2018年11月14日

bcwにおける、「ペガサスリボルバーの初速論」。そして...

こんばんは♪butchです(*´ω`*)













「M19 4inch HW PRFver.2 +P Hi-mod」、完成致してはおりますが、記事作りが間に合っておりません_(:3」z)_










という訳で、私なりの「ペガサスリボルバー初速論」を述べさせていただこうと思います。
















ペガサスリボルバーは(固定)ガスガンです。

BB弾を飛ばす機能がある以上、より正確に、より遠く迄飛ばしたいと言った心情は必然でございます。

GBBの様に「アクションにガスを消費する」事が無い為、より高い初速が出易い事は事実です。




高初速であれば、より遠く迄飛ばせるのでは無いか?










私はお伺いしたい。




より遠くへ飛ばす事''だけ''が目的ですか?






例え「40m」BB弾を飛ばす事が出来たとしても、「10m先の目標」に必然性をもって着弾させる事が出来なければ、

40mの射程なんて、意味が無い。



「そもそもBB弾を真っ直ぐに飛ばす事が不得手。」



どれだけカスタムチューニングを施したとしても、着弾の上下誤差は必ず出ます。

ガスタンク内圧変化(初速変化)が大きい「ガスガン」において、この誤差に関しては抗う事が出来ません。

どれだけ内圧変化を少なく、小さくする事が出来るか?

それが限界なのです。





そしてペガサスリボルバーの場合、発射されたBB弾が大きく左右に曲がる現象が起きます。

特にガスガンとしての完成度が低い「古いモデル」では顕著に発生致します。



それが従来の「ペガサスリボルバーの特性」なのです。






閑話休題。






私が考える「ペガサスリボルバーの初速論」。

事細かに申し上げますと、非常に長大な記事となってしまいます。



本質のみを申し上げたいと思います。



確かに初速は飛距離に影響致しております。

ただそれ以上に、飛距離に対して多大な影響を与えているのは「ホップ」なのです。








それでは初速が最も「影響を与える要素」。






それは弾道です。




「飛距離」という要素と、「弾道」という要素。

密接に関わり合う「要素」なのですが、全く異なる「要素」なのです。



より遠くまで飛ばす為の弾道と、より命中精度を高める為の弾道は、全く異なるのです。







「Hi-modチューニング」とは、

飛距離と弾道の''バランス''をチューニングする事に他なりません。













ただしペガサスリボルバーの場合、「ホップ&初速」のみが噛み合ったとしても、

そもそもBB弾を真っ直ぐに飛ばす事が難しい。





それでは噛み合った「ホップ&初速」による''飛距離&弾道''を、より最大限に発揮させる要素。

BB弾を真っ直ぐに飛ばす事を可能にする、最も重要な「要素」。


噛み合った飛距離と弾道に、''精度''を持たせる為の要素。





それがアクションチューニングなのです。






おそらく次回、「M19 4inch HW PRFver.2 +P Hi-mod」の記事を公開出来ると思います。

今回申し上げた、私なりの「初速論、弾道論、アクションチューニング論」を体現する存在なのです。












  

2018年10月19日

動画撮影における、「コペルニクス的転回」。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)




久々に、良い意味でテンションMAXなのです。
























もう少し撮影法に改良が必要なのですが、どうですか、皆さん。




クッソ綺麗に弾道、映っているでしょ!!!







wwwwwwwwwww












後日、撮影機材をご紹介したいと思います(*´ω`*)~♪




続く。







  

2018年07月15日

新たなる可能性。


こんにちは♪butchです( ´▽`)














''タナカ S&W M13''、''M10''に新たなる可能性を与えた「DOB」。






最近では''M13、M10''を手に入れる事が難しい為、全く行なっておりません。

おそらくですが、今後、あまり製作する機会は無いと思われます。






「DOB」から始まったと言っても過言では無い、「俺、K」の''ペガサスチューニング''。









このまま、過去の遺物となってしまうのでしょうか...。









閑話休題。












これだけ多数の''ペガサスチューニング''を行なってきた私なのですが、

意外な事に、「S&W M29 6.5inch CB」は扱った事が無いのです。




という訳で、未だ構想の域を脱してはおりませんが、製作したいと考えております。




''S&W M29 6.5inch CB 「DOB」''を。





''DOB''を施さずとも「M29シリーズ」は'元来、''アウターバレルの脱着が可能''です。

「DOB」を施す必要性は、全くの皆無でございます。

全くもって、必要ございません



しかも「DOB」を施した事による、「加工、チューニング煩雑化」は避けられません。








では何故?








''DOB''には、新しい「可能性」が有るのです。











''DOB''+''インナーバレル4inch化''+''新型整流スリーブ''=









完全フリーフローティング化。









''M327 ver.2''や''M627''にて採用され、''ペガサスリボルバーの安全性''を大きく向上させた''整流スリーブ''。




私は、''DOB+インナーバレル4inch化''+''新型整流スリーブ''をもって、''ペガサスチューニング''における、更なる高みを目指したいのです。



続く。



  

2018年06月17日

「脱・中庸」の深淵。


こんばんは♪butchです( ;´Д`)





'






さて、「タナカ ペガサス S&W M19 2.5inch HW」を使用し、''30m先の一斗缶に50%以上の確率で命中させよう''という、

非常に無謀な''ペガサス狂の遊び''でございます。







「脱・中庸」である''M19 2.5inch HW''に施しているチューニングは、これ迄に製作してきた「Hi-modチューニング」と

''ほぼ同内容''と申しますか、全く同じでございます。





これはあくまでも私の予想なのですが、例えば「Hi-modチューニング」を施した''M19 2.5inch''があるとして、

無風に近い状態で、気温20~25度と仮定し、30m先の一斗缶にどれ程命中させられるかと申しますと、

おそらくですが6発中、0~2発程度。

※2発命中に関しては、偶然や幸運の要素が必要になるかと思われます。必然では無い、と言う事です。





それでは「M29 8inch CB Hi-mod」の様に''大型フレーム&ロングバレルモデル''のみが、30m先の一斗缶に

''50%以上の確率で命中させる事が可能''なのかと申しますと、そうではないと考えているのです。




ロングバレルモデルのみが持ち得る''サイトレディアスという、非常に大きなアドバンテージ''は確かに存在致します。

その点に関しては、「M29 8inch」に比べ、「M19 2.5inch」は圧倒的に劣ります。




サイティングに関しては''圧倒的に劣っている状況''で、どうすれば「M19 2.5inch」を「M29 8inch CB Hi-mod」の

''遠距離命中精度''に近づける事が出来るのか?



どの様にチューニングすれば、''3倍以上のバレル長''による「差」を埋める事が出来るのか?









Hi-modチューニングでは、不可能。






''Hi-modチューニングを施している「M19 2.5inch」ではございますが、純然たる''Hi-modチューニング''ではございません。





一部精度においては、''Hi-modチューニング''を超えなければ成りません。


その為には、''Hi-modチューニングのそれと足らしめている、非常に重要な要素''を捨てなければならないのです。














Hi-modチューニングのコンセプト=汎用性










破らなければ、成りません。








続く。








  

2018年05月07日

「M327 ver.Q」、ここに極まる。

こんにちは♪butchですε-(´∀`; )











間違いではなかった。












先日、完成致しました「M327 ver.Q」。











現オーナーの許可をいただき、数点の変更を加えております。







トリガープルを阻害してしまう「キーロックセーフティ」なのですが、

解決策を発見致しましたので、元に戻しております。



我ながら、非常に良いチューニングを施せたと思いますε-(´∀`; )






そして、もう一点の変更を、新たに加えております。





それが、




ゲボスケ未満、純正以上。

そして、

ゲボスケ以上、純正未満。




である













「タナカ純正 カスタムラバーチャンバーパッキン」なのです。

※画像に写っているのは、未加工未調整の「タナカ純正ラバーチャンバーパッキン」。






以前使用していた「タナカ純正ラバーチャンバーパッキン」にも加工調整を施しておりましたが、


更なる加工調整を加え、均等に「内径0.1mm」分のみ、

抜弾抵抗を下げております。

※最大装弾数は''11発から10発''へ。





ゴム製品を、手加工で''均等に加工すること''は非常に難しく、加工数値(精度)のバラつきは、

顕著にグルーピングに現れます。




''ラバーチャンバーパッキンの抜弾抵抗''をいくら下げたところで、

抜弾抵抗に多少でもバラツキがある限り、



まとまった良いグルーピングを達成する事は、望めません。
















それでは「新型カスタムラバーチャンバーパッキン組込み後」の5m計測結果をご覧下さい。














※東京マルイ製 ベアリングバイオ0.25g BB弾を使用(無選別にて使用)。

※東京マルイ製 ガンパワーHFC134aを1秒程注入後、室温にて3分間安置後、計測。

※計測対象エアガンを「レストに固定し」、~24度の室内にて計測。

※ホップは「0.25g適正状態」での計測。

◯銃口からターゲットペーパー迄の距離が「5mジャスト」。



◉内部マガジンを使用し、「10発」を発射。
※10秒毎にBB弾を発射(タイマーにて計測)。

◉10発を撃ち尽くした後、再度10発装填。
※ガスの追加注入等は、一切行っておりません。

◉「1セット 計20発での最大グルーピング」を計測。




※「グルーピング計測」に使用している機材はこちらです。
http://butch.militaryblog.jp/e806616.html






※ちなみに、チャンバーパッキン交換前の「M327 ver.Q」に関しては、こちらの記事をご覧下さい。

http://butch.militaryblog.jp/e920812.html






※前回計測、今回の計測共に、''全弾ダブルアクション''での計測です。




































計20発での最大グルーピングが「約4.2cm」。

上方向に外れた1発が、本当に惜しい...( ;´Д`)




ラバーチャンバー交換前の記録が「約4.6cm」でございますので、''約4mmの短縮''を達成致しております。





''たった4mm''と感じられるとは思いますが、一度完成した「チューニングペガサス」のグルーピングを短縮する事は、



本当に難しいのです。



''一度完成したバランス''を加工や調整、パーツ交換等で崩してしまうと、

元通りに組み直したところで、元の精度には戻せません。


もう一度、新たなバランスを、一から作り出す必要が有るのです。



それは、''一から組み上げる事よりも難しい''のです。







今回は「ラバーチャンバーパッキン」を交換しただけなのですが、

それだけでも改めて組み直し、再調整を致しております。






そして、前回計測での着弾痕と比較致しますと、















※画像3枚共に、右側のターゲットペーパーが今回の計測結果。








明らかに、現在の方が''着弾痕のまとまりが向上''していると言えます。

















これにて「M327 ver.Q' Hi-mod ''bcw 汎用カスタム''」、堂々完成でございます。









完。







  

2018年04月10日

(2018年度版)ペガサスリボルバーにおける''初速の意味''とは。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)




※もちろんではございますが、今回の記事における「初速」とは、

''現行銃刀法規制範囲内''でのお話でございます。


そして、「ペガサスリボルバー限定」のお話でございます。










私はこれ迄に、数多くの「ペガサスリボルバー」をチューニングしてまいりました。

完成した物、未だ未完成の物、ジャンクパーツにした物。

全ての数を合わせると、百丁の大台を超えていると思います。





「ペガサスリボルバー専門のチューナー」として、これだけは断言する事が出来ます。





目的が定まっていない''高初速''には、

全くもって意味が無い。








初速が高ければ、それに比例して「飛距離が伸びる」様に思われるかも知れませんが、

「ペガサスリボルバー」において、''飛距離を伸ばす要素''とは、

初速ではございません。












100%、''ホップアップ機能''によります。



飛距離を伸ばす為には、''ホップアップ機能''によって発生する、

「BB弾への''回転のかけ方、かかり方''」が全てなのです。



そして、飛距離を決定すると言っても過言では無い「ホップパッキン」。

「M327型ホップパッキン(シート)」こそが、至高。




そしてある程度、機械的精度が伴っているペガサスリボルバーの場合、





50~60m/sで「~25m程」の飛距離を稼ぐ事が可能なのです。


サイディングさえ正確に行う事が出来れば、その程度の初速で、25m先の一斗缶大のターゲットに、

「0.28g BB弾」を命中させる事が可能なのです。




''ある程度の精度''を求める「Hi-modチューニング」において、必要以上の「高初速」は必要無いのです。








では、以前にお話致しました「85~90m/sの必要性」とは何なのか?




現在の私が思うに「85~90m/sの高初速」とは、維持する力。




初速とは''多面的な要素''なのです。









続く。





(おしらせ)

''butchの出品リスト''。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/butch_cw



各種様々、出品中なのです( ;´Д`)

どうかよろしくお願い申し上げます。



  

2018年04月07日

ペガサス病対策加工調整''ver.2''とは?

こんばんは♪butchです( ;´Д`)







もはや、タブーは存在しない。







以前、「ペガサスチューニングにおいて、絶対に触れてはならない部分」についてお話し致しました。




トリガーやハンマーの''シア類''、そして''ノッカーシャフト''等。



これ等、ペガサスチューニングにおいて''触れてはならない部分''の多くは、

ある一直線上に存在するのです。



それ等については、また後日にお話しすると致しまして、





今回は''最も触れてはならない部分''である、「ガス放出口」についてなのです。

※左側が''未加工のガスチャンバー''、右側が''ペガサス病対策加工調整ver.2を施したガスチャンバー''。







ちなみに現在の''ペガサスチューニング''において、ガス放出口径の拡大、

すなわち「ボアアップ」は、一切施しておりません。



ペガサスチューニングに''ボアアップ''は必要ございません。




現在のペガサスチューニングにおいて、「ボアアップ」は、


百害あって、一利無しなのです。


ボアアップを施す事により、ガス放出量がアップ致します。

結果、初速は上がります。



ただそれだけの事なのです。



そして、ガス放出量が増えれば増える程、ガスタンク内圧が大きく変化し、必然的に初速が安定し辛くなります。




初速のコントロール(安定化)が非常に難しくなってしまうのです。



ガスガンのチューニングにおいて、一番大切な事は、

どれだけ多くの弾数を、安定した初速で発射出来るのか。

という事であり、エアコッキングや電動に比べ、格段に難しい点であります。



「0.1mm単位」で正確に加工出来るならまだしも、テーパリーマ等を使用し、

目分量にて「放出口を拡大」するという事は、

もはや''チューンダウン''でしかないのです。











閑話休題。





それ位、デリケートな部分である''ガス放出口''。





※未加工のガスチャンバー。




特に内側の''バルブ.Oリング''が収まるテーパー部分に手をつける事は、



もはや''ジャンクパーツを自ら作り出している''

と言っても、過言ではございません。



例えば「綿棒」にピカールを付け、少しガス放出口テーパー部分を磨くとします。

亜鉛独特の荒れた地肌を磨く事により、より''バルブ.Oリング''が放出口テーパー部分に密着し、

ガス漏れが起こりにくくなる様に思いますが、残念ながら、その様にはなりません。



ほんの少し、''ピカールを付けた綿棒''で磨いただけでも、


''修復不可能なガス漏れ''が発生したりするのです。


ほんの''0.0数mmの加工''であったとしても、致命的なガス漏れを引き起こす可能性が有る部分。



それがガス放出口内側のテーパー部分なのです。



ペガサスリボルバーにおいて、''最も繊細な部分''であります。








その最も繊細な''テーパー部分の形状''を、







※ペガサス病対策加工調整ver.2を施した''ガス放出口内側のテーパー部分''。





''ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.1.1''の外径、形状に合わせ、大幅に形状変更する。




それが「ペガサス病対策加工調整ver.2」なのです。


''NBR90 ver.1.1''の外径、形状に合わせたテーパー加工を施しておりますので、

従来の「ペガサス病対策加工調整」に比べ、''ガス漏れに強くなる事''は必然なのです。







※''旧ペガサス病対策加工調整''、''A90化''の極端なイメージ。







※ペガサス病対策加工調整ver.2の極端なイメージ。





もちろん''ガスガン''でございますので、「100%ガス漏れしない」と言い切る事は出来ません。



むしろ''ガスガン''でございますので、パッキンの劣化やその他の要因等により、

いずれかは「確実に、ガス漏れが発生致します」。



より強く「ペガサス病」の発症を抑えた上でガス漏れのリスクを下げ、より良い状態で長く使用する為の加工調整。

「NBR90 ver.1.1」が持つポテンシャルを、最大限迄発揮させる為の加工調整。

それが「ペガサス病対策加工調整ver.2」なのです。







ただ、この「ガス放出口内側のテーパー部分の形状修正」。


それだけでは機能を発揮する事はございません。


それどころか、「ガス放出口内側のテーパー部分の形状修正」を行うだけでは、



確実に''修復不可能なガス漏れ''が発生致します。



''テーパー部分の形状修正''のみでは''ペガサス病対策''どころか、

「ガスがダダ漏れの不幸なガスタンク」を作り上げてしまうだけなのです。



「ガス放出口内側のテーパー部分の形状修正」+「A90化」を組み合わせ、''機能として一体化させる事''により



ガス漏れに強い、「ペガサス病対策加工調整ver.2」が完成するのです。



そして、その副産物として、より細やかな「初速調整(ガス放出量調整)」が可能になったのです。






ただ、非常に手間なのです( ;´Д`)





※ガス放出口内側テーパー部分の形状修正は、絶対に行わないで下さい。

自己責任と言えども、かなりの高い割合で「不幸なガスタンク」を作り上げる結果となってしまいます。






(おしらせ)

''butchの出品リスト''。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/butch_cw



各種様々、出品中なのです( ;´Д`)  

2018年03月17日

「ペガサス病対策加工調整」と「ペガサス病対策加工調整ver.2」の違い。

こんばんは♪butchです( ;´Д`)










「ペガサス病対策加工調整」と「ペガサス病対策加工調整ver.2」の違いについてなのです。




どちらの加工調整も、読んで字の如く「ペガサス病に対する加工調整」です。

ペガサス病に対する効果の度合いに、変化は恐らくございません。

「ペガサス病対策加工調整ver.2」も「ペガサス病対策加工調整」を施した上で、
更に追加工致しております。




イメージで申しますと、「ペガサス病対策加工調整」は、

「積み木を積み重ねる」様な、加工調整なのです。


一つ一つの行程を、行儀良く、積み重ねる事によって完成致します。



私の「ペガサスチューニング」は、だいたいその様なイメージなのです。



ただ、「ペガサス病対策加工調整ver.2」の場合は少し異なり、

粘土細工の様に、形自体を作り変え、
最終的な形状に持って行く。


イメージなのです。



実際のところ、「ペガサス病対策加工調整ver.2」は


○「ペガサス病対策加工調整」

○「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.1.1」の組込み。

○「A90化」


上記3種の加工調整を一度バラバラに分解し、

「三つの異なる要素を、一つの機能として''一体化させる''為の加工調整」

なのです。




極端に言えば、


「ペガサス病対策パッキンNBR90 ver.1.1」のポテンシャルを、
最大限に発揮する為の加工調整なのです。








詳細は割愛致しますが、「ペガサス病対策加工調整」を超える「ペガサス病対策加工調整ver.2」のメリット。






それは、






「ガス放出口からの、ガス漏れに強くなる。」





それを克服してこそ、真のポテンシャルを発揮するのです。










「ペガサス病対策加工調整」を施す事が出来なかった、「SAAのガスタンク」。

そして、製作に失敗してしまった「ペガサス病対策パッキンNBR90ver.2」。




「二つの大失敗」から産まれた「加工調整」なのです。



そして、それを証明する為の「寒打ち」なのです。








続く。








  

2018年03月17日

「寒打ち」の意味。

おはようございます♪butchです( ;´Д`)








「寒打ちの包丁」という物がございます。

真冬に打たれた包丁は、低気温により鋼が引き締まり、硬く、長切れする物が出来ると言われております。






私が使用している「一竿子忠綱本舗(いっかんし ただつな)」の和包丁は、全て「真冬」に打っていただきました。


世界最高の包丁職人である「永田幸彦先生」直々に製作していただいております。


私にとって、「一竿子の包丁」を使用し、料理を造るという事は、「そこから後には引けない」と言う意味なのです。


料理に至らない点があれば、それらは全て、「私自身の責任、至らなさ」に他ならないのです。


そう言った「覚悟」を与えてくれる「包丁」なのです。








閑話休題。











左から「J、K、M327、SAA用のガスタンク」です。




これ等は全て、「寒打ちのガスタンク」なのです。

「ペガサス病対策加工調整ver.2」を施しております。








実は「ペガサスリボルバー ガスタンクチューニング」においても、「寒打ち」の概念が存在致します。





冬に行う「ペガサスチューニング」は、それ以外の季節に行う「ペガサスチューニング」に比べ、難易度が高いのです。

ただ、それを乗り越える事で、より良い「ペガサスリボルバー」が完成するのです。




続く。






  

2018年03月15日

偶然ではなく、必然である。

































































































































※「東京マルイ製 ベアリング研磨 0.2gBB弾」を5発毎に装填。
※計測前に「東京マルイ製 ガンパワーHFC134a」を1秒程、注入。
※※計測途中に「ガスの追加注入」等は致しておりません。

○画像を撮影しながらの計測でございますので、次弾発射迄に「10秒程」のインターバルがございます。












もはや「ペガサスリボルバー ガスタンクチューニングは完成した」、と言っても良いと思います。


終わりに近づいているのです。