2018年03月27日

スマイソン 4inch HW DOB ''Hi-mod''、完成!!!

こんにちは♪butchです( ;´Д`)









やっぱ、Kフレームがいいわぁ。


という訳で、

















「スマイソン 4inch HW DOB ver.2A1 PRF ペガサス病対策加工調整ver.2 ''Hi-mod''」の完成です( ;´Д`)


私の場合、チューニングやカスタムを施し、数値を計測すると直ぐに売ってしまうのですが、

この「スマイソン」は長いお付き合いでした...。



「Kフレームシリーズ Hi-mod」を完成させる為の''礎''となったスマイソンなのです。















もちろん「DOB」なので、フロントサイトベースのピンを二本抜き、フロントサイトを外し、

フロントサイト下部にある「芋ネジ」を緩め、アウターバレルを反時計回しに回すと、

アウターバレルをフレームから分解可能なのです。














塗装には「ウィルソン アーマタフ」もとい、「インディ オリーブドラブ」を使用。


そして、非常に重要な「トリガーストップ」。

ギリギリの1.5歩手前迄、トリガーストロークを短縮。 数ミリの短縮なのですが、トリガープルの印象が全く異なるのです。

こちらに慣れてしまうと、未加工のトリガーストロークが異様に長く感じてしまうのです。



Kフレームシリーズの場合、Jフレームシリーズとは異なり、安易に機械的にトリガーストロークの短縮を行う事が出来ません。

(出来ない事は無いのですが、少しアクションが不安定になってしまうのです。)

やはり「トリガーストップ」が、一番有効な「トリガーストローク短縮加工」かと思われます。






ちなみに「トリガープル」は、DAにて計測したところ、「0.9~1kg」でした。

※ガスを抜いた状態で、BB弾を6発装填し「MY CABON」にて計測。

旅行カバンの重量を量る為の、デジタルスケールなのです。






結局、サムピースは従来型に戻しました。


何かこう、新型はしっくりこなかったのです( ;´Д`)









一番大変な「エジェクターシュラウドの拡大、整形」。

そしてヨーク(クレーン?)の「二連ディティントボール加工」。

それに伴う「フレームのロック基部加工」。


このスマイソンを加工した後(一年ほど前)、ロック基部加工に使用していた刃物を紛失してしまい、

新たに購入しようと思っていたのですが...売ってませんでした( ;´Д`)



今後、どうしよう((((;゚Д゚)))))))












そして「ハンマーノーズブッシング」のモールド加工。

Jフレームシリーズは機種により、加工を施す事が出来ないのですが、Kフレームシリーズの場合、

漏れなく加工が可能なのです(=´∀`)人(´∀`=)



...全くもって、何の役にも立ちませんが( ;´Д`)










スマイソンのトップビューは良いです♪(´ε` )

何かこう、ごちゃごちゃしていて。

極私的な意見なのですが、スマイソンの魅力は「いびつさ」なのです。




今回、ハンマーノーズは取り外しております。全く問題無く、再度組み込む事も可能です。
※予備パーツ有り。








それでは「スマイソン 4inch HW DOB ver.2A1 PRF ペガサス病対策加工調整ver.2 ''Hi-mod''」の、

カスタムチューニング内容なのですが、






○「ペガサス病対策加工調整ver.2」。
※「ペガサス病対策加工調整ver.2」は、「ペガサス病対策加工調整」、「A90化」、
「ペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1」を''機能として一体化''させる為の加工調整なのです。

○パッキン類を「天使の輪っかセットver.2」に交換。

○シリンダーパッキンを「ゲボスケ」に交換。
※内部マガジンは使用出来ません。最大装弾数は6発なのです。

○PRF化。
シリンダーの運動量、範囲等を調整。
それに伴い「BB弾」、「チャンバーパッキン」、「ガス放出口」のセンター出し。
「グルーピング向上」を目指すには、必須の加工調整。

○ver.2A1化。
ホップ突き出し量調整+バレルハウジング&インナーバレルの固定調整。
※固定ホップ仕様。現在は「東京マルイ製 スペリオール0.28gBB弾」に合わせて調整。


○あらゆる「パッキン」や「スプリング」の交換、加工調整等。

○初速調整。

○アクション調整etc...。



























それでは「初速計測」なのです!




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(2秒弱程注入)。

※~21.1度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。

※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。

◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。

○本体、ガスタンク、ガスボンベは一切温めておりません。



ちなみに「ストレインスクリュー」の締め込み具合は、





この程度なのです。

ゆるゆるです( ;´Д`)

































そして恒例の「最高初速計測」なのです!



※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(2秒弱程注入)。
※※「~40度」の恒温庫にて「25分間安置後」、~23.3度の室内にてXCORTECK X3200を使用し、計測。
※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。
◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。



ガスタンク(シリンダーアッセンブリ)は、ほっこほこの状態です。







※初弾にて記録。








そして、極一部のマニア様、お待ちかね!!!


「5mグルーピング計測」なのです!!!





※東京マルイ製 スペリオールバオ 0.28g BB弾を使用(無選別にて使用)。

※今回、''抜弾抵抗を下げる為の''いつもの小細工''を施しております。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを2秒弱程注入後、室温にて5分間安置後、計測。

※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~18.4度の室内にて計測。

※ホップは「0.28g適正状態」での計測。

◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「5m」。


※6発でのグルーピングを計測。

※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。

※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。




※「グルーピング計測」に使用している機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html


この計測では、最大装弾数である「6発1セット」でのグルーピングを計測致しております。

※今回は「6発1セット」を計3回、合計3セットを計測。











それでは「第一セット」。









最大グルーピングは「約2.7cm」。









そして「第二セット」。











最大グルーピングは、「約2.2cm」。









そして「第三セット」。















最大グルーピングは「約2.7cm」。







「Kフレームシリーズ Hi-modチューニング」において、「5m計測 最大グルーピングの限界」。

おそらくですが、この程度ではないか、と。



「Hi-modチューニング」については後日、記事に致しますが、根本的に「1/1000を目指す為のチューニング」とは異なるのです。








そして「遠射精度」を動画にて撮影致しましたε-(´∀`; )





※ちなみに「スマイソン Hi-mod本体」は、全く保温していない状態からの試射でございます。




(注意)

動画にて使用している「ターゲット(一般的なサイズの一斗缶)」&「距離を測っているメジャー30m用(巻尺)」は





こちらです。





ちなみに「一斗缶」は、「35cm×23cm×23cm」の物を使用致しております。




○計測に使用したBB弾は「東京マルイ製 スペリオール0.28gバイオ弾(無選別)」。
○計測に使用したガスは「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(2秒弱程注入)」。




それでは動画をご覧下さい!!!






※画質が圧縮されておりますので、YouTubeにて「720HD」にてご覧下さい。
※タイトルをクリックしていただきますと、YouTubeへ飛びます。





逆光、恐るべし。









上記致しました程度の精度が伴っていない限り、「25m」という距離において「ターゲットを狙い」、命中させる事は不可能です。







「偶然を必然に昇華させる。」






それがチューニングってもんです。






100%には、遠く及びませんが...( ;´Д`)





「スマイソン 4inch HW DOB ''Hi-mod」、完。




  

2018年02月27日

スマイソン、ニューモッド。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)


















「ペガサス病対策加工調整ver.2」、初の実装機であり、








初めての「カラードリボルバー」であり、









余剰パーツを駆使し、製作された、ある種の「極北」。

















































私は、この「スマイソン ニューモッド」で、ペガサスリボルバーにおける「一つの頂点」を目指す。





「一つの頂点」を証明する為だけに、製作された「ペガサスリボルバー」なのです。





続く。