキン」は硬くなっていたのではないか、と思われます。




とにかく計測条件が厳し過ぎました( ;´Д`)



(注意)

動画にて仕様している「ターゲット(一般的なサイズの一斗缶)」&「距離を測っているメジャー30m用(巻尺)」は





こちらです。





ちなみに「一斗缶」の寸法は「35cm×23cm×23cm」の物を使用致しております。




○計測に使用したBB弾は「東京マルイ製 スペリオール0.28gバイオ弾(無選別)」。
○計測に使用したガスは「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(一秒弱注入)」。
※15mでの計測から、20mでの計測に移る際、ガスの継ぎ足し等は一切おこなっておりません。

○15m、20m共に各5発づつの計測でございます。サイトのゼロイン等は全くおこなっておりません。
※あまりに寒く、数多くを撃てる状況では無かった為、狙点を探りながらの計測でございます。
※試し撃ち等は一切おこなっておりません。計10発のみの射撃でございます。



それでは動画をご覧下さい!!!




※音声が小さ目なので、少し音量を大きくしてご覧下さい。








計測を終えての感想なのですが、


よく命中したな...ε-(´∀`; )








何故って、「インナーバレル長が4cmしかない」




「タナカ ペガサスリボルバー M36 2inch」ですからね!!!














これが「タナカ ペガサスリボルバー」に備わる、本来のポテンシャルなのです。


「1/1000」だって不可能では無いのです。


現状、私が至っていないだけなのです。











完。




  

2018年01月30日

「未来の俺氏へ」&「M36 ver.2A1」の仕様変更 &「vs 東京マルイ製 Vホップパッキン」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)





(重要)

未来の俺氏へ。






バレルハウジング&インナーバレル&ホップパッキンの、


Y型固定法。







続きまして、








先日よりお伝え致しております






「東京マルイ製 ベアリングバイオ 0.25gBB弾」を使用し、水平弾道距離にて~25mを目指す、
「M36 2inch HW ver.2A1」の途中経過なのですが...



一身上の都合により、「仕様変更」がございます( ;´Д`)



その変更された「新たなる仕様」なのですが、






























0.25g最適化仕様☞0.28g最適化仕様へ。





「東京マルイ製 スペリオール0.28gBB弾」を使用し、水平弾道距離にて~25mを目指したいと思います。

もちろん使用するガスは入手性の高い「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を使用し、
以前から申し上げております「低出力仕様」に変更はございません。


極力「ガス放出量を減らした上で」、0.28gBB弾を水平弾道距離にて「~25m」飛ばしたい。
もしくはそれ以上。






無謀な仕様変更と思われるかも知れません。

「無理に決まっている」と。






現在、私が申し上げられる確かな事は、



現状でも0.28g弾を使用し、水平弾道距離にて~20mは確実にクリアできる。


低出力化仕様でも。






ただ、一つ問題が有るのです。




そして「その問題」を解決する為の「Y型固定法」なのです。


数年来、ペガサスリボルバーをチューニング致して参りましたが、

「全く気付いてなかった。」


帰宅後、早速加工したいと思います。













そして数年前にも一度行いましたが、今回で「完結」致します、この試み。























※上が「M327仕様」、下が「Vホップパッキン仕様」。
どちらも「カリッカリのチューンドペガサス」なのです。



「東京マルイ製 Vホップパッキン vs タナカワークス製m327型ホップパッキン!!!」









刮目します?









続く。  

2018年01月09日

「拘る」のでは無く、「極めたい」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ ;)






さて、昨年末よりチューニング致しておりました、






「M40HW センチニアル bcw 吉兆」、







「M327 5inch HW ver.Q」、そして







「M36HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム bcw 量産型初号機」が無事に完成致しました!




「JフレームシリーズのDAトリガープル改善」はもちろんの事、これ等の三機種は先日申し上げました

「低出力化を具現化したペガサスリボルバー」

であります。




「インナーバレル長が短かく、ガスタンクが小型」のJフレームシリーズはもちろんの事、
「5inchバレルモデル」であるM327にいたっても例外ではございません。



後日、良き日に当ブログにて発表していきたいと考えておりますが、先ずは信頼と実績の









M327 5inch HW ver.Qからなのです( ^ω^ )


さて、「ver.Q」と略して申し上げてはおりますが、このM327、

ゴリッゴリのカスタムチューニングモデルなのです。




チューニング内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。
◯天使の輪っかセットwithペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1を組み込み済み。
◯ガスタンクを「A90化」☜new!
◯PRF化☜new!
◯DAスムーストリガーシステム☜new!

※M327の「DAスムーストリガーシステム」に関しては、「DAトリガープルの改善」の為では無く、
「トリガーストロークを少しでも短縮させる」と言う意味合いで搭載致しております。

「0.5mm位は短縮出来ていると思ふ...。( ;´Д`)」


※M327のDAは、未調整でも比較的スムースなのです。
※すっかり忘れていたのですが、後日トリガーストップ加工を施したいと思います。


そして今回施しました「M327カスタムチューニングの目玉!」








コレです( ^ω^ )✨








以前から申し上げております「インナーバレル長4inch至高理論」にのっとり、

インナーバレルを「4inch化」!!!
※4inch...10.16cm。「4inch インナーバレル化」に関する記事はこちら
http://butch.militaryblog.jp/e832693.html




そして「短縮化」されたインナーバレル長を補うべく、





「0.5inchの整流スリーブを追加」!!!




しかも今回の「整流スリーブ」、











脱着可能なのです!!!new!

※取り付けの際に「高粘土グリス」を塗布し、気密を保持。
かなりタイトにインナーバレルと整流スリーブの寸法合わせを致しておりますので、
あまり必要性は感じ無いのですが( ;´Д`)





現在、出先で画像を見ながら記事を書いておりますので、チューニング内容に抜けが有るとは思いますが、
主だった加工調整はこれ位でしょうか。





閑話休題。




さて「M327 ver.Q」。





現在、この程度の初速で「0.2gBB弾を~30m程、水平弾道にて」飛ばす事が可能です。
※「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」を使用、「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を一秒強注入し、試射。
※※飛距離は目視にて確認。私の主観なのです。
※※※もちろんポップは「0.2g BB弾」に合わせ、適正ポップ状態。













素晴らしいのです。












それはそうなのですが、一つ問題点が露呈。











0.2gBB弾、風の影響を非常に受け易い。



「M327 ver.Q」は可変ポップモデルです。
ポップ突き出し量を「0.25g」、もしくはそれ以上の重量弾に合わせ、調整すれば良いだけなのです。

それで全ては事足りるのです。





「M327 ver.Q」は。



















この「Jフレームシリーズ」、固定ポップ仕様なのです。

極力「低出力にて0.2gBB弾を、水平弾道で25~30m飛ばせる様に」カリッカリにチューニング致しております。

















( ゚д゚)












かんがえてなかった。















いくら「0.2gを使用し、25~30m飛ばしたところで...」

風の影響を受け、思った所に飛ばせなければ意味が無い。













と言う訳で、上記二機種の「Jフレームシリーズ」。













「0.25g仕様」にする為、一からチューニングし直します。