2018年11月16日

Hi-modチューニングの限界、「結」。



















































bcwにおける、「Hi-modチューニングの限界」。





完成では無く、限界。




「PRF(ペガサスレーシングフレーム) ver.2」の完成により、私の「ペガサスチューニング」における最終目標である

「1/1000」には近づいたかも知れない。



ただし、一定以上の距離において一定以上の精度を目指す「Hi-modチューニング」に関しては、

今回撮影した「30m計測」における精度が限界だと、改めて感じております。



Hi-modチューニングにおける最大有効射程は、やはり「30m」が限界だと。

































ちなみに「トリガープル」は、DAにて計測したところ、「~1.2kg」でした。

※ガスを抜いた状態で、BB弾を6発装填し「MY CABON」にて''DA''を計測。旅行カバンの重量を量る為の、デジタルスケールなのです。
























それでは「M19 4inch HW ver.2A1 PRF ペガサス病対策加工調整ver.2 ''Hi-mod''」の、

カスタムチューニング内容なのですが、






○「ペガサス病対策加工調整ver.2」。
※「ペガサス病対策加工調整ver.2」は、「ペガサス病対策加工調整」、「A90化」、
「ペガサス病対策パッキンNBR90ver.1.1」を''機能として一体化''させる為の加工調整なのです。

○パッキン類を「天使の輪っかセットver.2」に交換。
※バレルハウジングには加工した純正パッキンを使用。

○シリンダーパッキンには加工調整を施した「ゲボスケ」を使用。
※内部マガジンは使用出来ません。最大装弾数は6発なのです。

○PRF ver.2化。
シリンダーの運動量、範囲等を調整。
それに伴い「BB弾」、「チャンバーパッキン」、「ガス放出口」のセンター出し。
「グルーピング向上」を目指すには、必須の加工調整。

○ver.2A1化。
ホップ突き出し量調整+バレルハウジング&インナーバレルの固定位置調整。
※固定ホップ仕様。現在は「東京マルイ製 スペリオール0.28gBB弾」に合わせて調整。






○+Pカスタム(インナーバレル4inch化)。
「M29 6.5inch CB用インナーバレル」を「約10.16cm(4inch)」に加工し、使用。
※純正インナーバレルは「約9.4cm」。
※全後端のテーパー加工部分、ホップ窓部分の徹底したバリ取り。
※ホップパッキンは「M327」のホップシートと同型の物を使用致しております。

○あらゆる「パッキン」や「スプリング」の交換、加工調整等。

○初速調整。

○アクション調整etc...。





そしてお馴染みの、









「トリガーストップ加工」。

M3芋ネジを使用致しておりますので、ストロークを調整可能でございます。









今回「ハンマーノーズ」は取り外しております。

こう、何と申しますか、微妙に変化してしまうのです。
















それでは「初速計測」なのです!




※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを使用(一秒程注入)。

※~23.1度の室内にて、XCORTECK X3200を使用し、計測。

※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。

◯画像撮影の為、次弾発射迄に~10秒程のインターバルがございます。

○本体、ガスタンク、ガスボンベは一切温めておりません。







ちなみに「ストレインスクリュー」の締め込み具合は、





この程度なのです。

ゆるゆるです(*´ω`*)




※ゆるゆるなのですが、現状の締め込み具合を最大とお考え下さい。

私のカスタムチューニングにおいて「ストレインスクリュー」は''リミッター''の役割も兼ねております。


































それでは恒例の「最高初速計測」なのです!



※東京マルイ製 ベアリング研磨0.2gを使用。
※東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(1秒程注入)。
※※「~43度」の恒温庫にて「25分間安置後」、~21度の室内にてXCORTECK X3200を使用し、計測。
※ホップは「東京マルイ製 スペリオール0.28g最適状態」での計測。


金属パーツが''ホッコホコ''に温まっている状態での計測なのです(*´ω`*;)



※ストレインスクリューの締め込み具合に変更はございません。






















もちろんですが、ペガサス病の症状は見受けられませんでした。









そして、極一部のマニア様、お待ちかね!!!


「5mグルーピング計測」なのです!!!





※東京マルイ製 スペリオールバイオ 0.28g BB弾を使用(無選別にて使用)。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを1秒程注入後、室温にて5分間安置後、計測。

※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~28度の室内にて計測。

※ホップは「0.28g適正状態」での計測。

◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「5m」。


※6発でのグルーピングを計測。

※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。

※計測途中での「ガスの注ぎ足し」は致しておりません。




※「グルーピング計測」に使用している機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html


この計測では、最大装弾数である「6発1セット」でのグルーピングを計測致しております。

※今回は「6発1セット」を計3回、合計3セットを計測。











それでは「第一セット」。











最大グルーピングは「約2.2cm」。









そして「第二セット」。











最大グルーピングは、「約3cm」。









そして「第三セット」。











最大グルーピングは「約2.8cm」。
















そして「遠射精度」を動画にて撮影致しましたε-(´∀`; )








※動画にて使用している「ターゲット(一般的なサイズの一斗缶)」&「距離を測っているメジャー30m用(巻尺)」は





こちらです。





ちなみに「一斗缶」は、「35cm×23cm×23cm」の物を使用致しております。




○計測に使用したBB弾は「東京マルイ製 スペリオール0.28gバイオ弾(無選別)」。
○計測に使用したガスは「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a(1秒程注入)」。




それでは動画をご覧下さい!!!





(25m計測動画)




(30m計測動画)





※画質が圧縮されておりますので、YouTubeにて「720HD」にてご覧下さい。
※タイトルをクリックしていただきますと、YouTubeへ飛びます

















「Hi-modチューニングの限界」、bcwにおける「ペガサスチューニング」の限界。

今回完成した、「タナカ S&W M19 4inch HW ver.2A1 A90 PRFver.2 +P Hi-mod」こそが現在の私における、



ペガサスリボルバー Hi-modチューニングの限界なのです。













現在の計測環境では、30m以上の距離は「狙えない」のです。



30m以上の距離でも、一定以上の精度、確率で「一斗缶」に命中させる事は可能かも知れない。

ただし、それは必然では無く、偶然に多くを委ねている様に思うのです。












30mではギリギリ何とか、30m以上離れてしまうと全く見えなくなってしまうのです。













ターゲットである一斗缶が。

フロントサイトの影に、完全に隠れてしまい。








サイティングが不可能なのです。







完。







(追記)

私事で大変恐縮ではございますが...





https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h358059763

ヤフオクにて出品中でございます。もしよろしければ是非。




  

2018年11月14日

bcwにおける、「ペガサスリボルバーの初速論」。そして...

こんばんは♪butchです(*´ω`*)













「M19 4inch HW PRFver.2 +P Hi-mod」、完成致してはおりますが、記事作りが間に合っておりません_(:3」z)_










という訳で、私なりの「ペガサスリボルバー初速論」を述べさせていただこうと思います。
















ペガサスリボルバーは(固定)ガスガンです。

BB弾を飛ばす機能がある以上、より正確に、より遠く迄飛ばしたいと言った心情は必然でございます。

GBBの様に「アクションにガスを消費する」事が無い為、より高い初速が出易い事は事実です。




高初速であれば、より遠く迄飛ばせるのでは無いか?










私はお伺いしたい。




より遠くへ飛ばす事''だけ''が目的ですか?






例え「40m」BB弾を飛ばす事が出来たとしても、「10m先の目標」に必然性をもって着弾させる事が出来なければ、

40mの射程なんて、意味が無い。



「そもそもBB弾を真っ直ぐに飛ばす事が不得手。」



どれだけカスタムチューニングを施したとしても、着弾の上下誤差は必ず出ます。

ガスタンク内圧変化(初速変化)が大きい「ガスガン」において、この誤差に関しては抗う事が出来ません。

どれだけ内圧変化を少なく、小さくする事が出来るか?

それが限界なのです。





そしてペガサスリボルバーの場合、発射されたBB弾が大きく左右に曲がる現象が起きます。

特にガスガンとしての完成度が低い「古いモデル」では顕著に発生致します。



それが従来の「ペガサスリボルバーの特性」なのです。






閑話休題。






私が考える「ペガサスリボルバーの初速論」。

事細かに申し上げますと、非常に長大な記事となってしまいます。



本質のみを申し上げたいと思います。



確かに初速は飛距離に影響致しております。

ただそれ以上に、飛距離に対して多大な影響を与えているのは「ホップ」なのです。








それでは初速が最も「影響を与える要素」。






それは弾道です。




「飛距離」という要素と、「弾道」という要素。

密接に関わり合う「要素」なのですが、全く異なる「要素」なのです。



より遠くまで飛ばす為の弾道と、より命中精度を高める為の弾道は、全く異なるのです。







「Hi-modチューニング」とは、

飛距離と弾道の''バランス''をチューニングする事に他なりません。













ただしペガサスリボルバーの場合、「ホップ&初速」のみが噛み合ったとしても、

そもそもBB弾を真っ直ぐに飛ばす事が難しい。





それでは噛み合った「ホップ&初速」による''飛距離&弾道''を、より最大限に発揮させる要素。

BB弾を真っ直ぐに飛ばす事を可能にする、最も重要な「要素」。


噛み合った飛距離と弾道に、''精度''を持たせる為の要素。





それがアクションチューニングなのです。






おそらく次回、「M19 4inch HW PRFver.2 +P Hi-mod」の記事を公開出来ると思います。

今回申し上げた、私なりの「初速論、弾道論、アクションチューニング論」を体現する存在なのです。












  

2018年11月08日

私の原点。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)











今は無き「難波ROCKETS」での「CHAOS WEST」、そして「I am not a dj」こそが、私の原点。

シカゴハウス、アシッドハウス、デトロイト、アシッド、アシッドトランス、そしてミニマル。

本当に素晴らしかった。





※この動画は著作権対策を施されているので、興味がある方はCDを購入し、オリジナルを聴いてみて下さい。

これほどの名盤であれば、ネットで簡単に手に入ると思います。














  

Posted by butch at 04:04真夜中のレコード屋

2018年11月06日

11月5日未明。漆黒の闇、恐怖。

こんばんは、butchです。













先日から製作致しております、「M19 4inch HW ver.2A1 A90 PRFver.2 +P Hi-mod」なのですが、

大まかにカスタムチューニングが完了したので、取り敢えず動画を撮影する為、とある場所に向かったのです。

この数日間は気温が高いのですが、今後は下がる一方。動画を撮影するには今しか無い。

そう考え、小雨の中、動画撮影を決行したのです。
















以前は明け方や早朝に日光下にて動画撮影致しておりましたが、

現在は撮影方法を変更した為、深夜に撮影致しております。

暗闇の中で照明を焚いて撮影した方が、弾道がより鮮明に映る為です。









ただ、現在の「深夜撮影」には、難点が一つございます。




















クッソ怖い。












以前、動画撮影させていただいていた場所なのですが、台風によって発生した瓦礫が撤去され、

現在は撮影可能なのですが、



とてもじゃないが怖過ぎて、動画撮影どころじゃない。



撮影スペースが''廃墟''に面しており、非常に怖い。

早朝でも怖いのに、夜間なんて、とても無理、無理。絶対無理。







と言うわけで、新たなる撮影スペースを探していたのですが、

夜間撮影に非常に適した場所を発見したのです。



近隣に民家等は一切無く、夜間は人気が全くございません。

夏場は暴○族の溜まり場になっている様ですが、寒くなると閑散と致しております。



本当に「人っ子一人いない」様な場所なのです。

人の気配を感じない。

夜間の動画撮影に適した、稀有な場所なのです。



ただし、漆黒の闇。非常に怖い。







怖いけど、ここしか無い。

そう己を奮い立たせ、動画撮影の準備をしていると、



人がいる。













スポットライト(頭部に固定)を人影に向けると、ササっと去って行きました。


「散歩でもしてはったんかな。」





あまりライトを人様に向けるのは失礼なので、そのまま撮影の準備をしていたのですが、






居る。









まだ居る。

見えませんが、気配は感じる。






怖い。





もう、撤収して帰ろうか。





いや、しかし、これからの季節、動画を撮影出来る機会は多くない。

取り敢えず、人影が去るのを待とう。

(もちろんですが、この時点でエアガンは設置致しておりません。最後にレストに設置する為です。)






道中で購入した缶コーヒーでも飲んで時間を潰そうと、人影が映った逆の方向に停めていた自転車の方にライトを向けると、






チラッ。





100m程先に人影が。


ライトが当たると、人影は藪の方向へ。

※その場所も台風での被害が酷く、倒木等は未だそのままに放置されております。











まじか。



さ、さ、散歩でもしてはんのかなぁ~。








もう嫌。怖過ぎ。一刻も早く、この場を去りたい。

しかし今後、動画撮影出来る機会は多くない。







「ちょっと待つかぁ~」

あまりに怖くて、大きな独り言を言ってしまいました。





五分程待ち、辺りを見渡すと、人影はございません。

粛々と準備を再開すると、











チラッ、チラッ。

二方向に人影が。




しかも明らかに、先程よりも私に近づいている。






ま、マジか!?

もしかして、警察?

しかしライトを向けると、藪に消えてしまいます。













帰ろう。もう帰ろう!




しかし今後、撮影出来る機かいはもうどうでもいい。






明らかに近づいてきている。

しかも二方向から囲む様に、ジリジリと。

何かをされているわけではない。ただ距離を詰められているだけ。

しかしながら、猛烈に怖い。

どちらかと言うと深夜に照明を焚きエアガンの動画撮影をしようとしている私に非がある。



しかし、本当に怖い。














撤収している間も、明らかに距離を詰めてきている。









こわい










撤収を完了し、自転車に乗り込んだ頃には明らかに囲まれていました。

私は自転車の電動アシストを「強」にし、全力でその場を立ち去ろうとしたのです。

































































そしてわたしは
























































  

Posted by butch at 02:41

2018年10月31日

楽しい時間は、いつか終わりを迎えます。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)





さて、先日申し上げました「Kフレームシリーズカスタム」。














我が家に配達され、約半日。



残すカスタムチューニングは「PRF(ペガサスレーシングフレーム)ver.2」の微調整のみとなってしまいました_(:3」z)_

やはり、''Kフレームシリーズ''のカスタムチューニングは面白い。

慣れもございますが、狙った数値にピタリと収める事が可能なのです。



''M19 4inch HW ver.2A1 A90 PRFver.2''。

もし可能であれば動画撮影を行い、''HI-mod''も冠する事になります。



9月中だったなら...


寒い..._(:3」z)_



光陰矢の如し。

楽しい時間はすぐに過ぎ去り、陰鬱とした微調整が始まるのです。





続く。





  

Posted by butch at 00:21

2018年10月29日

10月29日の記事


こんばんは♪butchです(*´ω`*)






プライベートにて諸々ございまして、テンションが上がっているおっさんです。









大変久方ぶりに「検索キーワードにお答えします。」でございます。




○先ずは「m29 ppcカスタム 大将」について。

恐らくですが、MGCから発売された「西部警察 大将モデルカスタム」についてではないか、と。

全く存じ上げておりません_(:3」z)_

以前、タナカさんから「PCCカスタム限定モデル」が発売されていたと思います。

稀にヤフオクや、中古販売店でも見かけます。


バレルキットが金属製の為、くっそ重いのですが、重量感をお求めの方にはおススメです。





○「m327 2インチ」

あくまでも私の個人的な感想ですが、「M327 5inchモデル」の場合に限り、''旧型可変ホップモデル''をお勧め致します。

しかし「M327 2inchモデル」の場合、新旧モデル共に''固定ホップモデル''でございますので、

個人的には現行型である''ver.2''をお勧め致します。

やはり、「USA刻印」は何よりも尊いのです(*´ω`*)





○「タナカ m29 ver違い」について。

基本的に「タナカ ペガサスリボルバー」を購入される場合、''現行型''の購入をお勧め致します。

どうしても、マルイのVホップパッキンが使いたいんや!!!

と言う様な''特殊な事情''がない限り、現行型の「カウンターボアードシリーズ」を購入された方が良いと思います。



あくまでも私の個人的な意見ですが、ヤフオクや中古販売店にて販売されている、

過去に販売されたモデルの購入はあまりお勧め致しません。

なるべく現行型、もしくは経年が少ない物をお勧め致します。


はっきりと申し上げますが、「状態の良いものは、非常に少ない」のです。

特に''エアガンの心臓''とも言える「パッキン類」はこまめにケアしなければ、確実に経年劣化致します。





レストアやカスタムチューニングベース、もしくは観賞用と割り切っての購入であれば問題ございませんが、

シューティングやサバゲーでの実用となると、かなり厳しく、ガッカリされる事が多いのではないかと思います。

特にヤフオクで散見される「高初速を前面に押し出されている」物に関してはご注意下さい。



はっきりと申し上げますが、「タナカ ペガサスリボルバー」の場合、アクション面を改善しない限り、

高初速は意味を持ちません。


例えば、全く同じモデルで「~65m/s」の個体、かたや「~90m/s」の個体が有ると仮定し、

どちらがより遠くまでBB弾を飛ばせるかと申しますと、


ほぼ飛距離は変わりません。



そもそもですが、「ペガサスリボルバー」の場合、

構造上、「BB弾を真っ直ぐに飛ばす事が、一番難しい」のです。



アクションチューニングを施さない限りは。


では「初速」の意味とは何なのか?



「ペガサスリボルバーにおける''初速論''」は、非常に長大な記事になってしまいますので、また後日_(:3」z)_





一つ確実に言える事は、

意味を持たない高初速は、更に性能を低下させる要因でしかない。


という事なのです。






というわけで、「検索キーワード」の続きはまた後ほど。









  

Posted by butch at 21:00

2018年10月29日

「Kフレームシリーズ」をカスタムチューニング出来る嬉しさ、そして嬉しさ。



こんばんは♪butchです(*´ω`*)ホクホク







「タナカ M29 6.5inch HW CB」のカスタムチューニングを始めて、早半年。

やっとの事で、完成の目処がつきそうな今日この頃ではございますが、













新たに「タナカ M19 4inch HW」のカスタムチューニングを予定致しております。



これは、






非常に嬉しい。


やはり私は「Kフレニスト」。

一番得意な「Kフレームシリーズ」をカスタム出来るのは、非常に嬉しい(*´ω`*)




「M29 6.5inch HW CB」で新たに開発した機構や概念、主に「PRF ver.2」を「Kフレーム」に実装出来る事が、



楽しみで仕方ないのです♪







一人で「キャッキャ♪」している、おっさんでした(*´ω`*)



続く。





  

Posted by butch at 00:46閑話休題

2018年10月19日

動画撮影における、「コペルニクス的転回」。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)




久々に、良い意味でテンションMAXなのです。
























もう少し撮影法に改良が必要なのですが、どうですか、皆さん。




クッソ綺麗に弾道、映っているでしょ!!!







wwwwwwwwwww












後日、撮影機材をご紹介したいと思います(*´ω`*)~♪




続く。







  

2018年10月11日

諦める訳にはいかない。


こんにちは♪butchです(*´ω`*)












先日申し上げましたHi-modチューニングの終了


検証動画込みでの「Hi-modチューニング」の為、動画が撮影出来なければ、継続は難しい...。







ここ迄か。







のですが、


そう簡単に諦める事は出来ませぬ。




今後も継続して動画を撮影する手段は無いものか...。










ひとつだけ、動画撮影を継続する手段があるかもしれない。

ただし、その為には最低でも数種類の機材が必要。


もし機材が揃ったとしても、以前の様に撮影出来るかは解らない。




しかし、もしかすると、以前の動画よりも弾道がハッキリと撮影出来るかも知れない。




やってみないと解らない。




久々にワクワクです(*´ω`*)






続く。






  

Posted by butch at 12:15閑話休題

2018年09月22日

ガンホー!ガンホー!


















「ボーリング フォー コロンバイン」より。


大好きです。







  

Posted by butch at 03:13真夜中のレコード屋