2018年04月21日

近日公開!めちゃめちゃ''ピーキー''な「M327 ver.Q」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)




































もう、これ以上は無理( ;´Д`)





加工なんて一瞬です。


チューニングに数ヶ月かかってしまいました。





「M327」のチューニングは、本当に難しいのです。

その他のペガサスリボルバーとは、全くの別物です。



「M327以外のペガサスリボルバー」は、全て''点''でチューニング出来るのですが、

「M327 5inch 可変ホップモデル」の場合、


点ではなく、''面''のチューニングなのです。



一見、''面''よりも''点のチューニング''の方が難しい様に感じますが、そうではないのです。




点は''一点''しか存在しません。




''アクションチューニングの点''、''ガスタンクチューニングの点''、''ホップ調整の点''...。


全ての機能の''最高点''を見つけ出し、後はそれを''重ねてゆくだけ''なのです。



''点''さえ見つけてしまえば、''見つけ出す''事さえ出来れば、時間はかかってもいずれかは到達する事が可能なのです。






M327は''面''なのです。





ものっ凄い「ぼんやり」しているのです( ;´Д`)



広大な面の中から、「何処に精度の頂点があるのか?」。


まず、それを探さなければならないのです。





しかも「可変ホップモデル」。

常に一定では無い。




もう、本当に''ピーキー''です( ;´Д`)














''汎用カスタム''で''Hi-mod''。

しかも、




''DA特化型''。



もちろん、''SA''も可能ですε-(´∀`; )






続く。




同じカテゴリー(チラ裏)の記事画像
【誤報】米国S&W社、米国COLT社が業務提携へ。
もう私は、ダメなのかも知れません...♪(´ε` )
(予告)もはや、タブーは存在致しません。
ただのてんさいです。
思い切って、造形。
私事で、大変恐縮ではございますが...
同じカテゴリー(チラ裏)の記事
 【誤報】米国S&W社、米国COLT社が業務提携へ。 (2018-05-16 23:13)
 もう私は、ダメなのかも知れません...♪(´ε` ) (2018-05-11 06:43)
 (予告)もはや、タブーは存在致しません。 (2018-05-07 00:06)
 ただのてんさいです。 (2018-04-23 22:20)
 思い切って、造形。 (2018-04-21 00:28)
 私事で、大変恐縮ではございますが... (2018-03-28 02:02)
この記事へのコメント
お疲れ様ですm(_ _)m
M327がどう化けるのか…楽しみです!
最近タナカのリボルバーが見直されているようで、人気が出てくるかもしれませんね。そしてKフレームのリニューアルが…!
関東のフィールドは上限0.25gという所が多いので、サバゲでは強ホップ+重量弾が使えません。。可変ホップはレギュレーションに合わせて微調整できるので良いかもしれません。
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2018年04月23日 00:11
m14gbbshooterさん、こんにちは♪

汎用カスタムにおける''最終形''と、言えるかもしれません。
ユーザーにおける''調整が容易に可能''とも言える「旧M327」なのですが、
その分''隙''が多く、チューニングに難儀致しました( ;´Д`)

近日公開なのです!


Kフレの再販は、諦めつつあります...。
Posted by butchbutch at 2018年04月23日 16:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。