2018年01月10日

大阪市北区、帰宅途中の怪異。

こんばんは、butchです( ;´Д`)





このような事を申し上げますと、非常に気味悪がられてしまうのですが、



私、結構感じる方なのです( ;´Д`)



下の方ではございません。お化け方面の話なのです。

















職場から駅迄、10分程歩かなければならないのですが、その途中




「街灯もまばらな薄暗い道」を通って駅に向かうのです。




繁華街に面する路地なのですが、何故かその辺りだけ妙に暗く感じる。
そんな風に感じた事はございませんでしょうか?


そういった場所は空気の流れが悪く、煮凍っているのです。

様々な要因に影響され...。







閑話休題。







底冷えのする、とある深夜。


仕事が終わり、せっせと駅に向かい歩いていたのです。




そしてその「薄暗い路地」に入る曲がり角に差し掛かった際、前方から若い女性が歩いて来ました。




女性が先に曲がり角を曲がり、その「薄暗い路地」に入って行きました。

そして数秒程後に私も曲がり角を曲がり、「薄暗い路地」に入って行きました。




自意識過剰かも知れませんが、私は「薄暗い路地」等で、女性の後を歩く事に気を使うタイプなのです。

そんな時には何と無く携帯を見たり、わざとゆっくり歩いて女性と距離をとったりするのです。


要するに、私の意識は女性に向いているという事です。







黒いコートに黒いパンツ、黒いヒール。そして首元にはマフラー。

肌を一切露出していない完全な防寒対策をしている、黒髪ロングヘアーの女性でした。












「薄暗い路地」へと至る曲がり角を曲がり、ふと前を歩く女性を見た時、
非常な違和感を感じたのです。




「えっ...」


















何故か前方を歩く女性の後頭部が「白く浮かんで見える」。















後頭部に顔がある。

















女性は、こちらに向かって歩いて来ている訳ではございません。

私も前方に向かって歩いているのですが、一向に距離は縮まりません。














「うわぁ...マジか...( ;´Д`)」











やばい、怖い。

かと言って、ここで立ち止まっては終電に間に合わない。




急激な便意を催しながらも、私は歩き続けたのです。












こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
こわいこわいわこいわこわいわこわいわこわいわこわいわこわいわこわわこわいわこをいこわいわけわこわいえわけをう










そして、途方も無い恐怖に苛まれながらも歩みを進めていると、
「薄暗い路地」も終わりにさしかかり、人通りのある「明るい道」が見えてまいりました。






やっと終わる。






そして前方を


歩く女



性が



街灯にてらさ


















































街灯の薄明かりに照らされた女性を凝視すると、私は更なる不条理に襲われたのです。







前方を歩く女性は、




















































何故か「後ろ歩き」している。


































少し下着を汚してしまった私を、誰が責められようか。















(注)ネット情報によると「後ろ歩きダイエット」なるものが存在するようです。  

Posted by butch at 23:00Comments(2)閑話休題

2018年01月09日

「拘る」のでは無く、「極めたい」。

こんばんは♪butchです( ^ω^ ;)






さて、昨年末よりチューニング致しておりました、






「M40HW センチニアル bcw 吉兆」、







「M327 5inch HW ver.Q」、そして







「M36HW A90 ver.2A1 PRF DAスムーストリガーシステム bcw 量産型初号機」が無事に完成致しました!




「JフレームシリーズのDAトリガープル改善」はもちろんの事、これ等の三機種は先日申し上げました

「低出力化を具現化したペガサスリボルバー」

であります。




「インナーバレル長が短かく、ガスタンクが小型」のJフレームシリーズはもちろんの事、
「5inchバレルモデル」であるM327にいたっても例外ではございません。



後日、良き日に当ブログにて発表していきたいと考えておりますが、先ずは信頼と実績の









M327 5inch HW ver.Qからなのです( ^ω^ )


さて、「ver.Q」と略して申し上げてはおりますが、このM327、

ゴリッゴリのカスタムチューニングモデルなのです。




チューニング内容なのですが、

◯ペガサス病対策加工調整。
◯天使の輪っかセットwithペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1を組み込み済み。
◯ガスタンクを「A90化」☜new!
◯PRF化☜new!
◯DAスムーストリガーシステム☜new!

※M327の「DAスムーストリガーシステム」に関しては、「DAトリガープルの改善」の為では無く、
「トリガーストロークを少しでも短縮させる」と言う意味合いで搭載致しております。

「0.5mm位は短縮出来ていると思ふ...。( ;´Д`)」


※M327のDAは、未調整でも比較的スムースなのです。
※すっかり忘れていたのですが、後日トリガーストップ加工を施したいと思います。


そして今回施しました「M327カスタムチューニングの目玉!」








コレです( ^ω^ )✨








以前から申し上げております「インナーバレル長4inch至高理論」にのっとり、

インナーバレルを「4inch化」!!!
※4inch...10.16cm。「4inch インナーバレル化」に関する記事はこちら
http://butch.militaryblog.jp/e832693.html




そして「短縮化」されたインナーバレル長を補うべく、





「0.5inchの整流スリーブを追加」!!!




しかも今回の「整流スリーブ」、











脱着可能なのです!!!new!

※取り付けの際に「高粘土グリス」を塗布し、気密を保持。
かなりタイトにインナーバレルと整流スリーブの寸法合わせを致しておりますので、
あまり必要性は感じ無いのですが( ;´Д`)





現在、出先で画像を見ながら記事を書いておりますので、チューニング内容に抜けが有るとは思いますが、
主だった加工調整はこれ位でしょうか。





閑話休題。




さて「M327 ver.Q」。





現在、この程度の初速で「0.2gBB弾を~30m程、水平弾道にて」飛ばす事が可能です。
※「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」を使用、「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を一秒強注入し、試射。
※※飛距離は目視にて確認。私の主観なのです。
※※※もちろんポップは「0.2g BB弾」に合わせ、適正ポップ状態。













素晴らしいのです。












それはそうなのですが、一つ問題点が露呈。











0.2gBB弾、風の影響を非常に受け易い。



「M327 ver.Q」は可変ポップモデルです。
ポップ突き出し量を「0.25g」、もしくはそれ以上の重量弾に合わせ、調整すれば良いだけなのです。

それで全ては事足りるのです。





「M327 ver.Q」は。



















この「Jフレームシリーズ」、固定ポップ仕様なのです。

極力「低出力にて0.2gBB弾を、水平弾道で25~30m飛ばせる様に」カリッカリにチューニング致しております。

















( ゚д゚)












かんがえてなかった。















いくら「0.2gを使用し、25~30m飛ばしたところで...」

風の影響を受け、思った所に飛ばせなければ意味が無い。













と言う訳で、上記二機種の「Jフレームシリーズ」。













「0.25g仕様」にする為、一からチューニングし直します。  

2018年01月08日

「ペガサス コルトリボルバー」の最後。

こんばんは♪butchです( ^ω^ )





まだ手元には届いておりませんが、先日、私が未だ触れた事の無い「最後のペガサスリボルバー」である









「コルト SAA キャバルリーHW デタッチャブルモデル」を購入致しました。





「M36チューニング」に使用する予定だったインナーパーツが余っておりますので、
先ずは内部チューニングを施したいと考えているのですが、




問題はその後。



7.5inchモデル(?)なのですが、私の性質上、長い物は短くしたい。



某ハリウッド映画にて使用されていた



この「早撃ち3inchモデル」も良いのですが、何か違う様な...。
そしてハンマーの形状修正が難しい。

形にするだけであれば可能だとは思うのですが、やはりコッキングや激発する際、
かなりの負荷を受ける部分、それがハンマー。

まるで「M36の亜鉛製ハンマー」の様に「ポキッ」と折れてしまうと思うのです( ;´Д`)






そして、あの映画にそこまでの思い入れもない為、いまいち意欲が沸き立ちません。





私の内で「saa」を使用するキャラクターと言えば、やはりこの方。










「BTTF3」の「マッドドッグ タネン」なのです!!!















ただ「タネン氏のsaa(?)」、







そこまでの特徴が無いのです。















続く。  

Posted by butch at 20:08Comments(0)

2018年01月08日

2018年01月07日

ウォッチリスト代わりに入札を...2018年、最初の愚行。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)












「俺、K」史上、エポックメイキングになるであろう「2丁」。

特に「センチニアル」に関しては、「タナカ ペガサスリボルバー Jフレームシリーズ」において、
何らかの波紋を起こすのではないか?と。










ただです。

私の内で、納得出来ていない部分が「一つだけ」ございます。










センチニアルHWって、
もともとDAの精度※が比較的高いのです。

※トリガープルのスムースさ。未調整の物は、やはり重く感じます。

アクションもスムース。






そして、私はこう考える訳です。






どうせなら、「DA精度が低い」と解りきっていた、














M36をチューニングするべきではなかったのか?と( ;´Д`)






という訳で、









連休中に完成させまーす( ;´Д`)










閑話休題。









ここ最近だけでも、

◯M36 ABS最初期モデル
◯M36 HWアーリー(現在、残念ながら部品取りに...)
◯M36 HW ver.2
◯センチニアルHW
◯センチニアルHW エアウェイト

を購入してしまった私は、今年40歳です。

※これからは「よんじゅう」では無く、「しじゅう」と言おうかと思います。
もちろん「D」は、「でー」と発音したいと思います。






閑話休題。






そんな不惑のおっさんがです。

またしても「ウォッチリスト代わりの安価入札」にて、
「新たなペガサス」を購入。







「おっ、出てるな。」

程度の軽い気持ちで、最初は入札していたのです。





そのうちです。

「何かギリギリまで攻めてみようかい?」

と言った心持ちになってしまったのです。




これは「仕事のストレス」から生じた「心の迷い、衝動」ではございません。

ひとえに、「私が愚かしいから」であります。

















ペガサスにデート資金をつぎ込んでしまった私は、本当に愚か者です。

こんなことで、旋盤なんて買えるわけがない。



続く。  

Posted by butch at 01:59Comments(4)チラ裏

2018年01月06日

「旧JAPN刻印のM327 5inch」が、新旧ペガサスリボルバーにおいて、最も完成されている点。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)





さて今回は、「USA刻印のver.2」が発売された事により忘却されつつございます、




忌まわしき烙印を施されている「旧M327 5inch(HW)」についてなのです。







ペガサスリボルバーは、「M327 5inch ver.2」によって完成された。


この「M327 5inch ver.2」に採用されている「特殊な機構、考え方」が、
今後発売されるであろう「ペガサスリボルバー」のスタンダードとなる。


最近の「俺、K」はこればかり申し上げておりますが、噓偽りではございません。



何より安全。

これが全てに勝るのです。







閑話休題。






では「旧M327 5inch」はこのまま忘れ去られ、朽ちてゆくのみなのでしょうか?













それはありえません。














何故なら「旧M327 5inch」には、その他ペガサスリボルバーの追随を許さない、
と申しますか、「ペガサスリボルバー中、唯一、そして随一の完成度を誇る」



可変ホップモデルだからなのです。


※「ver.2」は固定ホップ仕様の様です。
だからこそ「至高のペガサスリボルバー」だと評価出来るのです。

※※ちなみに私が専門としている「Kフレームシリーズの可変ホップ」。
全くダメです( ;´Д`)無い方がマシ、と言ったレベルの機構なのです。



私は「旧M327 5inchの可変ホップ」以外、ペガサスリボルバーにおいて、
まともなホップ機構を搭載されたモデルの存在を知りません。



実際に使える「可変ホップ仕様のペガサスリボルバー」という意味においでは、
「旧M327 5inch」を超える物は存在しない。



それが私の認識です。







そして「旧M327 5inch」の可変ホップ機構を搭載しつつ、「ver.2」にてタナカワークス社が取り入れた

「安心安全の機構」。


それ等を取り入れ、更に「ブラッシュアップされたM327 5inch」。







それが「ver.Q」。









完成致しました( ;´Д`)

...刻印は、烙印のままです。




続く。

  

Posted by butch at 23:22Comments(2)M327 5inch HW ver.Q

2018年01月05日

「M327 ver.Q」から見えた、「ペガサスの深淵」。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)













もう、疲れました。


























M327に...。






新旧問わず、「M327 5inch HW」は優れております。

どちらのバージョンにも「一長一短」はございますが、
それでも「ペガサスリボルバー」において、それらを超える物はございません。



未だ「M327 ver.2」には触れておりませんが、ネット記事により

「タナカワークス社は、こう言う意図を持って製作したのであろう。」

と予想する事は可能です。

※「M327 ver.2」は固定ホップ仕様の様です。完璧な対応だと評価出来ます。



そして「M327 5inch HW ver.2」をもって、

「ペガサスリボルバーは、リボルバー型ガスガンとして、
最も洗練され、完成した存在となった。」











閑話休題。










今回チューニングを施している「M327 5inch HW」は「ver.2」ではなく、「旧JAPAN刻印モデル」なのです。

現行「ver.2」に比べ、未完成な「リボルバー型ガスガン」と言えます。

以前にも「旧M327」をチューニング致しましたが、今思うと私の未熟さもあり、
「現行ver.2」の足元にも及んでいないと言えます。


「旧M327 5inch」には、チューニングを施すにあたり、致命的な難点があったのです。
※私の勝手な私見です( ;´Д`)











ただ、今の私だからこそ、こう断言する事が出来ます。














「M327 5inch ver.2」を超えられる「ペガサスリボルバー」は、




旧M327 5inch HWだけ。





内部チューニングが完成し、残すところ「一箇所のみ」!!!




「至高の汎用カスタム」に仕上げたいと思います。




内部マガジンを使用した「10発1セット 5m計測」にて、




2cm以下のグルーピングを目指します。



続く。
















「  

Posted by butch at 03:53Comments(2)M327 5inch HW ver.Q

2018年01月03日

チミの名は。
















「君は誰!?...君の名前は!!!」

































「えっと...M327 5inch HWですけど。」































女の子 「...。」
















「忌まわしきJAPAN刻印」の旧型ですけど。




















  

Posted by butch at 23:03Comments(0)M327 5inch HW ver.Q

2018年01月03日

欲しくてたまらねぇ...。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)












現在、勝手に改修中の「タナカ ペガサスJフレームシリーズ」。
現在2丁を加工中、そして後2丁を加工せねばなりません。






もう、しんどい。






手作業で、真鍮なんて削っていられない!!!






少し削る位なら我慢出来ます。





真鍮製インナーバレルを、
中国製ハンドドリルにチャックし、
手ヤスリで削り出すなんて、もう辛すぎる。





2丁分の加工で心が折れました( ;´Д`)








閑話休題。







私はただの板前です。
切削機械の事など、全く存じ上げておりません。

全くの素人です。







ただしかし、もっと楽に真鍮製インナーバレルを加工したい。






そこで親愛なる諸兄方に質問です。








私、コレを買えば、幸せになれるのでしょうか?  

Posted by butch at 01:18Comments(2)チラ裏

2018年01月02日

ちょっと一息。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)




積もり積もっていた「ペガサス熱」。
仕事納めから、カスタムを続けて約四日。


さすがに疲れてきました。
もう手が動きません。

今年で不惑のおっさんです。
もう無茶はできません( ;´Д`)






しばしの休息です。








やっぱり良いわ。