2018年01月09日

「拘る」のでは無く、「極めたい」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ ;)






さて、昨年末よりチューニング致しておりました、






「M40HW センチニアル bcw 吉兆」、







「M327 5inch HW ver.Q」、そして







「M36HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム bcw 量産型初号機」が無事に完成致しました!




「JフレームシリーズのDAトリガープル改善」はもちろんの事、これ等の三機種は先日申し上げました

「低出力化を具現化したペガサスリボルバー」

であります。




「インナーバレル長が短かく、ガスタンクが小型」のJフレームシリーズはもちろんの事、
「5inchバレルモデル」であるM327にいたっても例外ではございません。



後日、良き日に当ブログにて発表していきたいと考えておりますが、先ずは信頼と実績の









M327 5inch HW ver.Qからなのです( ^ω^ )


さて、「ver.Q」と略して申し上げてはおりますが、このM327、

ゴリッゴリのカスタムチューニングモデルなのです。




チューニング内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。
◯天使の輪っかセットwithペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1を組み込み済み。
◯ガスタンクを「A90化」☜new!
◯PRF化☜new!
◯DAスムーストリガーシステム☜new!

※M327の「DAスムーストリガーシステム」に関しては、「DAトリガープルの改善」の為では無く、
「トリガーストロークを少しでも短縮させる」と言う意味合いで搭載致しております。

「0.5mm位は短縮出来ていると思ふ...。( ;´Д`)」


※M327のDAは、未調整でも比較的スムースなのです。
※すっかり忘れていたのですが、後日トリガーストップ加工を施したいと思います。


そして今回施しました「M327カスタムチューニングの目玉!」








コレです( ^ω^ )✨








以前から申し上げております「インナーバレル長4inch至高理論」にのっとり、

インナーバレルを「4inch化」!!!
※4inch...10.16cm。「4inch インナーバレル化」に関する記事はこちら
http://butch.militaryblog.jp/e832693.html




そして「短縮化」されたインナーバレル長を補うべく、





「0.5inchの整流スリーブを追加」!!!




しかも今回の「整流スリーブ」、











脱着可能なのです!!!new!

※取り付けの際に「高粘土グリス」を塗布し、気密を保持。
かなりタイトにインナーバレルと整流スリーブの寸法合わせを致しておりますので、
あまり必要性は感じ無いのですが( ;´Д`)





現在、出先で画像を見ながら記事を書いておりますので、チューニング内容に抜けが有るとは思いますが、
主だった加工調整はこれ位でしょうか。





閑話休題。




さて「M327 ver.Q」。





現在、この程度の初速で「0.2gBB弾を~30m程、水平弾道にて」飛ばす事が可能です。
※「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」を使用、「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を一秒強注入し、試射。
※※飛距離は目視にて確認。私の主観なのです。
※※※もちろんポップは「0.2g BB弾」に合わせ、適正ポップ状態。













素晴らしいのです。












それはそうなのですが、一つ問題点が露呈。











0.2gBB弾、風の影響を非常に受け易い。



「M327 ver.Q」は可変ポップモデルです。
ポップ突き出し量を「0.25g」、もしくはそれ以上の重量弾に合わせ、調整すれば良いだけなのです。

それで全ては事足りるのです。





「M327 ver.Q」は。



















この「Jフレームシリーズ」、固定ポップ仕様なのです。

極力「低出力にて0.2gBB弾を、水平弾道で25~30m飛ばせる様に」カリッカリにチューニング致しております。

















( ゚д゚)












かんがえてなかった。















いくら「0.2gを使用し、25~30m飛ばしたところで...」

風の影響を受け、思った所に飛ばせなければ意味が無い。













と言う訳で、上記二機種の「Jフレームシリーズ」。













「0.25g仕様」にする為、一からチューニングし直します。




it's a new find.
空間と時間をコントロールした、その先。
空間と時間をコントロールする、概要。
空間と時間をコントロールする。
不可侵の領域。
私の為の「ペガサス Jフレ チューニングまとめ」。
 it's a new find. (2018-01-02 02:12)
 空間と時間をコントロールした、その先。 (2017-10-27 00:01)
 空間と時間をコントロールする、概要。 (2017-10-26 15:00)
 空間と時間をコントロールする。 (2017-10-25 14:54)
 不可侵の領域。 (2017-10-11 23:44)
 私の為の「ペガサス Jフレ チューニングまとめ」。 (2017-10-09 23:08)
この記事へのコメント
他所でもたまに目にするのですが、
「ホップ」アップが正しいのでは?
「ポップ」ではないのではないかなぁ、と。
Posted by たかゆき at 2018年01月09日 19:59
すっかり明けてしまいましたが、今年も宜しくお願い致します、目標に照準を置いてその結果を導き出す、・・・今年も熱き心に・・・
Posted by 二等辺三角形 at 2018年01月09日 20:22
たかゆきさん、こんばんは♪

私も「ホップ」が正しいと思います。
単純に変換間違いなのです( ;´Д`)
Posted by butchbutch at 2018年01月09日 21:33
二等辺三角形さん、こんばんは♪
明けましておめでとうございます( ^ω^ )
本年もよろしくお願い申し上げます!

やはり実用を主眼に置くのであれば、見過ごす事はできないか、と思われ...。
ホップ調整に止まれば良いのですが...戦々恐々です(; ゚д゚)
Posted by butchbutch at 2018年01月09日 21:36
327のバレル4インチ化。
さすがbutch様。
なんて素晴らしいんですか?
M27に組込みたくてたまらない一品ですね。期待して見守ります。
楽しみだ〜。
Posted by 至高のガンマン at 2018年01月10日 21:50
至高のガンマンさん、こんばんは♪

全ての「ロングインナー・アウターバレルモデル初速調整の高難易度問題」は、
ほぼ「10.16cmインナーバレル+整流スリーブ」で解決致します。
後は「諸数値、グルーピング計測」を行えば完了なのですが...。

数値計測+計測結果記事を製作する事が、一番面倒なのです( ;´Д`)
もうしばらくお待ち願います!
Posted by butchbutch at 2018年01月11日 02:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。