2018年03月16日

「汎用カスタム」の極北。

こんにちは♪butchです( ;´Д`)











久方振りの




「M327 5inch HW ver.Q」なのです。





完成しては調整を繰り返す事、数十日間。

やっとの事で、この「ver.Q」に個性を与える事が出来ました。




「M327 5inchの旧バージョン」は、可変ホップシステムを搭載致しておりますので、

「使用BB弾の重量」に合わせ、ホップ突き出し量を調整出来るのです。




が、




その「可変ホップシステム」こそが、「グルーピング精度を低下させていた要因」だったのです。





「弾道が、上下に安定し辛い。」





その「可変ホップ」の改良に数ヶ月程かかりましたが、なんとか納得出来る程度にまで、改善出来ました。



そして「その改良」により、ホップの安定のみならず、



新たな副産物が生まれたのです。










現状、この「M327 ver.Q」では、「0.25g~0.33g」迄のBB弾を使用する事が可能です。

※東京マルイ製 ベアリングバイオ 0.25g 、同社スペリオールバイオ0.28g、G&G 0.33gバイオ弾を使用し、検証。









現在市販されている「バイオBB弾」にて、最も重いであろう「0.33g」。










この「M327 ver.Q」は、


















※「東京マルイ製 ベアリング研磨0.2g」にて計測。




この程度の初速で、「0.33g弾」を水平弾道にて「25~30m」飛ばす事が可能なのです。



目測での検証なので、「間違い無い」と言い切る事は出来ません。



ただ、恐るべきポテンシャルを秘めているです。






後日、動画にて検証したいと思います。





続く。












同じカテゴリー(M327 5inch HW ver.Q Hi-mod 「bcw 汎用カスタム」)の記事画像
「M327 ver.Q」、ここに極まる。
【大長編】M327 ver.Q、大完成!!!【再び】
【大長編】もう二度と作りたくない、その1。【クソ長い】
もう、これで良いのかも知れない。
(再)特定の条件下において発揮される「Jフレームシリーズの特性」。
「M327 ver.Q」、○○の''超改修''。
 「M327 ver.Q」、ここに極まる。 (2018-05-07 17:30)
 【大長編】M327 ver.Q、大完成!!!【再び】 (2018-04-28 22:21)
 【大長編】もう二度と作りたくない、その1。【クソ長い】 (2018-04-24 00:23)
 もう、これで良いのかも知れない。 (2018-04-11 07:13)
 (再)特定の条件下において発揮される「Jフレームシリーズの特性」。 (2018-03-19 23:22)
 「M327 ver.Q」、○○の''超改修''。 (2018-03-09 10:44)