2018年08月21日

天賦の才能の自己発展(1)。





こんにちは♪butchです_(:3」z)_





夏、終わってませんでした。





閑話休題。











さて、遅いお盆休みを満喫中の私なのですが、重い腰を上げまして、

















調整中の此奴です。





シリコンオイルが付着し、そこはかとなく''やさぐれた感じ''の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」なのですが、

今回は、この「M29 6.5inch CB フリーフローティング」が、何故に革新的なのかを画像にてご紹介致します。

※文章と画像のみでは、説明が非常に長大となってしまいますので、詳細はまた後日...。






先ず、マズルフェイスから覗いた状態です。






※以前の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」。






そして現在の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」。













そして現在の「アウターバレル マズルフェイスの状態」。



















そして現在の「整流スリーブ」の形状。























この様に変化致しております。







現状の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」において断言出来る事は、





過去最高の首回り強度。

※首回り強度...アウターバレル取付固定強度。




''完全なインナーバレルフリーフローティング化''。








そして「M296.5inch CB フリーフローティング」による、''ペガサスチューニングの革新''。









ロングバレルモデルにおける、














''4inchインナーバレル化''からの脱却。










(おことわり)

先ず何より「現行銃刀法に抵触しない、する可能性が限りなく少ない」という事が、何よりも重要な「エアガンチューニング」。

'' 4inchインナーバレル化''は、私が発見した「ペガサスチューニング」において、最も重要な革新でございます。



今回、「M29 6.5inch CB フリーフローティング」における'' 4inchインナーバレル化からの脱却''は、

現状''テンプレート化''している「ペガサスチューニング」に対する挑戦であり、過去への挑戦でございます。



もちろん現在製作中の「M29 6.5inch CB フリーフローティング」に関しましても、「現行銃刀法」に抵触する物ではございません。

そして悪戯に「高初速化」を目指す様な加工調整ではございません。後日、改めて「初速計測、最高初速計測」を公開致します。

もうしばらくお待ち願います。




















  

2018年08月20日

パーツ取りに使用した「M29 6.5inch CB」がほぼ一丁分、まるまるパーツが余っているので。




おはようございます♪butchです(*´ω`*)






夏が終わった٩( ᐛ )و



日中はまだまだ暑いのですが、日が落ちると酷暑から解放されつつある、魔都大阪。

私の部屋も、深夜の気温が30度を下回り、やっと布団を引いて眠る事が出来る様になりました。

※今年、私の部屋で深夜(午前2~4時頃)に記録した最高気温は「35度」。

30度以上の熱帯夜では、暑過ぎて布団を敷く事が出来ず、床にバスタオルを敷いて眠る事に。

おかげさまでヘルニア気味なのです。




やっと人並みの睡眠をとる事が出来る...。

※一度、量販店に購入しに行ったのですが、取り付け工事迄にニ~三週間かかるとの事。

「夏、終わってまうがな。」

という訳で、購入に至らず。








結局、今年もエアコンを買わずじまいなのです。







閑話休題。






現在製作中(休止中)の






「タナカ S&W M29 6.5inch CB フリーフローティング(仮称)」なのですが、

やっと製作を再開する事が出来そうなのです。



ガスガンに最も適した季節に完成させたかったのですが、やはり無理でした_(:3」z)_

残すは微調整、計測、動画撮影のみなので、今年中には完成するのではないかと。



冬迄には完成させたい。










閑話休題。

















今回、「M29 6.5inch CB フリーフローティング」製作が滞っている理由。




仕事が立て込んでいたり、主な製作時間帯である深夜が暑過ぎたり。

様々な要因がございますが、本当の理由。



そこまでM29に興味が無い。






私、Kフレニストなので(*´ω`*)



なんと申しますか、モチベーションを維持する事が大変なのです。








さして興味の対象では無い「M29シリーズ」なのですが、












私が敬愛致しております「オラガバニスト」にて一目惚れ。










今後、 これだけは作りたい。












  

2018年08月14日

(予告)天賦の才能の自己発展。



おはようございます♪butchです(*´ω`*)


本日は出張。早朝より移動なのです。






さて、先日お伝え致しました、







「タナカ S&W M29 6.5inch CB」の''完全フリーフローティング化''。




その後、私のペガサスチューニングに''ターニングポイント''がございまして、

やっとの事で大きな加工が終了し、残すところは微調整のみとなりました。





今後、調整と計測を繰り返し、更に変化する可能性もございますが、








現在は、この様な形で以前にも増した''完全フリーフローティング化''を施しております。



上記画像から、私の''ペガサスチューニングにおけるターニングポイント''を察する方もおられるかも知れません。








これは絶対に、完成させたい。







続く。






  

2018年08月10日

「ペガサスチューニングの真髄」。の、一つ。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)


久々に、動画を撮影してみました。












元来「M29 カウンターボアードシリーズ」のシリンダーは、スムースに回転し辛い、させ辛い事で有名です。

しかし、ほんの少しの''カスタムチューニング''で、この程度はスムースに回転させる事が可能でございます。







...ほんの少しと申しましたが、加工量が少しと言う意味であって、いじり倒しております。

加工し過ぎてもダメ。しなさ過ぎても意味が無い。




とある「ガスタンク内部パーツ」を''0.2mm''だけ、薄く加工致しております。




そうなのです。「M29 CBシリーズ」のシリンダーをスムースに回転させようとすると、

一見関係の無い「ガスタンク内部パーツの加工調整」が必須なのです。




アクションを構成する要素。


それは「全てのパーツ」なのです。




スムースなアクション=正確なアクション。




これだけは、間違いございません。









  

2018年08月06日

チューニングを続けていると、ごく稀にですが、神様が降りてきます。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)





酷暑ですね。

在宅ワークが主とは言え、午前3~4時に34度を記録する仕事部屋では、もはや話になりません。

日中は36度を余裕で超えてしまいます_(:3」z)_




快適に「女神転生ライフ」、もとい仕事をこなす為には、もはや扇風機のみでは乗り切れません。




遂に、俺は買う。

現代的な生活を送る為に!!!

...エアコンをつけないと、パソコンが熱暴走を起こしそうで怖いと言う点が、一番の動機なのです。




閑話休題。








先日お伝え致しました、








「タナカ S&W M29 6.5inch CB」における''完全フリーフローティング化」。



''完全フリーフローティング化''には成功したのですか、




他のところで失敗しましてん(*´ω`*)






まぁ、やり過ぎたのです。

よくある事です。



パーツを取り寄せようか悩んだのですか、面倒。



「女神転生」の方が面白いし、当分ペガサスチューニングは休止しようか。



暑いし。


























という訳で、新たに「S&W M29 6.5inch CB」を購入。



一丁丸ごと買った方が早い。









繰り返し繰り返し、同じ作業を際限無く行ない、取り返しのつかない失敗を犯してしまった瞬間、



ふと気付くのです。







これは、こういう意味なのではなかろうか?、と。





ペガサスチューニングに限らず、何事も研鑽を積む事により、

朧げですが、物事の''本質の一片''に触れる一瞬が有るのです。








手前味噌で大変恐縮ではございますが、''ペガサスチューニング''に関しては、

''オリジネーター''を自負致しております。


現在の''ペガサスチューニング、そして精度''を超える為には、

過去の自分自身を超えるしか無い。





もう少しで、過去の私を超えられそうなのです。



本当に、あともう少し。










私が作り上げた「ペガサスチューニングの根本」を、もう少しで完全に破壊する事が出来そうなのです。





もうしばらく、お待ち願います。