2017年12月31日

2017年、最期の「butchのクリエイション、爆発」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ )




書き記したい事柄は沢山ございますが、
2017年、最期に産まれた「私の発想」。
















私は「タナカワークス社」の逆を行く。














閑話休題。















「新型M327 ver.2」、「M627」にて明らかとなった「ペガサスリボルバー、今後の方向性」。



「安全性を高めた上」で、
実用するエアガンとして魅力を感じる初速(~82m/s)
を記録する為の「高出力化」。




上記二機種は、タナカワークス社が発売したペガサスリボルバーにおいて、

過去に類を見ない程の完成度なのです。




おそらく「メーカーが販売しているリボルバー型ガスガン」として、
「M327ver.2」、「M627」を超える商品は、当分現れないと思います。

細かな説明は控えますが、「銃刀法厳守」と言う安全面において、
上記二機種によって「ペガサスリボルバーは完成した」と言っても過言ではございません。






本当に素晴らしい。






「M327ver2」、「M627」はリボルバー型ガスガンのマスターピースになると断言出来ます。





※ここからは私の私見なので、あまり気になさらないで下さい。







しかしながら、



「M327ver.2」、「M627」をベースにチューニングしたとしても、
現状では「1/1000」を目指せない。



※「1/1000」...銃口からターゲットペーパー迄の距離が5m~での計測において、
6発を発射し、「1cm以下のグルーピング」を達成する事。




「高出力化による弊害」により、「M327ver.2」、「M627」をベースとした、
「異常な迄の集弾性」を目指す事は難しくなってしまった。



今後発売されるであろう、上記二機種の機構をベースとした「新型ペガサスリボルバー」では、
「極端な迄の集弾性を目指すチューニング」を施す事は難しくなると思うのです。





閑話休題。






私の発想。










「一定以上の初速(85~90m/s)」を、
安定して、安全に維持させる。」







低出力化する事により。









  

2017年12月28日

東京から届いてました。

おはようございます♪butchです( ;´Д`)






やっと休める。



私、おっさんとって「かなりの厳しさを伴った年末進行」もほぼ終了し、
あと2日で仕事納めなのです!







やっと人並みに眠れる。








閑話休題。









さて、年末年始のお楽しみ!「Jフレームチューニング」♪





注文していたパーツが、






総本山より届きました!









俺のプライベート。

それは「ペガサスチューニング」。
  

Posted by butch at 05:58Comments(2)チラ裏

2017年12月23日

マチルダカスタム コンセプト #1 「シリンダー加工」。

おはようございます♪butchです( ;´Д`)




「浮かれやがって...」


私も浮かれたい。




閑話休題。


※今回の記事には、かなりのタイムラグがございます。













私の独断と偏見にて製作している「マチルダカスタム コンセプト」。
内部カスタムに手を付ける余裕が全くございませんので、ます外装から始めたいと思います。






先ずは、最も時間がかかる「シリンダー」なのです。




どちらのご家庭にも一つは転がっているであろう「ペガサス シリンダーカバー」。

「フルート部分の黒染め」を剥がし、「M3タップ」にて雌ネジを切ります。















そしてフルート部分に「デブコン 高強度金属用」を流し、フルートを埋めます。
フルート部分に「雌ネジ加工」を施し、少しでもデブコンの食い付き(固定強度)を高めよう、との目論見なのです。


私は比較的粘土の低い「エポキシ系接着剤」にてフルートを埋めておりますが、
「金属パテ」を使用した方が、圧倒的に作業し易いと思います。




私、実は「金属パテアレルギー」なのです。

触れたり、匂いを嗅ぐと、吐き気や湿疹が出るのです。

  

2017年12月18日

近況報告。

おはようございます♪環状線よりbutchです( ;´Д`)





いろいろ「ペガサス」買いました。

年末年始のお休みは、「Jフレーム祭り」なのです!








先ずは「おセンチ HW」。

ほんの数分、カチャカチャした程度なのですが、


コレは良い。


アクションの完成度が箱出しの状態で、非常に高いのです。

レモンスクィーザーッ!!!






そして




「おセンチ エアーウエイト」。

こちらはまだ手元に届いておりませんが、期待大なのです。




続く。  

Posted by butch at 05:59Comments(6)チラ裏

2017年12月09日

今年はもう無理です。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)






本年度中は厳しい。

全てが厳しい。





という訳で、






メリークリスマス、ハッピーニューイヤー、良いお年を ;´Д`)ノ






今年中にもう一丁「マチルダカスタム コンセプト」のベース機種、
切削加工用の機材を購入したいと考えておりますが、置く場所と時間が...。

  

Posted by butch at 10:20Comments(4)チラ裏

2017年12月02日

温故知新。「豚の足跡」

こんにちは♪butchです( ;´Д`)










もう、身体はガタガタです。


しかし、精神的な疲労度は、驚く程に少ない「幸せなおっさん」です。





閑話休題。





「PSS(ペガサススナイピングシステム)」です。



内部カスタム、チューニングを50%程、施した状態でストップ致しております( ;´Д`)




「新たな機構」と致しましては、




コレです。



敢えて、敢えての「S&W DAリボルバー」、


SAO化!!!

SAO...シングルアクション オンリー。




何故、「S&W DAリボルバー」最大の長所である「DA」をオミットするのか?







この「PSSに新しく組み込まれた機構」、それはペガサスリボルバー自体の機能では無く、

私の新たな思考、そして発想です。












温故知新。




※「可動式バレルハウジング」。悪名高き「ピコピコ仕様」。







1/1000とは違った「精度」を追求する為に。







私は、アクションを捨てます。



続く。
  

Posted by butch at 12:28Comments(0)S&W K-frame「PSS SAO」