2019年01月21日

1月21日の記事







こんばんは♪butchです(*´ω`*)









体調は好調です。






閑話休題。










さて、製作を再開致しました「1/1000」。



5mの距離で''6発のグルーピングが1cm以下''の精度を達成する為には、

先ず何より、過去の私自身を越えなくては成りません。



現在迄に発見した「全てのカスタムチューニングメニュー」を見直しております。



そして一例なのですが、今回












「エジェクターロッドの形状修正」を施しております。



モデルガンとは異なり、ペガサスにおいては一見''ただのダミーパーツ''に見える「エジェクターロッド」。

実は非常に重要なパーツなのです。





そして今回の「1/1000製作」において、私のカスタムチューニングにおける、

最も重要なコンセプトを一旦捨てようと思うのです。













私が現在に至る迄追求してきた、アクションの快適さを捨てる。












続く。








  

2019年01月08日

明けましておめでとうございます。








明けましておめでとうございます、butchです_(:3」z)_



昨年末の激務が祟ってか、新年からヘルニア&風邪&その他諸々フルコンボにて床に伏せ、

現在療養中のおっさんでございます。

早いもので、私も齢四十。身体の衰えを痛感しているおっさんでございます。

正に「光陰矢の如し」。先日産道を通過したかと思えば、もう既に人生の折り返し。

遅かれ早かれ、散るが必定。諸行無常にございます。



おっさんでございます。




今年は以前にも増して更に、「ペガサス狂おっさん道」を邁進する所存にございます。

その予定です_(:3」z)_







場末感漂う当ブログではございますが、本年もよろしくお願い申し上げます。






もう少しだけ、寝ます_(:3」z)_

  

Posted by butch at 03:01Comments(4)閑話休題

2018年12月25日

聖なるvaselines。



こんばんは♪butchです_(:3」z)_







年末、超追い込み中なのです。











主よ、私に陽光を求めないで下さい
陽光は私には似ても似つかぬものだから
それから、主の死の意義の全てを私が
必要とするなどと思わないで下さい
よもや私からの崇敬など求めないで下さい

自分に嘘をつく
泣き叫んで求める
殉教する
そんな事など私に期待しないで下さい





軽やかで美しい。そんなvaselinesの曲です。





  

2018年12月19日

健康不良不良中年です_(:3」z)_

こんばんは、butchです。




年末の忙しい時期に風邪をひき、咳をした拍子にヘルニア化した私です。












世間さんではよく言われますな。


「阿保は風邪ひかん。」


一概ではございませんが、アレは嘘ですな。


''体調管理を怠る阿保''ほど、風邪をひく。


こちらが真理でございますなぁ。




ええ。











  

Posted by butch at 04:54Comments(4)

2018年12月10日

やっとこさ届いた母材。


こんばんは♪butchです(*´ω`*;)














「新型DOB」に使用するパーツの''母材''です。






申し訳ございません。本日はここ迄なのです。


もう、クタクタです_(:3」z)_







  

Posted by butch at 00:44Comments(0)

2018年12月06日

12月6日の記事



こんばんは♪butchです(*´ω`*)










お迎えした当初は本当に弱々しく、「大丈夫かな?」と心配していたのですが、















日に日にふてぶてしく、愛らしくなってまいりました。


ふてぶてしい位で良いのです。健康でさえあれば(*´ω`*)






  

Posted by butch at 00:33Comments(2)閑話休題

2018年12月04日

「タナカ M13 HW ''DOB-R(仮称)」、経過報告。

こんばんは♪butchです_(:3」z)_












さて、先日申し上げました「新型DOB」。














「新型DOB」を施すにあたり、「現行型DOB」との最大の相違点。






割と強力に接着固定されたアウターバレルを、
''無傷で''フレームから取り外さなければならない。




今迄は「切断し、撤去していたアウターバレル側の取り付け基部」を、

無傷の状態で残したまま、フレームから取り外さなければなりません。



''アウターバレルの無傷取り外し」は過去に一度、「タナカ M65(メッキモデル)」にて経験済みなのですが、

※「M65の記事」https://butch.militaryblog.jp/e778925.html

今回は「HWモデル」。しかも、




溢れんばかりの接着剤で、ガッチガチに接着固定されている「M13HW」なのです(*´ω`*;)




という訳で、












現在、加工中なのです。













アウターバレルを取り外すだけで、一ヶ月以上かかるかも知れません(´ω`;)

...それ以上かも知れません。









続く。


  

2018年11月30日

2018年11月30日、加工開始。










「クラリス」もとい、



















「クラリス」です。








こんばんは♪butchです_(:3」z)_







さて、先日から開始致しております











''m66 4inch ステンレスHW''をベースに致しました「1/1000」への挑戦。

特に意味の無い''ラウンドバット化''や''M327用リアサイトへの換装''はあっさりと完了し、

今回の「1/1000カスタム」における肝となる








''アウターバレル周辺の加工''。


組込に必ず必要な''パーツを手作り''していたのですが、





こんなの絶対無理。







母材に「ステンレス、そしてスチール」は硬すぎた。


とてもではございませんが、歯が立ちません。


しんどい、しんど過ぎる。






ステンレス、そしてスチールは金属、超硬度。

俺、人間。





むやみやたらと強大な風車に立ち向かったとしても、勝ち目が無ければ挑戦とは言えません。

それは無謀。ただの無謀。



分別のある''大人の判断''では無い。

そしてある程度の数を量産出来なければ、意味が無い。





という訳で、材質を変更し、新たな''固定用パーツの母材''を取り寄せ中なのです(*´ω`*)











閑話休題。









という訳で、



















「タナカ M13 HWカスタム」も、同時に開始なのです。








今回の「1/1000カスタム」における「アウターバレル周辺の加工調整」、

そして「タナカ M13シリーズ」における''DOB化(デタッチャブル アウターバレル)''。


両加工調整には、密接な関係がございます。
















ミリブロにおける聖典「オラガバニスト」にて「M13PC」との邂逅を果たし、


「おい、何でアウターバレルとフレームが接着固定されとんねん。」


から始まった、私のペガサスライフ。

そして「俺、Kフレニスト。」。






「アウターバレルとフレームの接着固定問題」を解決すべく産み出された、原初のクリエイションである「DOB」。


















「DOB」を進化させるべき時が来た。








続く。












  

2018年11月28日

「壮大なる無駄」、ほぼ完成。そして...



こんばんは♪butchです(*´ω`*)




















「タナカ ペガサス M66 4inch ステンレスHW」を敢えて''ラウンドバット化。

'
しかしながら、今回「M66 4inch ステンレスHW」をベースに製作している「1/1000」への挑戦。











重要なのは、そこじゃ無い。








今回の「1/1000」への挑戦にて、最重要視しているのは




















アウターバレル周辺の加工調整なのです。














  

Posted by butch at 00:21Comments(2)

2018年11月27日

無駄である。それこそが趣味である。




こんばんは♪butchです(*´ω`*)












はじめから「M19 2.5inch」を購入しておけば、この様な手間は必要ございません。




しかし私は、効率的にカスタムチューニングする為に、ペガサスを購入している訳ではございません。







楽しみたい。




久々の外装カスタムにて、それを思い出しました。











  

Posted by butch at 00:22Comments(2)