2019年04月16日

ペガサスリボルバーは加速する、''M500編''。


こんばんは♪butchです(*´ω`*)







さて、先日申し上げました「放出ガス圧の効率化」。

おそらく最大限に効果を発揮するであろう「M500」に加工を施しておりましたが、

先日、やっとの事で一部の加工が完成。






こちらです。





ペガサスリボルバーは加速する、M500編。


上記画像の物が、加工を施した「シリンダー(カバー)」。






そしてこちらが、





ペガサスリボルバーは加速する、M500編。


未加工のシリンダー(カバー)。




一目瞭然なのですが、シリンダーカバー前面に施されている




ペガサスリボルバーは加速する、M500編。


「50口径(おそらく)のモールド」を均一に削り落とした上で、テーパー加工を施しております。




もちろんですが「口径のモールド」を削り落とすのみでは、「放出ガス圧の効率化」は完成致しません。

銃全体のバランスを再構築し直さなければ、より一層の「放出ガス圧のロス」のみならず、

''その他の重篤な弊害''を引き起こしてしまうのです。

※「M500シリーズ」の場合、''高強度ペガサス病''といった難点もございます。




多大なリスクを伴う「放出ガス圧の効率化」なのですが、そのリスクを伴ってでも得たい

多大なるメリットもございます。




「ガスルートの短縮化」










私は、単純に''初速の向上''を目指している訳ではなく、少しでも無駄に消費している「放出ガス圧」を減少させ、

''ガスタンク内圧変化をより小さく抑えたい''のです。


消費するガスを、限りなくゼロに近づけたい。








もし目標達成可能なのであれば、仮に「~1m/s」だとしても、全く問題は無いのです。

ただ大きなだけの、理由の伴わない数値に意味は無い。





続く。











同じカテゴリー(M500 8inch HW Hi-mod 汎用カスタム DOB-R)の記事画像
敢えて、茨の道を行くか...。
コレを買った。
同じカテゴリー(M500 8inch HW Hi-mod 汎用カスタム DOB-R)の記事
 敢えて、茨の道を行くか...。 (2019-04-07 03:30)
 コレを買った。 (2019-04-01 19:39)