2016年01月29日

「小さ過ぎるんだよな...」、解決!

こんにちは♪butchです(;´Д`A







さて、先日完成致しました「タナカ M36 3inch」






STシステム、天使の輪っかセットver.1withペガサス病対策パッキンを併用する事により、


「余す所無く、ポテンシャルを発揮致しております。」

だと思います(;´Д`A







ですが、タナカ M36(Jフレームシリーズ)において、解決出来なかった問題が2つございます。



一つ目の問題の解決策は大まかに完成しているのですが、金属加工が必要になるので、もちろんの事


「先送りですね。」





どちらかと申しますと、もう一つの方が難題です。


それはですね...








「グリップが小さ過ぎる。」





私butchは、顔面が凶悪だと巷で囁かれておりますが、


「女の子みた~い(^ω^)、手だけ。」


と、よく言われます。

指が細く、爪が大きく、なおかつおっさんにしては手が小さいのです。




そんな私ですら感じる「グリップの小ささ」。












「正確なグリッピングは、正確な射撃に通ずる。」






となりますと、








これしか無いかぁ...
  

Posted by butch at 14:14チラ裏

2016年01月28日

飽きたとは言いつつも。

こんにちは♪butchです(^ω^)
今日は少し暖かい。ほっこりした気分でございます。












もう、本当に飽きが来てしまった「スマイソン HW」製作。
製作時のワクワク感がかなり薄れて来ております。


製作工程が完全にパターン化している為です。



「作り過ぎた...」






作るからには、良い物を作りたい...
なんて事を思うわけですが、やっぱり

「ワクワクドキドキしたいのです。」





そんな折、タナカオフィシャルより、「コルト パイソン 3inch 発売」のお知らせが!!!






うおおおぉおおおおぉぉぉぉおおお、欲しい!



アウターバレルとインナーバレルと、ホップパッキンのみ欲しい!








買うか...。








小春日和。日和ったおっさんの「独り言」なのです。
  

Posted by butch at 13:00チラ裏

2016年01月27日

スマイソン(正)とスマイソン(誤)。

こんばんは♪butchです(;´Д`A














「スマイソン 2.5inch HW」製作が楽し過ぎたので、
本来の「スマイソン 4inch HW」製作が盛り上がりません。


DOB化やペガサス病対策加工等、完了しているのですが...

























「スマイソン、当分いいわ。」






さぁ、ディティクティブのカスタムを始めましょうか...。  

Posted by butch at 23:07チラ裏

2016年01月26日

至高の逸品。

こんにちは♪butchです(^ω^)




今回は、タナカ S&W M13DOB HWの「その後」をお送り致します。





多くの言葉は必要ございません。

それではどうぞっ!!!



















私がDOB加工を施した後、「ブルーイングガレージ」オーナーである、ナカ様の手により「ブルーイング」を施されております。




私の稚拙な画像では、表現し切れません。


実際に拝見すると、

「鳥肌が立ちますよ。」













刻印も「完璧なS&W刻印」に打ち直されております。
一升瓶、2本レベルなのです。












グリップは「キムアーレンズ コンバットグリップ」を奢られております。







butchが一番好きなアングル。
リボルバーにしか無い、曲線の連なり。


本当に色っぽいのです(;´Д`A




今回、この様な貴重な「カスタムガン」をお預かりさせていただいた上、画像迄撮影させていただきました。
快諾していただきました「オーナー様」に、心よりお礼を申し上げます。

「ありがとうございました(涙)」








超一流の職人が制作された「作品」には、一律に大量生産された「物」には無いパワーがございます。
実生活において、何ら役に立つ事は無い「ガスガン」ではございますが、














この「タナカ M13」には、間違いなく、観る者を圧倒するだけの「熱量」がございます。



本当に、すごいんです。






これがまさに、


「タナカ S&W M13 1/1000」なのです。








  

2016年01月26日

誰にも求められず、誰もが造らなかった「鬼っ子」、完成。

再びbutchです(;´Д`A














反動抑制力が高いとされる「colt パイソン」のヘビーバレルに、アクションの評価が高い「S&W フレーム」。
メーカーの垣根を超え、個人レベルで産み出されたカスタムリボルバー、「スマイソン」。





今夜、この混沌とした世界に、新しいコンセプトの「カスタムリボルバー」が誕生致しました。


















制作時間、3時間位。




















反動抑制力が低そうな「S&W M19 2.5inchのバレル」に、







ダブルアクションの評価が著しく低い「colt フレーム」。









DOBシステムにより、butchレベルで産み出されたカスタムリボルバー、「スマイソン 2.5inch HW」。












意外といけますよ?













DOBなので、もちろん完全分解可能。
シュラウド内の芋ネジにてバレルを固定。







そしてお決まりの「ディティントボール固定」。
今回は3mmのBBを使用。フレームも加工済み。








トップビュー。






「あれ、意外とまとまってね?」











それではご覧下さい。


意外と良い感じに出来上がった「スマイソン 2.5inch HW」。





どうぞっ!!!(((m9(;゚Д゚)))))))














お馬さんと、S&W刻印の共演...普通の「スマイソン」じゃあ、ありえないんだからねっっっ!!!














フレームとサイドプレートの分割ライン...

「色気、有りますねぇ...」

パイソンの良いとこ、一つみっけ♪
















































何と言えば良いのでしょうか...



「意外と、格好良いのです(^ω^)」





この組み合わせ、何が良いかと申しますと、

























tanaka刻印とasgk刻印が全く無いのです
www







積年の想い、遂に果たさる。









  

2016年01月25日

世界に一つだけのアレ(恐らく)。近日完成予定。

こんばんは♪butchです(^ω^)




やっと製作する事が出来ました。

「スマイソン 2.5inch HW」。

残すは細部の煮詰めのみ。



これぞ、「俺、Kフレニスト。」らしいカスタムではないでしょうか?









あえて、あえての「スマイソン 2.5inch HW」。


実銃のコンセプトに、完全に逆行。





意外といけますよ?  

2016年01月22日

そして、Kフレに戻る。

こんばんは♪butchです(^ω^)







スマイソン 4inch HW用のアウターバレルでございます♪
エジェクターシュラウド拡大済み。

慣れてきたのか、1本につき、1時間程で加工出来る様になりました。





そして、スマイソン 2.5inch HWも近日着手。






はやく「スピードコンプ」も形にせねば...

あと、ご依頼品も...







あぁ、休みが欲しい(°_°)  

Posted by butch at 03:26チラ裏

2016年01月21日

タナカ S&W 超M36 3inch、ベースが完成。

こんばんは♪butchです。





最近仕事が立て込んでおり、なかなか「ペガサスいじり」を行えません。



「ストレスが溜まっております。」



やらなければならない事は沢山ございますが、取り敢えずブログの更新です。










さて、先日からお伝え致しております、「スムーストリガー」。

前持って申し上げておきますが、



「これだけでは、劇的には変化しません。」



クリーニング、オイルアップ等、基本的なメンテナンスをしっかり行った上で、効力を発揮致します。
※もちろんアクション向上の為の「天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン」フル装備でございます。


あと、ハンマースプリングのテンションを下げておりますので、もちろん初速は下がります。


今回のカスタムは「一つの例」としてお考え下さい。



「カスタムしてみよう。」と思われた方。予備のスプリングを用意してから行われた方が賢明です。

高確率で失敗します。

※もちろんですが、カスタムは自己責任にてお願い申し上げます。









本題にまいります。

「STシステム」として、今回新たに追加したカスタム部分は、この2点。







デュアルハンマースプリング+スプリング捻れ軽減ベアリング。
トリガーリバウンドスプリングの加工+スプリング捻れ軽減ベアリング。



これだけです(^ω^)



電動ガンの内部カスタムでは、かなりメジャーなカスタムだと思います。
圧縮によるスプリングの捻れや歪みを軽減し、スムースにピストンを動作させる為のカスタムなのです。

電動ガンのトリガーはスイッチでしかございませんので、ピストンスプリングの歪みはトリガープルには影響し無いのですが、
タナカ ペガサスリボルバーの場合、実銃に近い内部構成なので、スプリングの捻れや歪みがトリガープルに直接影響致します。


様な気がします。



私の場合、過剰にアクションこだわっているだけなのですが(;´Д`A






現状のカスタム内容は

○天使の輪っかセットver.1 with ペガサス病対策パッキン。
○ペガサス病対策加工調整。
○STシステム。
○東京マルイ製Vホップパッキン。
○アクション調整。




それくらいです。




そして、初速を計測してみました。


東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g、東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを約2秒程注入。
32度の恒温庫に20分間安置後、18度の室内にてXCORTECH X3200を使用し計測。

※ペガサス病対策パッキン使用により、ガス注入時間を1秒延長可能になりました。
Kフレームのガス適正注入量と同じ位です。





















初速を維持しつつ、更なるアクション調整が可能になりました。





ただ、このM36 3inch、近々2inchになりますけど(^ω^)

  

2016年01月19日

「STシステム」とは、なんぞや?

こんばんは♫butchです。






寒すぎるでしょ。





butchは大阪在住なのですが、「大阪って、こんなに寒かったっけ?」




漬け物用の大根を干そう...。













さて、先日より一人で大騒ぎしている「STトリガーシステム」。



まず、それに至る迄の過程のお話を少々。










タナカ S&W Jフレームが面白い。




これはですね、何故かと申しますと、


「調整幅が狭い。面倒くさい。」



ここです。

調整幅が狭いから、面倒くさいから。

この「面倒くさい」が、非常に面白い訳でございます。






タナカ S&Wリボルバーシリーズ(ペガサスに関して)の内で、Jフレームシリーズは異色の存在なのです。




なぜか?



理由は一つ。



「ハンマースプリングのテンションが唯一固定。」






読者さま 「ハンマースプリング、カットすればよいだけじゃん。」






その通り。
間違いなく正解です。




ただ、「初速」は大きく犠牲になってしまいます。
失敗した場合のリカバリーも不可能です。
※今回は話の流れ上、言い切ってしまいますが、不可能ではございません。





それではハンマースプリングをカットしたと致しましょう。


「それだけでは大して軽くはなりません。」




ハンマースプリングよりも、トリガープルに悪影響を与える要素が、あと二箇所ございます。


以前申し上げた「シリンダーの回転不良」。




そして「トリガーリターンスプリング、異様な程の高テンション。」




では、シリンダー内部マガジンもオミットし、トリガーリターンスプリングも適度にカットしたと致しましょう。





確かに「トリガープル」は軽減されます。軽くはなります。





ただ、KフレームやNフレームには無い、Jフレーム独特の



「トリガープルの雑味」は解消されません。




この「トリガープルの雑味」。Jフレーム独自のものです。
構成上、仕方の無い「雑味」なのです。



何故なら、S&Wリボルバーシリーズの内で「ハンマースプリング」が唯一「押しバネ」だからなのです。
K、N、Xフレーム、全てハンマースプリングは板バネでございます。







ここ迄言えば、お察しの事でしょう。




Jフレームシリーズ、トリガーチューンの肝は




「スプリング圧縮時に起こる、歪みをどう抑えるか。」



なのです。




調整部は他にも多々ございますが、かなり難しいので、今回は割愛致します。
※当シリーズ以上の調整は、個体差に合わせた調整が必要です。











「STトリガー」公開迄、あと数日!!!


タナカ ペガサスJフレーム トリガーチューンの夜明けは近いぜよ。



















  

2016年01月16日

超タナカ S&W M36 3inch 完成!

おはようございます♫butchです。











さて、先日からお送り致しております「タナカ ペガサスリボルバー S&W M36 3inch」でございますが、





遂に完成。




以外とあっさり完成しました。


今回の主なチューンメニューは、


「アクションのスムース化(トリガープルの軽減)」


「天使の輪っかセットver.1withペガサス病対策パッキン」の真価を計る」事だったのですが、



























どちらも、ヤバいですよ。




「天使の輪っかセットver.1withペガサス病対策パッキン」は素晴らしい真価を発揮致しておりますし、
アクション調整も、新たなシステムを盛り込みました。



その名も、



「ST(スムーストリガー)システム」!!!





これがですね、凄いんですよ^^



私個人的には、「超満足」なのです!!!



今後製作予定の






スマイソン 4inch ラウンドバットHWや、






ペガサスシステム スピードコンプ 5inch DOB 1/1000(予定)にも組み込み予定!!!







超、たのしみです^^





「STシステム」については、ipadの復旧する(予定の)、1月20日以降に公開予定!!!

もうしばらく、お待ち下され!!!











あとはですね、SMOLT 2inch、製作致します。



個人的には、このSMOLT 2inchが一番楽しみなのです。



「素晴らしく、くだらないのです。」


















前もって、予防線を張っておきます。




















「真面目な方、怒らないで下さい。」








(追記)

スマイソン 4inch HWを2丁、スマイソン 2.5inch HWを1丁、smolt 2inchを1丁製作予定。


みるみる内に膨れ上がってまいりました^^;


どうしよう...