2018年11月28日

「壮大なる無駄」、ほぼ完成。そして...



こんばんは♪butchです(*´ω`*)




















「タナカ ペガサス M66 4inch ステンレスHW」を敢えて''ラウンドバット化。

'
しかしながら、今回「M66 4inch ステンレスHW」をベースに製作している「1/1000」への挑戦。











重要なのは、そこじゃ無い。








今回の「1/1000」への挑戦にて、最重要視しているのは




















アウターバレル周辺の加工調整なのです。

















この記事へのコメント
お疲れ様です。
Kフレーム、4インチバレルの357マグナムでラウンドバットというのはFBIでも需要が多く、専属ガンスミスがS&Wベース(多分M19?)でカスタムしていたと聞いたことがあります。カッコいいですよね。
アウターバレルの加工調整とは、またブレイクスルーが起きそうなチューンをされていますね…(゚ω゚)
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2018年11月28日 06:29
m14gbbshooterさん、こんにちは♪

欲しいグリップがラウンドバット用だったので、敢えてのカスタムなのですが、
私はほぼ、グリップを装着した状態では撃っていない事に先程気付きましたw

アウターバレルの加工に関しては、本当に単純で簡単な事なのです。
しかしながら、未だにクリア出来ずなのです。
Posted by butchbutch at 2018年11月28日 14:20
コメントは管理者の承認を受けてから公開されます。 管理者がコメントを確認するまでには時間を要しますので、コメントの反映まで暫くお待ち下さい。 尚、不適切と思われるコメントは公開されません。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。