2018年08月20日

パーツ取りに使用した「M29 6.5inch CB」がほぼ一丁分、まるまるパーツが余っているので。




おはようございます♪butchです(*´ω`*)






夏が終わった٩( ᐛ )و



日中はまだまだ暑いのですが、日が落ちると酷暑から解放されつつある、魔都大阪。

私の部屋も、深夜の気温が30度を下回り、やっと布団を引いて眠る事が出来る様になりました。

※今年、私の部屋で深夜(午前2~4時頃)に記録した最高気温は「35度」。

30度以上の熱帯夜では、暑過ぎて布団を敷く事が出来ず、床にバスタオルを敷いて眠る事に。

おかげさまでヘルニア気味なのです。




やっと人並みの睡眠をとる事が出来る...。

※一度、量販店に購入しに行ったのですが、取り付け工事迄にニ~三週間かかるとの事。

「夏、終わってまうがな。」

という訳で、購入に至らず。








結局、今年もエアコンを買わずじまいなのです。







閑話休題。






現在製作中(休止中)の






「タナカ S&W M29 6.5inch CB フリーフローティング(仮称)」なのですが、

やっと製作を再開する事が出来そうなのです。



ガスガンに最も適した季節に完成させたかったのですが、やはり無理でした_(:3」z)_

残すは微調整、計測、動画撮影のみなので、今年中には完成するのではないかと。



冬迄には完成させたい。










閑話休題。

















今回、「M29 6.5inch CB フリーフローティング」製作が滞っている理由。




仕事が立て込んでいたり、主な製作時間帯である深夜が暑過ぎたり。

様々な要因がございますが、本当の理由。



そこまでM29に興味が無い。






私、Kフレニストなので(*´ω`*)



なんと申しますか、モチベーションを維持する事が大変なのです。








さして興味の対象では無い「M29シリーズ」なのですが、












私が敬愛致しております「オラガバニスト」にて一目惚れ。










今後、 これだけは作りたい。












  

2018年08月14日

(予告)天賦の才能の自己発展。



おはようございます♪butchです(*´ω`*)


本日は出張。早朝より移動なのです。






さて、先日お伝え致しました、







「タナカ S&W M29 6.5inch CB」の''完全フリーフローティング化''。




その後、私のペガサスチューニングに''ターニングポイント''がございまして、

やっとの事で大きな加工が終了し、残すところは微調整のみとなりました。





今後、調整と計測を繰り返し、更に変化する可能性もございますが、








現在は、この様な形で以前にも増した''完全フリーフローティング化''を施しております。



上記画像から、私の''ペガサスチューニングにおけるターニングポイント''を察する方もおられるかも知れません。








これは絶対に、完成させたい。







続く。






  

2018年08月10日

「ペガサスチューニングの真髄」。の、一つ。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)


久々に、動画を撮影してみました。












元来「M29 カウンターボアードシリーズ」のシリンダーは、スムースに回転し辛い、させ辛い事で有名です。

しかし、ほんの少しの''カスタムチューニング''で、この程度はスムースに回転させる事が可能でございます。







...ほんの少しと申しましたが、加工量が少しと言う意味であって、いじり倒しております。

加工し過ぎてもダメ。しなさ過ぎても意味が無い。




とある「ガスタンク内部パーツ」を''0.2mm''だけ、薄く加工致しております。




そうなのです。「M29 CBシリーズ」のシリンダーをスムースに回転させようとすると、

一見関係の無い「ガスタンク内部パーツの加工調整」が必須なのです。




アクションを構成する要素。


それは「全てのパーツ」なのです。




スムースなアクション=正確なアクション。




これだけは、間違いございません。









  

2018年08月06日

チューニングを続けていると、ごく稀にですが、神様が降りてきます。

こんばんは♪butchです(*´ω`*)





酷暑ですね。

在宅ワークが主とは言え、午前3~4時に34度を記録する仕事部屋では、もはや話になりません。

日中は36度を余裕で超えてしまいます_(:3」z)_




快適に「女神転生ライフ」、もとい仕事をこなす為には、もはや扇風機のみでは乗り切れません。




遂に、俺は買う。

現代的な生活を送る為に!!!

...エアコンをつけないと、パソコンが熱暴走を起こしそうで怖いと言う点が、一番の動機なのです。




閑話休題。








先日お伝え致しました、








「タナカ S&W M29 6.5inch CB」における''完全フリーフローティング化」。



''完全フリーフローティング化''には成功したのですか、




他のところで失敗しましてん(*´ω`*)






まぁ、やり過ぎたのです。

よくある事です。



パーツを取り寄せようか悩んだのですか、面倒。



「女神転生」の方が面白いし、当分ペガサスチューニングは休止しようか。



暑いし。


























という訳で、新たに「S&W M29 6.5inch CB」を購入。



一丁丸ごと買った方が早い。









繰り返し繰り返し、同じ作業を際限無く行ない、取り返しのつかない失敗を犯してしまった瞬間、



ふと気付くのです。







これは、こういう意味なのではなかろうか?、と。





ペガサスチューニングに限らず、何事も研鑽を積む事により、

朧げですが、物事の''本質の一片''に触れる一瞬が有るのです。








手前味噌で大変恐縮ではございますが、''ペガサスチューニング''に関しては、

''オリジネーター''を自負致しております。


現在の''ペガサスチューニング、そして精度''を超える為には、

過去の自分自身を超えるしか無い。





もう少しで、過去の私を超えられそうなのです。



本当に、あともう少し。










私が作り上げた「ペガサスチューニングの根本」を、もう少しで完全に破壊する事が出来そうなのです。





もうしばらく、お待ち願います。





  

2018年08月02日

8月2日の記事

こんにちは♪butchです_(:3」z)_








最近、とある女性タレントの交際が物議を醸しております。



皆さん、冷静に考えてみて下さい。



彼女は「芸能タレント」と言う、特殊な職業に従事されてはおりますが、

端的に申し上げますと、「二十代中盤の働く女性」です。






例えばあなたが「二十代中盤の働く女性」だとして、

傍に、「割とシュとした、想像を絶する程の大富豪」が現れ、自身に好意を抱いている。




自身の「周りの大人が作り上げた''実態の無いキャリア''」と、大富豪との交際、そして結婚を天秤にかけた時、

間違い無く、大富豪との交際、そして結婚を選択するのではないでしょうか?


もしあなたが彼女の身内だったとして、「不安定なキャリア」よりも、大富豪との交際、結婚を彼女に勧めませんか?







現在、 彼女は既成事実を作る事に必死な様です。

彼女の必死さが痛い程に伝わり、私は非常に楽しいのです。





最近、SNSを絡めた「芸能ニュース」が面白い。











試合に負けても、勝負で勝てば良いのです。

頑張れっ!!!




※ちなみに私は、彼女の親類縁者でも、知り合いでもございません。

ただの面白がっているおっさんです(*´ω`*)








(追記)

さて先日、散々こき下ろした








「真女神転生 D×2」なのですが、少しづつ悪魔を育成致しております。



来たる2018年8月8日、更なるアップデートを向かえる様です。

この「D×2アップデート」に関して、私の意見を述べさせていただきたいのです。



「D×2」には「~貫通」といったスキルがございます。

悪魔の耐性に関係無く、数値通りのダメージを与えるといった「空前絶後の最強スキル」なのです。




※例えば「物理無効、反射、吸収」の耐性を持った悪魔には、物理攻撃は一切通用せず、

仮に攻撃してしまうと、逆に攻撃を受けたり、吸収された場合は、相手のHPが回復してしまうのです。

その上、自軍の攻撃ターンを無駄に消耗してしまい、非常に不利な状況となってしまうのです。

「~貫通スキル」は、それら''耐性''を一切無視し、ダメージを与えてしまうのです。




この「~貫通スキル」、例えて申し上げますと、「ワンピースの覇気」にあたります。



ワンピースの場合、「覇気」の登場以降、

ええっと...最強と謳われた、自然系(ロギア)の立場は?







私の場合、「覇気」登場以降、ワンピース自体に興味が無くなってしまいました。

最早、戦闘に「特殊能力」での駆け引きなど関係無く、



覇気が強かったらええや~ん。



拳でドンッ!!!



作品自体の緊張感が無くなった様に思えたのです。


「海楼石」と言う''抗えない致命的な弱点''が付与されるのであれば、''悪魔の実''は食べない方が良い。


「覇気」は、ワンピースにおける''魅力の根幹''とも言える「悪魔の実の能力」を、完全に否定してしまったのです。






正にワンピースにおける''覇気ショック''が、「D×2」にて再現されようと致しております。




「真女神転生シリーズ」の戦闘は、駆け引きなのです。

「相手の弱点」を突き、優位に戦闘を進める。

そして、その逆も然りなのです。



簡単には勝てない。



そう言った「駆け引き」こそが、「D×2」の醍醐味だったのです。





もう、サービス自体も終わってしまうんでしょう。

そうでなければ、この様に「作品を破壊してしまう''インフレアップデート''」は行われないでしょう。




もう、終わりか。








  

Posted by butch at 17:17閑話休題

2018年07月29日

7月29日の記事












ご紹介したいとか、そういった意味では無く、単純に私自身が聴きたいが為のリンクなのです。














もちろんですが、アナログも持ち合わせております。













何故、これ程までに素晴らしく美しい音楽が、世に広く周知されないのか?











今も昔も、疑問でなりません。
  

Posted by butch at 06:30真夜中のレコード屋

2018年07月28日

検索キーワードにお答え致します。

こんにちは♪butchです_(:3」z)_

















夏だからでしょうか?

今月は''ペガサスリボルバーの初速アップ''に関するキーワードが多く見られました。




前もって申し上げますが、当ブログにおいて「ペガサスリボルバーの初速アップ加工法」を

掲載する可能性は、金輪際ございません。




「不特定多数の人間に、多大なご迷惑をかける可能性が高い」内容の記事が存在する必要性を感じません。








そもそも''ペガサスチューニング''において、

''高初速''=長飛距離、高精度ではございません。



巷で言われている「ガス放出口の拡大加工」等は、正に''愚の骨頂''でございます。

一発あたりの''ガス放出量''が増えるという事は、それに比例し、''ガスタンク内圧変化''が大きくなります。

''内圧変化''が大きくなると、そもそも初速は安定致しません。

必然的に''飛距離、精度''等も安定致しません。



むしろ、望んだ結果とは逆の結末を迎える可能性が非常に高いのです。



そして「ガス放出口拡大加工」最大の難点は、一度広げてしまった''放出口''を、

簡単には「縮小する事が出来ない」と言う点なのです。



''ペガサスリボルバーの初速コントロール''において、一番難しいのは、''初速を向上させる事''ではなく、

''想定している数値迄、初速を落とす事''なのです。



これは、本当に難しいのです。



基本的に「上がりすぎてしまった初速を、丁度良い初速に落とす」という事は、


不可能である、とお考え下さい。






もし「ペガサスリボルバーのチューニング」をお考えであれば、''初速、飛距離''よりも、

先ず「目標に対して、BB弾を真っ直ぐ飛ばす事」をお考え下さい。



「目標に対して、BB弾を真っ直ぐ飛ばす」と言う''当たり前なチューニング''が最も重要であり、最も難しいのです。








すなわち、


「銃口初速が高い」という事実に、

何ら意味(メリット)はございません。




明確な目的のない「高初速」は、害悪でしかございません。



ただただ「現行銃刀法」を逸脱する危険性を孕んだ、「不幸な玩具」を作り出してしまうだけなのです。






「ペガサスリボルバー」は、言うても''おもちゃ''です。

どれ程迄に突き詰めたとしても、所詮「おもちゃの域」を超える事はございませんし、超えてはならないのです。



おもちゃだから、良いのです。







  

2018年07月23日

格好良いんです。

















超一流だから格好良いんです。

「FM東京」から「デイドリームビリーバー」への流れなんて、本当に最高です。



なんしか、格好良いんです。




  

Posted by butch at 14:51真夜中のレコード屋

2018年07月22日

気になったので、観てみたのですが...

こんばんは、butchです_(:3」z)_





映画レビュー等を拝見し、以前から気になっていた








こちらを拝見。



2016年の自主制作映画なのですが、円盤化されておりませんし、今後される事も無いと思います。


意味の解らない勘違いを起こす輩が、無尽蔵に湧いている世界でございますので、

「主人公を演じた役者を、好奇の目に晒したくない」といった、「お金に負けない監督の英断」に敬意を表したいと思います。


「商品である事よりも、作品である事」

を選んだ、監督の心意気に感服致しております。



※もちろん有料ですが、「UPlink cloud」にて視聴可能です。お金を払って観るべき映画だと思います。









結局、私は結末迄、視聴を続ける事が出来ませんでした。




「無垢の祈り」はエグい作品なのですが、現実の方が更にエグく、そして遥かに非道で、

確実に心無い世界である事を考えると、本当に嫌になってしまったのです。



「無垢の祈り」は心無い現実世界と、個人の心を、強制的にリンクさせてしまう映画なのです。



この映画は決して''一部好事家の為の娯楽''では無く、世間一般の感性に''エグい位に突き刺さります''。

それを引きずってしまうのが面倒くさくて、私は途中で視聴をやめてしまいました。


とにかく、キツイのです。


嫌なものは見ない。聞かない。関知しない。

何事にも干渉できませんし、おそらくする事も無いでしょう。

私から答えは出ません。



とにかく、心を掻き乱す映画である事は間違いございません。

大人であればある程、鑑賞が辛くなるのではないでしょうか?




とにかく、観続ける事がシンドイ映画です。



しかし、「映画にするだけの値打ちがある映画」だと思います。










閑話休題。

















やっぱ、こっちがいいわぁ(*´ω`*)

ドタバタ痛快アクション!!!俺が正義☆

それが良いのです♪






  

Posted by butch at 23:21閑話休題

2018年07月20日

「M29 6.5inch CB」、''完全フリーフローティング化''のみ完成!!!

こんばんは♪butchです(*´ω`*)

























アウターバレル内部の様子なのですが、中央にインナーバレルがあり、

インナーバレル周囲の銀色部分が''新型整流スリーブ''でございます。



そしてインナーバレルの周囲、ほぼ均等に隙間(0.3mm程)がある事をご確認いただけると思います。

アウターバレル、そして整流スリーブは一切、インナーバレルに干渉致しておりません。



この均等な隙間がある事により、撃発時の振動によって起こる「アウターバレル共振」の影響を、

極力''インナーバレルに伝えない''事が可能となったのです。





この''インナーバレル周囲に、均等に隙間を作る加工調整''。

非常に難易度が高いのです。



毛根が多数死滅したように思います_(:3」z)_





続く。




  

Posted by butch at 19:13