2018年11月30日

2018年11月30日、加工開始。










「クラリス」もとい、



















「クラリス」です。








こんばんは♪butchです_(:3」z)_







さて、先日から開始致しております











''m66 4inch ステンレスHW''をベースに致しました「1/1000」への挑戦。

特に意味の無い''ラウンドバット化''や''M327用リアサイトへの換装''はあっさりと完了し、

今回の「1/1000カスタム」における肝となる








''アウターバレル周辺の加工''。


組込に必ず必要な''パーツを手作り''していたのですが、





こんなの絶対無理。







母材に「ステンレス、そしてスチール」は硬すぎた。


とてもではございませんが、歯が立ちません。


しんどい、しんど過ぎる。






ステンレス、そしてスチールは金属、超硬度。

俺、人間。





むやみやたらと強大な風車に立ち向かったとしても、勝ち目が無ければ挑戦とは言えません。

それは無謀。ただの無謀。



分別のある''大人の判断''では無い。

そしてある程度の数を量産出来なければ、意味が無い。





という訳で、材質を変更し、新たな''固定用パーツの母材''を取り寄せ中なのです(*´ω`*)











閑話休題。









という訳で、



















「タナカ M13 HWカスタム」も、同時に開始なのです。








今回の「1/1000カスタム」における「アウターバレル周辺の加工調整」、

そして「タナカ M13シリーズ」における''DOB化(デタッチャブル アウターバレル)''。


両加工調整には、密接な関係がございます。
















ミリブロにおける聖典「オラガバニスト」にて「M13PC」との邂逅を果たし、


「おい、何でアウターバレルとフレームが接着固定されとんねん。」


から始まった、私のペガサスライフ。

そして「俺、Kフレニスト。」。






「アウターバレルとフレームの接着固定問題」を解決すべく産み出された、原初のクリエイションである「DOB」。


















「DOB」を進化させるべき時が来た。








続く。















「タナカ M13 HW ''DOB-R(仮称)」、経過報告。
 「タナカ M13 HW ''DOB-R(仮称)」、経過報告。 (2018-12-04 02:59)
コメントは管理者の承認を受けてから公開されます。 管理者がコメントを確認するまでには時間を要しますので、コメントの反映まで暫くお待ち下さい。 尚、不適切と思われるコメントは公開されません。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。