2018年06月07日

「Hi-mod 汎用カスタム」、再び。




こんばんは♪butchです( ;´Д`)


















M1917チューニングは、本当に難しい。


今後、機会があれば''くどく''記事にしたいと思いますが、率直に申し上げまして、



M1917は、初心者には荷が重い機種なのです( ;´Д`)






チューニング前は''ロングバレルモデル''の割に初速、初速安定度共に低く、今回の「M1917 6.5inch」では、''30~50m/s程''でございました。



かと言って、安易に''初速アップ加工''等を施してはいけません。



と言うよりも、小手先の加工調整では「初速は向上致しません」。



仮に向上したとしても、キチンとした対策を講じていなければ、



法定初速を逸脱してしまいます。


します、確実に。






この''初速調整の異常な難易度は、ひとえに「後天性 高強度ペガサス病」によるものなのです。




ペガサス病には二種類ございまして、''J、Kフレームシリーズ等の小型フレーム''によく起こる「先天性ペガサス病」。

この「先天性ペガサス病」に関しましては、「ペガサス病対策加工調整」や「NBR90パッキン」を使用する事で、克服可能なものです。




では「後天性 高強度ペガサス病」とは何なのかと申しますと、



ロングバレル(インナーバレル)モデルにおける、

メーカーが施した初速調整によって発生する「ペガサス病」
なのです。







では「先天性~」と「後天性~」でどの様に違いがあるのかと申しますと、




○「先天性ペガサス病」...ガスタンクのみの加工調整で改善される。




○「後天性 高強度ペガサス病」...ガスタンクのみならず、ほぼ全てのパーツを加工調整し直す必要がある。


大袈裟な表現では無く、ほぼ全てです。



そして、「M1917シリーズ」のパーツのみでは解決致しません。

今回の「M1917 6.5inch Hi-mod 汎用カスタム」には''M29シリーズ''、そして''M3275inch''のパーツも使用致しております。




とにかく、ありとあらゆるパーツの寸法を''M29シリーズ''、''M327 5inch''のパーツと比較し、

交換できる物は交換、無い物は製作する等、困難を極めます。


なぜそうなのか?


まず原因を解明し、それから対策を講じなければなりません。

そしてそれは「先天性~」の様に一箇所では無く、そこかしこに散りばめられております。





0.数ミリ、もしくはそれ以下の誤差を見極めなければなりません。





「M1917チューニング」は、「M327 5inch 可変ホップモデル」、「コルト パイソンR-model」に匹敵する難易度なのです。




安易な「初速アップ加工」等は、絶対におこなわないで下さい。

仮におこなったところで、思う結果は確実に残せません。





それ程に、「M1917」は難しいのです。









閑話休題。







そして外装のカスタム内容なのですが、

















''フロントサイト''を「ランプタイプ」へ。










「ハンマーピン」、「トリガーピン」のモールド加工(スチールピンより削り出しましたε-(´∀`; ))。

インナーフレームの「ハンマーピン」、「トリガーピン」とほぼ同じ箇所に取り付けております。









そして「トリガーストップ加工」。









毎度おなじみの「ハンマーノーズブッシングモールド」。
※もちろんですが、貫通致しておりません。違法改造防止の鋼材がインサートされておりますので、そもそも不可能なのです。












本当に、素敵ルッキングな「S&W DAリボルバー」なのですε-(´∀`; )




ちなみに、





「ランヤードリング」は取り外しております。

だって、「オーバーサイズグリップ」の方が似合うのだもの(=´∀`)人(´∀`=)








閑話休題。







早速なのですが、








「トリガープル」は、DAにて計測したところ、「~1.4kg」でした。

※ガスを抜いた状態で、BB弾を6発装填し「MY CABON」にて計測。旅行カバンの重量を量る為の、デジタルスケールなのです。










「M1917 6.5inch Hi-mod 汎用カスタム」のチューニング内容なのですが、





○「ペガサス病対策加工調整ver.2」。
※「ペガサス病対策加工調整ver.2」は、「ペガサス病対策加工調整」、「A90化」、
「ペガサス病対策パッキンNBR90」を''機能として一体化''させる為の加工調整なのです。

○ガス放出口の''小口径化''。初速調整、安定化調整には必須の加工。

○「M29 8inch CB Hi-mod」と同様の「ペガサス病対策パッキンNBR90ver.2」を使用。
パッキン類は「天使の輪っかセットver.2」に交換。
※シリンダーギャップパッキンはタナカ純正を使用。

最近、日の目を見がちな「ペガサス病対策パッキンNBR90ver.2」なのです。

今後長らく、日の目を見る事は無いと思われますが...( ;´Д`)


ちなみに、現在





「天使の輪っかセットシリーズ」&「ペガサス病対策パッキンNBR90シリーズ」はこれだけの種類がございます。

「タナカ ペガサスリボルバー全機種」に対応可能でございます。



た、多分( ;´Д`)



○タナカ純正ラバーチャンバーパッキンを加工調整。
※最大装弾数は8発なのです(内部マガジン込み)。
※先日完成致しました「M327 Hi-mod 汎用カスタム」と同様の物を使用。


実はまとめて「数十個」製作していたのです( ;´Д`)



○PRF化。
シリンダーの運動量、範囲等を調整。
それに伴い「BB弾」、「チャンバーパッキン」、「ガス放出口」のセンター出し。
「グルーピング向上」を目指すには、必須の加工調整。

○ver.2A1化。
ホップ突き出し量調整+バレルハウジング&インナーバレルの固定調整。
※固定ホップ仕様。現在は「東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25gBB弾」に合わせて調整。













○インナーバレルの4inch化(約10.16cm)。
それに伴い、「整流スリーブ」を増設。






大排気量、ロングインナーバレルモデルには''必須の加工''。


○あらゆる「パッキン」や「スプリング」の交換、加工調整等。

○初速調整。

○アクション調整etc...。


今回は「アクション調整」にも苦しみましたが、''ABSモデル特有のガサツな感じ''を克服し、

「HWモデル並みのスムースなアクション」を再現出来ていると思います。



「軽さは武器」なのです!








それでは「初速計測」なのです!




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(1秒程注入)。

※~25度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。

※ホップは「東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25gBB弾最適状態」での計測。

◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。

○本体、ガスタンク、ガスボンベは一切温めておりません。




ちなみに「ストレインスクリュー」の締め込み具合は、





この程度なのです。





































それでは恒例の「最高初速計測」なのです!



※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(1秒程注入)。

※※「~40度」の恒温庫にて「30分間安置後」、 ~25度の室内にてXCORTECK X3200を使用し、計測。

※ホップは「東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25gBB弾最適状態」での計測。








※ストレインスクリューの締め込み具合に変更はございません。

































ここ迄にチューニングするのは、本当に難しいのです( ;´Д`)







そして、極一部のマニア様、お待ちかね!!!


「5mグルーピング計測」なのです!!!




今回は通例の「5m計測」ではなく、「Hi-mod汎用カスタム」の真価を計測する為の


「変則5m計測」なのです。





※東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25g BB弾を使用(無選別にて使用)。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを1秒程注入後、計測。

※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~23度の室内にて計測。

※ホップは「0.25g適正状態」での計測。

◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「5m」。







◉内部マガジンを使用し、最大装弾数である「8発」を発射。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。

◉8発を撃ち尽くした後、再度8発装填。

◉「1セット 計16発での最大グルーピング」を計測。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◉ガスタンク内のガスを抜き、再度''一秒程注入''。
◉室温にて3分間安置後、2セット目の計測を開始。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◉内部マガジンを使用し、「8発」を発射お
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。

◉8発を撃ち尽くした後、再度8発装填。

◉「1セット 計16発での最大グルーピング」を計測。



以前迄の「最大装弾数での精密性を求めた''5m計測''」ではなく、

ある程度の弾数を消化しながらの''安定性''

を測るための''5m計測''でございます。








それでは「1セット目」。

















合計16発の最大グルーピングが「約2.7cm」。







そして「2セット目」。
















合計16発の最大グルーピングが「約3.2cm」。












そして「遠射精度」を動画にて撮影致しましたε-(´∀




(注意)

動画にて使用している「ターゲット(一般的なサイズの一斗缶)」&「距離を測っているメジャー30m用(巻尺)」は





こちらです。





ちなみに「一斗缶」は、「35cm×23cm×23cm」の物を使用致しております。




○計測に使用したBB弾は「東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25gBB弾(無選別)」。
○計測に使用したガスは「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(1秒程注入)」。




それでは動画をご覧下さい!!!








※画質が圧縮されておりますので、YouTubeにて「720pHD」にてご覧下さい。
※タイトルをクリックしていただきますと、YouTubeへ飛びます。












今回「M1917 6.5inch Hi-mod 汎用カスタム」を完成させられた事により、私の内で新たな欲求が産まれました。










「ABSモデルを昇華させたい。」







「俺、Kフレニスト。」は、まだまだ続きそうなのです( ;´Д`)



ただ、「俺、Kフレニスト。」継続にあたり、問題が一つ。




















記事が長い。








完。












同じカテゴリー(S&W M1917 6.5inch Hi-mod 汎用カスタム)の記事画像
とても綺麗だ、シャーリーン。
1917的、近況。
「M1917 6.5inch」の外装変更点。
非常に楽しい♪
同じカテゴリー(S&W M1917 6.5inch Hi-mod 汎用カスタム)の記事
 とても綺麗だ、シャーリーン。 (2018-05-06 20:35)
 1917的、近況。 (2018-05-04 17:17)
 「M1917 6.5inch」の外装変更点。 (2018-04-30 13:43)
 非常に楽しい♪ (2018-04-26 20:38)
この記事へのコメント
お疲れ様ですm(_ _)m
機種に合わせてパッキンがこんなにあるとは…!ホームセンターの水道コーナーでNBRパッキン探して喜んでる身からすると別次元です(・_・;
力強いフレームにスラっとしたバレル、リボルバーらしからぬ実射性能と、butchさんの魅力が詰まったフルチューンリボルバーですね!
ABSモデルは表面を丁寧に研磨するとヌメっとした質感になって面白いと聞いたことがあります。
読み応えのある長い記事は面白いです。こらからもよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2018年06月07日 06:23
m14gbbshooterさん、こんにちは♪

パッキンの組み合わせと、''ペ対策ver.2''で完全網羅致しておりますε-(´∀`; )
コレに散財したのかと思うと、自分自身が恐ろしくなります。

以前行いましたが、ABS研磨は面白いですよ♪
同じ「黒ABS」でもメーカー毎に色味の違いがございまして、
タナカさんのABSは研磨すると、少し青みが出てくるのです!
だからと言って、全くリアリティはございませんが...
やはり「ブルーイング」や「突き詰められた塗装」の足元にも及びませんでした。

長編記事に関しては、何らかのフォーマットを完成させる必要性がございます。
撮影や編集等、計測に費やす時間がどんどん長くなり、もはや苦痛ですw
Posted by butchbutch at 2018年06月07日 16:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。