2018年08月10日

「ペガサスチューニングの真髄」。の、一つ。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)


久々に、動画を撮影してみました。












元来「M29 カウンターボアードシリーズ」のシリンダーは、スムースに回転し辛い、させ辛い事で有名です。

しかし、ほんの少しの''カスタムチューニング''で、この程度はスムースに回転させる事が可能でございます。







...ほんの少しと申しましたが、加工量が少しと言う意味であって、いじり倒しております。

加工し過ぎてもダメ。しなさ過ぎても意味が無い。




とある「ガスタンク内部パーツ」を''0.2mm''だけ、薄く加工致しております。




そうなのです。「M29 CBシリーズ」のシリンダーをスムースに回転させようとすると、

一見関係の無い「ガスタンク内部パーツの加工調整」が必須なのです。




アクションを構成する要素。


それは「全てのパーツ」なのです。




スムースなアクション=正確なアクション。




これだけは、間違いございません。












同じカテゴリー(S&W M29 6.5inch CB 「名称未定」)の記事画像
(予告)天賦の才能の自己発展。
チューニングを続けていると、ごく稀にですが、神様が降りてきます。
同じカテゴリー(S&W M29 6.5inch CB 「名称未定」)の記事
 (予告)天賦の才能の自己発展。 (2018-08-14 05:05)
 チューニングを続けていると、ごく稀にですが、神様が降りてきます。 (2018-08-06 19:18)
この記事へのコメント
お疲れ様です。
一見関係ないパーツが鍵となる…まるで謎解きですね!カスタムの成果が楽しみです。
実家帰省中にM19を撃ち込んで、ポリススタイルゲームに投入できるよう準備しようと思います。…まずはコンバットマグナム好きの弟に見せびらかしてからですね。
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2018年08月12日 10:15
m14gbbshooterさん、こんばんは♪

その謎解きに失敗し、先日一丁ジャンクになりました(*´ω`*)
本当に0.1ミリ単位の加工量で、アクションは激変致します!

ガスガンの季節です!熱中症には気を付けてお楽しみ下さい♪
Posted by butchbutch at 2018年08月13日 19:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。